台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年11月10日月曜日

    「台湾の声」【中国民族問題研究】 11 ・ 05 東京読者の会

    【中国民族問題研究】11・05東京読者の会のお知らせ

    今回の中国民族問題研究東京読者の会は、中国の大きな人権問題の一つ、
    脱北者(北朝鮮難民)問題についての貴重なドキュメンタリービデオの上映、
    そして、日本留学生で南モンゴル(内モンゴル)の人権改善を求めるダイチン氏
    一家の難民申請について報告を行います。

    日時 11月15日(土) 午後6時開場 6時半開会

    場所 テイアラこうとう 中会議室A(都営新宿線 住吉駅下車徒歩5分)
       http://www.kcf.or.jp/tiara/map.html
       参加費 1000円

    1、「天国の国境を越えて」(朝鮮日報社作製)脱北者ドキュメンタリービデオ
    一部上映脱北者(北朝鮮難民)の中国での生活、韓国への脱出等がリアルに
    撮影されたドキュメンタリービデオを上映します。韓国の保守系新聞社朝鮮日報
    が作製した作品で、脱北者だけではなく、麻薬密売、人身売買の現状などが
    撮影されています。

    2、ダイチン君一家難民申請の現状報告と訴え
    オノフォノド・ダイチン(モンゴル自由連盟党)
     中華人民共和国内モンゴル自治区出身で、 同自治区より日本へ留学中の
    オノフォノド・ダイチン氏は、 在学中に内モンゴルで抑圧されている同胞達の
    人権改善と、 抹殺されつつあるモンゴル民族文化の保護を求めて中国政府を
    強く批判、「モンゴル自由連盟党」 の創立に参加し、自ら幹事長に就任しました

    この活動により、中国に帰国すれば政治的弾圧を受けることは明らかであり、
    ダイチン氏はさらにこの活動を日本で持続するため、妻子と共に日本政府に
    難民認定を求めています。

    当日は施設の都合上、先着30名様までとさせていただきます。
    ご参加希望の方は、事前に殿岡事務所までファックスにてご連絡をお願いいたし

    す。

    連絡先:殿岡事務所 FAX:03-5269-8750
        ホームページ http://www.tono-oka.jp/

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)


    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: