台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より2015.3.21までの、『台湾の声』のバックナンバー等を掲載しています。バックナンバー一覧(発刊から2009/05/19まで分)は: http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 「台湾の声」は2017年10月よりリニューアルしました。リニューアル後のバックナンバーは: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=TrlFhDwwumiKWlHAS2yhQRrq7yOcIJChunR1b71wquMICI9PZP/pPrAFxTfD3BT7

  • 2017年10月のリニューアル後の登録/解除はこちらのリンクから: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=QZfFYkaqP/+i82p5y2M6KRrq7yOcIPChunR1b71wquMICI9PZP95PrAFxTfD3BT7

  • 2017年10月のリニューアルにあわせ、Facebookページを取得しました: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=wI9//qmdrkOIIFQ2b6bEEhrq7yOcICChunR1b71wquMICI9PZP+JPrAFxTfD3BT7
  • 2017年10月のリニューアルにあわせ、Twitterアカウントを取得しました: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO05UWPiscVReTyaxrq7yOcIBChunR1b71wquMICI9PZP+ZPrAFxTfD3BT7
  • 2008年11月19日水曜日

    「台湾の声」【馬英九の憲法解釈】「大陸地区は台湾地区以外の中華民国領土」

    【馬英九の憲法解釈】「大陸地区は台湾地区以外の中華民国領土」

    11.19


                台湾の声

     馬英九総統(大統領)は11月16日に「中華民国憲法学会」に出席し、両岸関係
    の位置づけを語り、改めてシナ大陸が「中華民国」領であるとの憲法解釈を持ち
    出して、台湾が「中華民国」の一地区に過ぎないとする立場を表明した。

     馬総統は「中華民国は独立国家であり、すでに97年間存在している」と強調し
    た上で、中華民国憲法追加修正条文第11条の「自由地区と大陸地区間の人民の権
    利義務関係及びその他の事務の処理は、法律で特にこれを規定することができる
    」に基づいて定められた「両岸人民関係条例」(台湾地区と大陸地区人民関係条
    例)で、台湾地区が「台湾、澎湖、金門、馬祖及び中華民国の統治権が及ぶその
    他地区」と定義され、大陸地区が「台湾地区以外の中華民国の領土」と定義され
    ているとの解釈を示した。

     このほか、馬総統は孫文の誕生日である11月12日に、総統府のロビーに孫文銅
    像を復活させ、近代中国の国父とされる中華民国初代臨時大総統・孫文に3回深
    い礼を捧げた。一方で同じ日、「台湾と中国は別の国」と主張しながら中華民国
    憲法を温存させた陳水扁前総統が汚職等の容疑で逮捕され、台北看守所に勾留さ
    れた。

    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: