台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年11月6日木曜日

    「台湾の声」【読者の皆様へ】抗議の力がどれほど大きいものか

    【読者の皆様へ】抗議の力がどれほど大きいものか

    (大いに転送を)

    この読売新聞の記事を読むと、皆様の抗議の力がどれほど大きいものだったかがよくわかります。この記事は九州版のようですので、ぜひ全国の転載してください。正義派の国民は中国に阿る政治家の根性を叩きなおすことができると教えるためにです。


    台湾の声編集部

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    本文です

    「台湾は中国の一地方機関」長崎・金子知事の発言修正へ

     県が台湾の総領事館にあたる台北駐福岡経済文化弁事処(福岡市)の周碩穎・処長らの表敬訪問を拒否した問題で、金子知事が記者会見で、「台湾は中国の一地方機関」「国の役人は台湾に行かない」と述べたことが、政府見解と異なるなど事実誤認だったとして、県はホームページに掲載されている発言内容などを修正することを決めた。

     金子知事は9月12日の会見で、周処長らの訪問を断った理由として、「私たちは中国は一つの国とみなしている。台湾はその一地方機関。日本国も中国は一つですということになっている」「国も役人は一切台湾には行かない」と発言。

     さらに、外務省が「地方自治体が台湾と付き合うのは自由」としていることについて、「無責任。地方には地方の立場があることを考えてもらわねば」と批判した。

     外務省によると、1972年の日中共同声明では、日本政府は「台湾は領土の一部」とする中国の立場を十分理解し、尊重するとしている。しかし、それを認めたわけではなく、「アジアの地域の一つ」と位置づけている。また、国家公務員は国際会議など、必要に応じ訪台しているという。

     県国際課によると、同月下旬から、ホームページを読んだ市民団体から「事実と異なっている」との指摘が相次いでいるという。

     同課の杉光正弘課長は「知事は政府と同じ立場だということを強調したが、表現や事実関係に誤りや誇張があった。どのように加筆修正するか検討している」と話した。

    (2008年11月6日 読売新聞)





    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: