台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2013年11月11日月曜日

    「台湾の声」【読者来信】「フェスティバル / トーキョー」で王育徳博士を紹介

    「台湾の声」【読者来信】「フェスティバル/トーキョー」で王育徳博士を紹介


    「フェスティバル/トーキョー」という催しが一昨日から12月8日まで池袋を中心に行われています。

    http://festival-tokyo.jp/

    その中の一つのプログラム「東京ヘテロトピア」で王育徳博士のことを取り上げているので、お知らせします。

    ツアー形式の劇で、ちょっと変わったイベントです。

    そのテーマは、東京の中にあった「アジアの独立運動」。

    劇場で上演されるのではなく、各自、チケットと引き換えに渡される冊子とラジオを手に、ゆかりの地を訪ねて、そこでラジオの周波数を合せて、流れてくる話に耳を傾けるという趣向。

    取り上げる国は、朝鮮、バングラデシュ、台湾、ミャンマー、ネパール、カンボジア、インド、中国、フィリピン、ベトナム。

    台湾に関しては、「日本に亡命した言語学者の独立運動家」として王育徳博士を取り上げています。

    話を聴く拠点は、池袋から一番近い拠点が、王育徳博士のお墓(要町の祥雲寺)です。

    (話の内容は、独立運動よりも、言語学者としてのことにフォーカスしていました)

    開催期間は11月9日から12月8日まで。

    冊子とラジオは返す必要がなく、期間中は何回でも自分の都合で各拠点を周ることができます。

    チケット代4000円(前日までに予約すると500円引き。ペアチケットは10%引き)

    チケットセンター 電話予約03-5961-5209 web予約 http://festival-tokyo.jp/


    編集部註:
    王育徳博士は台湾独立建国聯盟の前身である台湾青年社の創設者です。


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html







    2013年11月9日土曜日

    「台湾の声」【明日】【榕社】第 13 回台湾文化研究発表会(11月10日拓殖大学)

    【榕社】第13回台湾文化研究発表会(11月10日拓殖大学)

     台湾文化に興味を持つ方(台湾人、日本人、外国人可)のご来場を歓迎いたします。

    主  催:日本「榕社」
    共  催:拓殖大学台湾文化研究会

    日  時:11月10日(日) 午前10:00−午後4:30(10:00受付、10:30開会)

    会  場:拓殖大学文京校区 F301 講堂(国際教育会館)正門右方歩3分
         東京都文京区小日向3−4−14

    地下鉄丸の内線 茗荷谷駅 より徒歩4分 (標識あり)
    参加無料 但し申し込みをお願いいたします

    申 込 先:小島武彦(Tel&Fax:0287-72-6175)E-mail: tougen@nasuinfo.or.jp
         吉永超然 (Fax:0277-96-2600)

    発表者:

    午前の部(10:30—12:30)

    1.台湾絶景

      野柳の奇岩、太魯閣渓谷、清水断崖・・・  DVD

    2.「既存の政治的亀裂が乗り越えられたのか?
       ー3.11以降の台湾の反原発運動に関して」

       陳 威志  Ho-Lo語、日本語 (日本文)

    午後の部(13:30—16:30)

    3.隠された南京大虐殺——台湾の視点から 柳原憲一  Ho-Lo語

    4.台湾人非漢人論と自決権奪回の戦略 林 景明 日本語

    5.まとめ   澁谷 司(拓殖大学海外事情研究所付属華僑研究センター長)


    ---------------------------------------------------------------

    第13回台湾文化研究発表会に          ご出席

    氏名:                  人数:

    連絡先:Tel  Fax

        E-mail:

    ---------------------------------------------------------------

    懇親会を予定しています(会費2000円)、当日申し込み。



    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html






    「台湾の声」【英漢文声明】 Overseas Taiwanese organizations express concern about backsliding of democracy in Taiwan

    Overseas Taiwanese organizations express concern about backsliding of democracy in Taiwan

    (Washington, D.C. – November 8th 2013) -- Today, a coalition of overseas Taiwanese organizations issued a joint statement, expressing concern about the erosion of democracy and freedoms in Taiwan due to the pro-China policies of the current Kuomintang administration of President Ma Ying-jeou in Taiwan.

    The statement is endorsed by 49 overseas Taiwanese organizations in the United States, Canada, Europe, Latin America and Japan. The organizations emphasize that their roots are in Taiwan, "the land of our birth", and that they feel strongly about Taiwan, as many of them "worked hard to help Taiwan make the transition to democracy in the 1980s and 1990s. "

    The organizations state that the pro-China policies the current administration of President Ma Ying-jeou "…may on the surface appear to bring about a reduction of tension, but in reality they are setting Taiwan up for a larger conflict when China's repressive designs for 'unification' collide with the reality of Taiwan's democracy."

    The organizations also state that they "…are particularly incensed about recent moves by the Ma government that show a distinct lack of respect for democracy, and a fundamental breach of the basic principles of separation of powers and checks and balances in a democracy."

    The organizations state that the recent actions of President Ma and his administration in attempting to remove Legislative Speaker Wang Jin-pyng clearly violate the basic principles enshrined in the current (ROC) Constitution in Taiwan.

    The organizations add that the extensive abuse of power and the rampant wiretapping by the Special Investigation Division of the Chief Prosecutor's Office also constitute a violation of the Constitution, in particular Article 12, which guarantees the individual's freedom of privacy of correspondence.

    The organizations urge President Ma to listen to the Taiwanese people, "and to move towards policies and decisions that reflect the views of ordinary people, the men and women in the street."

    They conclude with three specific recommendations:

    1. An end to the extraordinary powers vested in the Special Investigation Division of the Chief Prosecutor's Office. The Legislative Yuan should immediately pass legislation abolishing the SID,



    2. Taiwan needs judicial reform, completely removing political influence from the judiciary. The judicial branch needs to be completely independent from both the executive and legislative branch of government, so Taiwan can enjoy clear separation of powers, and



    3. Taiwan needs legislative reform so that legislators can truly represent their constituencies, and the legislature becomes an effective and efficient part of the system of governance. The legislative process needs to become a true give-and-take of political negotiations; all political opinions are shown respect and decisions are made on the basis of rational discussion.



    海外台湾人団体表達対台湾民主倒退的憂心

    49個海外台湾人団体於今天発表聯合声明,表達其対馬政府傾中政策所造成台湾的民主及自由倒退的憂心。

    簽署此声明的四十九個団体遍佈於美国、加拿大、欧洲、拉丁美洲,以及日本。這份声明強調海外台湾人的根在「我們所生長的土地」—台湾,並重申対台湾仍有強烈的感情,因為「我們之中許多人於八○与九○年代,均曽為台湾的民主的進程努力過」

    此份声明中並指出,馬政府的傾中政策「雖然表面上這些政策有助於緩和緊張的両岸情勢,但実際上在中方高圧的統一方針与台湾民主現実交鋒之下,僅会促成更激烈的衝突。」

    声明中並針対「馬政府不尊重民主社会,行政立法司法権的分立,与制衡等等民主政治基本原則」表示憤怒。

    声明中特別提到近日馬政権企図逼退立法院長王金平的舉動,已経明顕地違反了台湾政府(中華民国)憲法中所訂立的基礎原則。声明中並強調隷属於最高法院検察署的特偵組的濫権訴訟及違法監聴等行為也違反了憲法第十二条:人民有秘密通訊自由。

    該声明呼籲馬総統傾聴台湾人民的声音「並且応進一步制定政策反映街頭上一般人民的観感。」

    声明中所結論的三項建議為:

    1. 終止最高法院検察署特偵組所用有的非常権力,立法院応立即立法廃除特偵組。


    2. 台湾需要進行司法改革,以杜絕政治対司法的影響。司法機関須独立於行政与立法機関之外,唯有如此台湾才能真正享有三権分立。


    3. 台湾的立法部門需要進行改革,以真切的反映民意,並成為効率及効用兼具之政府的一環。立法程序必須是一套真正能彼此互恵的政治体制。




    Overseas Taiwanese organizations concerned about backsliding of democracy in Taiwan

    The undersigned overseas Taiwanese organizations hereby express our deep concern about recent developments in Taiwan. First, we wish to emphasize our roots in Taiwan, the land of our birth. We do live in Canada, Europe, Japan, Latin America and the United States, but we feel strongly about our homeland. Many of us worked hard to help Taiwan make the transition to democracy in the 1980s and 1990s.

    Especially since Taiwan made such major progress towards a fully democratic system during the past 25 years, it is regrettable that the current administration of President Ma Ying-jeou has eroded Taiwan's democracy and freedoms with his pro-China policies. On the surface these policies may appear to bring about a reduction of tension, but in reality they are setting Taiwan up for a larger conflict when China's repressive designs for "unification" collide with the reality of Taiwan's democracy.

    While this backsliding of freedom, democracy and human rights has been going on since the beginning of the Ma administration, we are particularly incensed about recent moves by the Ma government that show a distinct lack of respect for democracy, and a fundamental breach of the basic principles of separation of powers and checks and balances in a democracy.

    These basic principles are enshrined in the current (ROC) Constitution in Taiwan. While we strongly believe that the Constitution needs to be amended to reflect the new reality that Taiwan is now a free, democratic and independent country, it is essential that the government abides by the Constitution that is presently in force. The actions of President Ma and his administration in attempting to remove Legislative Speaker Wang Jin-pyng clearly violated those principles.

    In addition, the extensive abuse of power and the rampant wiretapping by the Special Investigation Division of the Chief Prosecutor's Office also constitute a violation of the Constitution, in particular Article 12, which guarantees the individual's freedom of privacy of correspondence.

    It is time for the Ma government to listen to the Taiwanese people, and to move towards policies and decisions that reflect the views of ordinary people, the men and women in the street. In particular this means:

    4. An end to the extraordinary powers vested in the Special Investigation Division of the Chief Prosecutor's Office. The Legislative Yuan should immediately pass legislation abolishing the SID,



    5. Taiwan needs judicial reform, completely removing political influence from the judiciary. The judicial branch needs to be completely independent from both the executive and legislative branch of government, so Taiwan can enjoy clear separation of powers, and



    6. Taiwan needs legislative reform so that legislators can truly represent their constituencies, and the legislature becomes an effective and efficient part of the system of governance. The legislative process needs to become a true give-and-take of political negotiations; all political opinions are shown respect and decisions are made on the basis of rational discussion.



    As overseas Taiwanese we also fully endorse the joint statement issued by the 29 international scholars and writers, who expressed their concerns in a statement titled "Human rights, democracy threatened", published in the Taipei Times on October 14th 2013 and in Hanji in the Liberty Times on October 16th 2014.

    Signatories:

    United States
    1. Formosan Association for Public Affairs (FAPA)

    2. Chen Wen-chen Memorial Foundation (CWCMF)

    3. Formosan Association for Human Rights (FAHR)

    4. Friends of Taiwan – Los Angeles, California

    5. Institute for Taiwanese Studies (ITS) – Cerritos, California

    6. North American Taiwanese Engineering and Science Association (NATEA)

    7. North American Taiwanese Professors' Association

    8. North American Taiwanese Women's Association

    9. Southern California Taiwanese Club – Los Angeles, California

    10. Taiwanese American Center of Northern California

    11. Taiwanese Association of America (TAA)

    12. Taiwanese Association of America, Chicago Chapter

    13. Taiwanese Association of America, Cincinnati Chapter

    14. Taiwanese Association of America, Columbus Chapter

    15. Taiwanese Association of America, Greater Baltimore Chapter

    16. Taiwanese Association of America, Greater Washington Chapter

    17. Taiwanese Association of America, Northern New Jersey Chapter

    18. Taiwanese Alliance of Interculture (TAI) – San Jose, California

    19. Taiwanese Americans Perspectives (TAP) – Los Angeles, California

    20. Taiwan Christian Church Council in North America (TCCCNA)

    21. Taiwan Center – New York

    22. Taiwan Culture Center – Greater Washington

    23. Taiwan Hakka Association For Public Affairs In North America

    24. World United Formosans for Independence United States

    25. World Taiwanese Congress


    Canada
    26. Formosan Association for Public Affairs Canada

    27. Greater Vancouver Taiwanese Senior Association

    28. Society of Taiwanese Canadian History in British Columbia

    29. Taiwanese Canadian Association

    30. Taiwanese Canadian Association – Greater Vancouver Chapter

    31. Taiwanese Canadian Association –Toronto Chapter

    32. Taiwanese Canadian Church Association of Toronto

    33. Taiwanese Canadian Heritage Association

    34. Taiwanese Human Rights Association of Canada (THRAC)

    35. Taiwanese Senior Association of Toronto

    36. Taiwanese Women's Association of Toronto

    37. World Federation of Taiwanese Associations (WFTA)

    38. World United Formosans for Independence Canada


    Latin America
    39. Taiwanese Association of Ecuador


    Europe
    40. European Federation of Taiwanese Associations -- London, United Kingdom

    41. European Federation of Taiwanese Women Associations, Hamburg, Germany

    42. Formosan Association for Public Affairs United Kingdom

    43. Taiwanese Association in the United Kingdom

    44. Taiwanese Student Association in the United Kingdom

    45. World United Formosans for Independence Europe


    Japan
    46. Japan Taiwanese Medical Union

    47. Taiwanese Association in Japan

    48. Taiwanese Women's Association in Japan

    49. World United Formosans for Independence Japan

    -------------------------------------------------------

    海外台湾人組織関切台湾民主的衰退

    以下所簽属的海外台湾人組織在此対台湾近況的発展表達深切的関注。首先,我們希望先強調我們的歷史根源。雖然我們身居加拿大、欧洲、日本、拉丁美洲与美国,但我們対台湾這塊土地仍有懐有強烈的情感。我們之中許多人於八○与九○年代,均曽為台湾的民主的進程努力過。

    台湾在過去二十五年来在邁向一個完全民主的体制上有了重大的進展,而也因此目前馬政府透過親中政策対民主与自由所造成的侵蝕,更特別令人感到遺憾。雖然表面上這些政策有助於緩和両岸的情勢,但実際上在中方高圧的統一方針与台湾民主現実交鋒之下,僅会促成更激烈的衝突。

    雖然此一自由、民主与人権的衰退自馬政府取執政後便連綿不断,但我們対近些時日,馬政府所採取的行為,対民主社会,及権力分立与制約与平衡等民主政治中的基本原則,所展現出的不尊重,感到憤怒。

    這些基本的原則在台湾,是受到目前(中華民国)憲法所保障的。雖然我們相信為了符合台湾作為一個自由民主的独立国家的現実,修憲是必要的,但政府須遵循目前所施行的憲法仍是不言可喻的。而馬総統及政府試図解除立法院長王金平職務的行為,很明顕的触犯了這些原則。

    再者,最高法院検察署特偵組的濫権以及恣意監聴也透成了違憲,特別是憲法第十二条,即人民有秘密通訊之自由。

    馬政府是時候該傾聴台湾人民的声音了,並且応進一步制定能夠反映街頭上一般人民観感的政見与決策,包含:

    1. 終止最高法院検察署特偵組所用有的非常権力,立法院応立即通過並廃除特偵組。

    2. 台湾需要進行司法改革,以杜絕政治対司法的影響。司法機関須独立於行政与立法機関之外,唯有如此台湾才能真正享有権力的分立。

    3. 台湾的立法部門需要進行改革,以真切的反映民意,並成為効率及効用兼具之行政系統的一環。立法程序必須是一套真正能彼此互恵的政治磋商機制,尊重所有政見,並以理性討論的結果做為依帰。

    而身為海外台湾人,我們也堅定的支持由二十九位国際学者及専家於十月十四日,以「台湾憲政危機聯合声明」之名発表於台北時報、自由時報等媒体的声明。

    簽署団体:

    美国
    1. 台湾人公共事務会
    2. 陳文成教授基金会
    3. 全美台湾人権協会
    4. 台湾之友会
    5. 全美台湾研究院
    6. 北美台湾工程師協会
    7. 北美洲台湾人教授協会
    8. 北美洲台湾婦女協会
    9. 南加卅台湾会舘
    10. 北加州台湾会館
    11.全美台湾同鄉会
    12.芝加哥台湾同鄉会
    13.辛辛那提台湾同鄉会
    14.哥倫布台湾同鄉会
    15.巴爾地摩台湾同鄉会
    16.大華府台湾同鄉会
    17.北沢西台湾同鄉会
    18.台湾協志会
    19. Taiwanese Americans Perspectives
    20.北美台湾人教会協会
    21.紐約台湾会館
    22.華府台湾文化中心
    23. 北美台湾客家公共事務協会
    24.台湾独立建国聯盟美国本部
    25. 世界台湾人大会

    加拿大
    26. 加拿大台湾人公共事務会
    27.松齢会
    28. BC台裔歷史協会
    29.加拿大台湾同鄉会
    30.加拿大台湾同鄉会─大溫哥華
    31.加拿大台湾同鄉会─多倫多
    32.多倫多台湾基督教教会協会
    33.台裔協会
    34. 加拿大台湾人権協会
    35. 多倫多台湾青籐会
    36.多倫多台湾婦女会
    37.世界台湾同鄉会聯合会
    38.台湾独立建国聯盟加拿大本部


    欧洲
    39.欧洲台湾協会
    40.欧洲台湾婦女会
    41.台湾人公共事務会─英国
    42.英国台湾協会
    43. 英国台湾同学会
    44.台湾独立建国聯盟─欧洲本部

    日本
    45. 日本台湾医師連合
    46. 台湾同郷会
    47. 在日台湾婦女会
    48. 台湾独立建国聯盟日本本部

    拉丁美洲
    49. 厄瓜多爾台湾同鄉会


    ---

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html










    「台湾の声」【 11 月 23 日】台湾出身戦歿者慰霊祭と根井洌・台湾協会理事長の講演会

    【11月23日】台湾出身戦歿者慰霊祭と根井洌・台湾協会理事長の講演会



    靖國神社では戦友会やご遺族による慰霊祭を随時斎行されております。

    皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万名の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、30,304名が
    尊い命を日本国に捧げられ、現在、靖國神社にはその内の27,864名の方々がご祭神としてお祀りされ、日々
    慰霊の誠が捧げられております。

    この、台湾出身者を対象とした慰霊祭を、平成17(2005)年12月4日、私ども李登輝学校日本校友会が中心
    となり第1回「台湾出身戦歿者慰霊祭」を斎行、その後、皆様のご協賛により平成21年から「永代神楽祭」
    となり、以降、毎年11月23日に執り行うこととなりました。
    つきましては是非この「永代神楽祭」に是非ご参列いただきますよう、ここに謹んでご案内申し上げます。

    また、慰霊祭の後に、台湾協会理事長の根井洌(ねい・きよし)先生より、台湾協会が行っている慰霊祭や
    奥多摩町の台湾出身戦没者慰霊碑などについてお話しいただきます。
    併せてご参加のほどお願い申し上げます。

    平成25(2013)年11月吉日

                                    李登輝学校日本校友会 理事長 天目石要一郎

                              記

    【日 時】 平成25(2013)年11月23日(祝)午後1時45分 靖國神社・参集殿に集合

    【会 場】 靖國神社本殿 午後2時 永代神楽祭(昇殿参拝)
          東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
          【交通】地下鉄 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1)徒歩8分
              都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口)徒歩10分、東京メトロ 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅
              (出口1=A-1)徒歩10分、JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口)徒歩13分

    【講演会】 午後3時〜4時30分 靖國会館 2階 九段の間

    【講 師】 根井洌先生(一般財団法人台湾協会理事長)

    【演 題】 台湾協会─日台友好の深化を目指して

    【参加費】 2,000円(玉串料1,000円、講演会1,000円)

    【お申込】 申し込みフォーム、メール、FAXにて

          https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/15vq4jb3iotr 【PC用】
          https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/15vq4jb3iotr【携帯用】

          E-mail:info@ritouki.jp FAX:03-3868-2101

    【主 催】 李登輝学校日本校友会

    【後 援】 日本李登輝友の会

    【連絡先】 日本李登輝友の会
          〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
          TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
          E-mail:info@ritouki.jp
          ホームページ:http://www.ritouki.jp/
          Facebook:http://goo.gl/qQUX1

    ------------------------------------------------------------------------------
    第9回台湾出身戦歿者慰霊祭 参列申込書(いずれかに○をつけてお送り下さい)

    ・慰霊祭 [ご参列  ご欠席]

    ・講演会 [ご出席  ご欠席]

    ・お名前

    ・お電話
    ------------------------------------------------------------------------------
    李登輝学校日本校友会 事務局 片木裕一


    2013年11月8日金曜日

    「台湾の声」【傳田晴久の台湾通信】馬祖の旅( 1 ) 

    【傳田晴久の台湾通信】馬祖の旅(1) 


    ◆はじめに

     このたび台湾の離島「馬祖」を訪ねるツアーに参加いたしましたので報告させていただ
    きます。このツアーは日本李登輝友の会が主催するツアーで、「台湾の達人」片倉佳史さ
    んが同行解説してくださるというものです。

     私は金門島、澎湖島には行ったことがありますが、馬祖列島にはまだ行ったことがな
    く、かねて行ってみたいと思っていたところでしたので、自分の齢を忘れていくことにい
    たしました。ご報告したいことがいろいろありますので、2、3回に分けさせていただきま
    す。まず初めは「馬祖」の紹介から始めましょう。

    ◆「馬祖」とは?

     右の地図はインターネットからの引用ですが、右下に台湾本島があり、左上の中国との
    間に小さな島が下から上に金門、烏?、馬祖列島が並んでいます。我々が訪ねる「馬祖列
    島」は福建省連江県にあり、台湾本島の西北方約210kmにありますが、大陸はほんの目と
    鼻の先、約10km弱と離れていませんので、晴れている日は対岸がよく見えます。

     馬祖列島は5つの大きな島(南竿島、北竿島、西?島、東?島、東引島)で構成され、合
    計総面積は約25,000ヘクタールあるが、日本では馬祖列島の事を一括して馬祖島(ばそと
    う)と呼んでいます。人口は表敬訪問した県長(県知事)楊綏生氏によれば約12,000人
    (除:軍人)と言うことです。

    ◆馬祖の謂れ

     南竿(なんかん)島に天后宮という廟があり、そこに媽祖様が祀られていますが、廟を
    紹介するパンフレットに「霊穴傳奇」という項があり、次のような記述があります。

     清朝の初め、「使琉球記」に「天妃」は父のために海に身を投じ、亡くなった。連江県
    誌には詳細な記述があり、伝説によれば父と兄は船に乗って?江口海域に来たが、突然猛
    烈な暴風雨に出合い、船は毀れ、人は溺れた。媽祖は躊躇うことなく海に飛び込み父と兄
    を救出したが、大波逆巻き彼女は不幸にも亡くなってしまい、その聖体は漂流し、馬祖の
    澳口に漂着した。村民は媽祖を現在の天后宮の霊穴(お墓)に手厚く葬ったという。

     伝えられるところによれば、人々は海に入り魚を獲るが、暴風雨になる前夜、あるいは
    船が進路を見失ったとき、岸辺に突然火球が出現し、危険を避けて引き返すように漁船を
    導くという。この紅の火の玉は媽祖の霊穴から出現するというので、住民はこれを「媽祖
    火」または「媽祖燈」と言う。

     これで媽祖と馬祖が結び付きましたが、なぜ島の名前が「媽祖」でなく「馬祖」なの
    か。これは「重男軽女」(男尊女卑)思想の結果とか、地名に「女偏」が付くのはいけな
    いということで、「馬祖」になったと聞きました。

    ◆今回のツアー行程

     今回のツアーの行程を簡単に紹介します。

     初日10月24日(木)夕方、台北松山空港から小さな飛行機(ボンバルディア社製約60人
    乗り)に乗って馬祖列島の南竿島へ、飛行機は風が強いのかかなり揺れ、少々ひやひやし
    ましたが、無事到着。

     早速「八八坑道」(もともとは戦車を格納するための坑道であったが、現在は老酒の酒
    蔵として利用されている)を見学、老酒の良い香りの歓迎を受け、幸先良いスタートを切
    りました。

     福澳港に移り、今度は小さな船で北竿(ほくかん)島へ、海はかなり荒れて、猛スピー
    ドで飛ばす船は上下に跳ねるようで、スリル満点でした。西の彼方に夕日が沈む景色をゆ
    れる船べりにしがみつきながらの鑑賞。北竿島に上陸後、車で夕食をとる龍和餐庁へ、途
    中「坂里大宅」に立ち寄り、馬祖特有の石造りの建物を見学。夕食時、自己紹介をし、わ
    れら一同初めて本当の仲間となりました。宿泊は「地中海民宿」という洒落た名前の石造
    りの民宿でした。

     2日目10月25日(金)、朝食前に村の守護神「蛙」の置物などを見物、石造りの集落を、
    各所に掲げられる反共スローガンを横目に散策、朝食後「戦争平和紀念公園」を見学、再
    び船で南竿島に戻りました。

     昼食は九榕閣餐庁で、馬祖国家風景区管理処の皆さんとともに郷土料理をいただきまし
    た。午後は「北海坑道」(戦時、哨戒艇基地として花崗岩の壁を人力で削って作った水
    道)などの軍事施設を見学しました。四維村で夕陽を鑑賞した後、夕食は依?的店で自家
    製の素晴らしく美味しい老酒を呑みながら楽しみました。その後、夫人珈琲でひと時を過
    ごしました。

     最終日10月26日(土)は朝食に大変美味しいという扁食(ワンタン)を頂き、介寿村付
    近を散策、お土産屋を覗いた後、連江県政府を訪ね、県長(県知事)を表敬訪問しました。


     昼食後いよいよ最大のお目当て、「媽祖巨神像」を見学に行きました。圧倒されるよう
    な媽祖様の像を後に南竿空港から空路台北の松山空港に戻り、解散しました。

    ◆馬祖列島は別世界

     初めて訪ねた馬祖列島(その中の2島のみであるが)を一言で表現するなら、「別世界」
    という言葉がぴったりではなかろうか。

     いくつかの見聞からそのように感じましたが、まず行政区分では台湾の西北端に位置す
    るが、ここでは台湾語は全く通ぜず、もともと「?東語」を話すそうであるが、若者は当
    然であるが、お年寄りも北京語を流暢に話す。1949年(中華民国軍が台湾に逃げ込む)以
    来、金門、烏?(うきゅう)とともに馬祖は国共内戦の最前線となり、中華民国軍兵士が
    大量に常駐し、北京語が日常使われるようになり、島民は北京語を使用しなければ生活が
    成り立たず、北京語を話すようになったと言います。

     台湾の建物は煉瓦造りが多いが、ここには煉瓦は製造されず、ほとんどの建物は花崗岩
    の石造りである。小さな島であるが、地形は凹凸が多く、坂道と階段だらけである。車で
    移動する分には構わないが、車を降りてから目的の場所に行くのは大変である。本文の冒
    頭に「自分の歳を忘れて云々」と書いたのは、この坂道や階段の存在を知っていれば……
    の思いからである。

     聞くところによると、当地では酒の製造に関して当局は黙認しているそうで、各餐庁が
    それぞれの味がする老酒を作り、ふるまってくれる。北竿島の地中海民宿の老酒、南竿島
    の依?的店の老酒を試したが、まったく味が異なり、それぞれ特徴があり、大変おいしか
    った。お酒の製造が黙認されているなんて、呑兵衛にとってはまさに天国。

     馬祖列島は獣は少ないそうだが、鳥や魚、植物は種類が多く、中には日本との交流をう
    かがわせるものもあるという。特筆すべきは絶滅危惧?A類にリストされている「ヒガシ
    シナアジサシ(?嘴瑞鳳頭燕?)」という海鳥が馬祖列島に生息していることが確認され
    たことです。渡り鳥が南北に移動するとき、馬祖列島はその中間に位置しているので、こ
    こでは多くの鳥が観測され、バードウオッチングのメッカとなっています。

     馬祖列島の人口は12,000人と聞きましたが、それは戸籍上の話で、実際にそこに居住し
    ているかどうかははっきりしないそうです。馬祖にはこれと言った産業も無いので、過疎
    が進み、学校を出た若者の多くは台湾本島、台北に行ってしまう。選挙の時には戸籍のあ
    るところで投票するので、その時だけ故郷に戻って来るとのことである。

     また、馬祖列島には軍隊が駐留しているので、場所によっては民間人より軍人の方が多
    いこともあるという。県長に軍人は何人くらいいるかとお聞きしたら、それは「秘密」と
    かわされてしまった。

    ◆おわりに

     媽祖は台湾人にとっても馴染みが少ないところだそうである。地理的にも台湾本島より
    も中国大陸に近く、交通手段も限られ、要するに、馬祖は行きにくい場所、その理由は春
    (3〜5月)は霧が出る、夏は気温が30度以上、秋は台風、冬は風が強く、船もよく欠航に
    なる。飛行機は飛ばない可能性が高く、馬祖ツアーは業者もほとんど企画しない。

     今回の馬祖の旅は幸いにも天候に恵まれ、素晴らしい体験の連続でした。「台湾の達
    人」片倉佳史さんの同行解説によって、多くの知見が得られました。県長さんは我々が帰
    るときにたくさんのお土産をくださいました。だからいう訳ではありませんが、皆さん、
    機会がありましたら、是非とも馬祖列島を訪問してください。

     次の「台湾通信」では媽祖信仰について書きたいと思います。

    2013年11月7日木曜日

    「台湾の声」【蒋介石の「以徳報恩」なる世紀の欺瞞】親日家ぶる演出はなぜ生まれたのか 

    【蒋介石の「以徳報恩」なる世紀の欺瞞】親日家ぶる演出はなぜ生まれたのか 


                 宮崎 正弘
      


    気絶するほどの欺瞞、偽善、悪魔の詐欺師は某参謀に共通した

    【宮崎正弘の国際ニュース・早読み:平成25(2013)年11月4日】

    書評:渡辺望『蒋介石の密使 辻政信』(祥伝社新書)

     個人的なことを先に書くと、辻政信は石川県出身で、金沢で育った評者(宮崎)にとっ
    ては『郷土の英雄』だった。おなじく石川県出資の作家・杉森久英が辻政信の小説を書い
    た。その軍人としての闊達なほどの人生は波瀾万丈、しかも戦後はベストセラーを書いて
    国会議員を務め、ラオスで消息を絶った。

     伴野朗、宮城賢秀らの作家も、辻をモデルに冒険小説を書いた。

     本書は、そうした庶民的人気の高い辻政信の虚像を、CIAなどの新しい証拠を並べて
    実像を暴き出し、地獄の底にたたき落とすほどの破壊力を持っている。まさに新角度から
    の分析であり、意表を突かれる新資料が網羅されている。

     すなわち辻は関東軍の一介の参謀でありながら無謀な軍事作戦を好み、部下に畏怖さ
    れ、大量の犠牲を怖れずに滅茶苦茶な作戦要項を発令した。しかもそのうちの幾つかが偽
    の命令書だった。

     シンガポールでは華人虐殺を命令し、ノモンハンでも強硬派、そして大東亜戦争で日本
    の敗色が濃くなるとさっと身を翻して、あろうことか敵の蒋介石の代理人として南京へ赴
    き、戦後パージが解かれ裁判に引っ張り出される心配が消えるやいなや、こんどはCIA
    にも接触し、あげくに法螺話をまとめた伝記を発行したらベストセラーとなり、その人気
    を背に衆議院議員に立候補して連続三回当選。参議院一回当選。あげくのはて「アジア情
    勢の調査に行く」と言い残してラオスで僧侶に変装し、そのまま行方不明となった。

     石川県で辻政信人気が極めて高かったのは、彼が戦後、アジアに身を隠していたと称し
    た冒険的な逃避行を本当の話として受け取ったからだ。

     ところが真実は、終戦前から蒋介石に投降する準備をし、いやそればかりか中華民国の
    利益のために、蒋介石の偽装親日演出を助言し、日本人に対して「仇に報いるに徳を以て
    なす」などという、史上空前の偽善を拡大宣伝した片棒を担いだ売国奴だったというのだ。

     新発見のCIA資料を基にして、辻政信の行動と軌跡を改めて追求すると、従来の伝記
    や噂や第三者の証言と大いなる齟齬が発見される。

     料亭に入り浸る高級将校を殴って日本軍人相手の高級料亭を放火したというのは本当だ
    が、彼がそこまで軍人の綱紀粛正に走り、「女遊び」を嫌ったという病的な潔癖癖は、ど
    うやら出生地が金沢でなく、山中温泉だったこと、色香と淫靡な温泉町の売春宿が環境だ
    った辻は、はやくから故郷を抜け出すために、猛勉強したのも、この幼年期の精神的トラ
    ウマによるところが大きいと著者は指摘する。

     そして次は病的なサディストの面を併せ持ち、やっかいなことに石原莞爾を尊敬してお
    り、この点でまた病的に女遊びが嫌いな東条英機とウマがあった。

     梟雄かと思えば「魔の参謀」だったというのが結論だが、しかし一介の参謀にすぎない
    軍人の暴走を止めることができなかった軍の全体の空気と、そのシステムの欠陥こそが問
    題ではないだろうか。

    ▼日本にとって問題は蒋介石が展開した世紀の欺瞞だ

     さて今稿の後半部を、評者(宮崎)は辻政信よりも、むしろ蒋介石に光をあてて、この
    未曾有の詐欺師的な政治家の実態を対照してみよう。

     蒋介石は日本に留学したほどで、だからといって「親日家」ではなかった。強く親日家
    を偽装した。それは孫文が親日を偽装すると民間の愛国活動家やら右翼の頭目たちがころ
    りと騙されて、資金を貢いだからである。資金ばかりか愛人も世話した。蒋介石はそれを
    みていた。だから第1回の親日家演出をやって、日本に高く売り込んだ。

     途中で米国に擦り寄り、米国から資金援助と武器援助にありつくや、日本は不要となっ
    た。このパターンは孫文をまねたもので、日本に何回も「亡命」して骨の髄まで日本から
    カネを搾り取りながらも、孫文は最後に日本を裏切ってソ連に援助を求めた。蒋介石もソ
    連とは異様に親しかった。

     日本軍は昭和19年4月から大陸打通作戦を開始し、太平洋方面での惨憺たる敗北とは対照
    的に「河南省、湖南省、広西省にいたる1400キロの戦線で中国国民党を次々と撃破、洛
    陽、長砂、衡陽、桂林などの中国側の重要拠点を次々と陥落した。この会戦での中国軍
    (つまり蒋介石軍)の敗北ぶりのひどさ」ときたら史上稀なほどに無様であり、なにしろ
    寄せ集めの兵隊はまっすぐ歩くこともできず、援助をえるための「員数合わせ」、訓練も
    受けていない。

     しかも蒋介石軍は米英から蒋介石援助ルートをつうじてふんだんに武器、食料を貰って
    いたにもかかわらず大敗北したのだ。

     スティルエル将軍は軍事顧問として派遣されていたが、克明な報告を残しており、蒋介
    石軍の「一個師団は5千人を超えていない」「兵士は給料をもらえず、栄養失調と病気に悩
    まされているが、軍隊に医療班もない」「汚職がはびこっていて賞罰がひどく不公平であ
    る」「兵士達は商売にはしっている」「中国の赤十字は、ヤミ市場の本場である」

     ルーズベルトは怒った。

     おおよそ現代の貨幣価値に置き換えると、10兆円ちかくを米国は蒋介石支援にあてた。
    「にもかかわらず、中国大陸で蒋介石は一度も日本に勝てない」

     この状況の報告に米国はフライングタイガーの空爆を強化した。つまり、あの戦争は日
    本vs中華民国ではなく、日本vs英米軍との戦争であり、蒋介石は英米にすっかり信用
    を失って、ヤルタには呼ばれず、蒋介石不在のカイロ宣言も、あとから署名を強要された
    ほどだった。

    ▼するりと闘うべき敵と自分を引き入れる味方を入れ替える芸術的処世

     蒋介石は、と著者は続ける。

    「アメリカがもはや自分を見限ろうとしていることを、はっきりと意識した。彼はこれま
    での政治的人生のパターンに従って、自分が闘うべき敵と、自分を引き入れるべき味方を
    入れ替える時期にきていることに気がついたのだ。ここから蒋介石のおそるべき単独行動
    が始まる」

     そこで蒋介石は「貳回目の親日家」を演ずる必要に迫られた。

     台湾に逃げ込んで、台湾支配は国際法上いささかの合法性もないのに、蒋介石の台湾支
    配を正当化するためにも、台湾経済復興のためにも、どうしても日本の援助が必要だった。

     そこで演じられた世紀の芝居が「以徳報恩」である。

     蒋介石にとっては徹頭徹尾、便宜的打算的である。最愛の妻を離縁してアメリカへ追い
    やり宋美齢と結婚したのは孔家のカネが目当てであり、宋美齢のキリスト教に便乗したの
    も、各地で蒋介石別荘をみればわかる。

     キリスト教徒は演技である。

     わざとらしい礼拝室にマリア像がある。評者は、台北の陽明山でも南京や廬山の宋美齢
    別荘でも目撃したがマリア像がでんと応接室の中央に置かれていた。

     蒋介石は利用する者はあくまでも利用した。だから利用しがいのある辻政信がタイミン
    グ良く登場するや国民党国防部から、共産党作戦計画に従事した。辻にとってもその歴史
    感覚に「愛国」の基軸にないことが、よく理解できる。

     つまり帝国軍人参謀だった辻政信がある日、唐突に敵国の密使になっても感覚的に平気
    だったのは、武士道精神の虚実を老かいに使い分け、人間の最低限度の恥を超える、一種
    魔女的な要素を身につけていたのだ。その意味で蒋介石と辻政信は一卵性双生児のようで
    ある。

     本書はラオスから忽然と消えた辻の、その後のルートを克明に追うが、それは本書を読
    む楽しみだから、この稿では書かないことにする。








    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2013年11月6日水曜日

    「台湾の声」【書評】『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』(自由社)

    【書評】『中国の移植犯罪 国家による臓器狩り』(自由社)

    「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載

    謝冠園監修、デービッド・マダス、トルステン・トレイ編集
     

    法輪功を邪教ときめつけて弾圧を開始したのは江沢民政権
    血の弾圧の先頭にたった李長春は江沢民お覚えめでたく政治局常務委員へ



     身の毛もよだつ臓器狩りの本場は、言うまでもなく「あの国」である。
     十二名の医師らが綿密な調査をおこなった結果、あの国は臓器収奪のために無実の囚人65000名を殺害した。「そのうちの41500件の臓器提供は法輪功だった」(『テーミス』、13年11月号)。

    あまつさえ臓器狩りの対象として法律輪功の学習者の120万人を拘束したと告発する、中国の深くて地獄のような暗部を剔る報告書である。

     法輪功を邪教ときめつけて弾圧を開始したのは江沢民政権。山東省で血の弾圧の先頭にたった李長春は、江沢民お覚えめでたく第十六期政治局常務委員へと出世した。ならばオレ様も、と弾圧に立ち上がったのが薄煕来で、配下の王立軍は、臓器提出手術の効率化をはかるために「注射により処刑者が死亡する前に臓器を摘出できるよう研究した。その結果、王立軍は『香華科学技術基金貢献賞』を受賞した。

     薄煕来は大連市長から遼寧省省長の間に法輪功弾圧で名を馳せた。
    ひとえに江沢民路線のご機嫌とりをやらかし、その為には臓器摘出で囚人が死のうが、関わりのないことだった。実際に薄の妻は英国人を平然と毒殺したし、薄は重慶特別市に乗り込んだときは既存勢力を一斉するために無実の経済人もついでとばかり多数逮捕し、拷問し、その財産を奪った。マフィアの幹部七名を処刑した。庶民は腐敗幹部の粛正は正義の味方だと拍手を送ったが、やがて悪事、陰謀がばれて薄煕来は無期懲役をうけた経過は多くのメディアが詳報した。

     問題は、その闇に時期に薄は法輪功学習者をかたっぱしから逮捕拘束し、いきたまま臓器を取り出して患者に売っていたと本書は告発している。
     凄まじい告発本である。






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    2013年11月5日火曜日

    「台湾の声」【危ない】スパイ装置付きの中国製電気製品

    【危ない】スパイ装置付きの中国製電気製品

    【新唐人2013年11月03日付ニュース】ロシアのサンクトペテルブルク税関が先日、不明チップが入っている中国製の家電製品を没収した。このチップは、半径200m以内にある暗号キーなしで接続できるWi-Fi機器に侵入し、傍受、ウィルス配布、スパムメール送信などができるように設計されていた。29日、ロシアメディアが伝えた。

    ロシアの政府機関紙"ロシアニュース(Russian News)"によると、これらの中国製電化製品にはアイロン、電気ポット、デジタル・ビデオカメラなどが含まれ、分析の結果、これらの製品には電子チップと小型マイクロフォンが隠されていることが分かった。ロシアメディアによると、直近の配達は食い止められたものの、一部の製品は既に小売店に配達されてしまったという。

    米メディアは、中国製製品からスパイ装置が発見されたのは、これが初例ではないと報道。米国では昨年、米軍の軍用コンピュータの中からバックドア・チップが発見された。民間用の製品となると、スパイ装置が設置されている可能性はさらに高いと見られる。

    似たようなチップは中国製の携帯電話や自動車、カメラからも発見されている。電化製品購入の際、生産地をしっかり確認しないと、お金を払って"スパイ"を自宅に招き入れることになりかねない。

    http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2013/11/02/a995848.html (中国語)
    (翻訳/吉田 編集/坂本)





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    「台湾の声」【岐阜と大阪】台湾関係講演会

    【岐阜と大阪】台湾関係講演会


    その1.日本李登輝友の会岐阜県支部主催の講演会のご案内

    近くて近い国、台湾。日本統治時代まで遡っての変遷と、今の台湾をわかりやすく
    お話いただきます。
    台湾に興味ある方、台湾のことをもっと知りたい方お待ちしております。

    【演 題】 「喜歓(シーファン)台湾、集まれ台湾好き!」
    【講 師】 梶山憲一(「な〜ほど・ザ・台湾」元編集長)
    【日 時】 11月17日(日)午後2時半開会(5時終了予定)
    【会 場】 ハアートフルスクウェアG 2階研修室50(JR岐阜駅東隣)
    【参加費】 無料
    【主 催】 日本李登輝友の会 岐阜県支部
          http://homepage3.nifty.com/ritouki-gifu/
    【後 援】 岐阜市
    【事務局】 〒502−0850 岐阜市鷺山東2-14-21 
           電話:058-294-9175 FAX:058-294-9176
    【特 典】 先着50名様にDVD無料進呈
     ☆講演終了後、付近で懇親会を開催します。会費4,000円程度。


    その2. 第32回日本と台湾を考える集いのご案内

    【日 時】 平成25年11月30日(土)午後1時開場 1時半開始
    【会 場】 大阪市立難波市民学習センター第2研修室OCATビル4階
          http://www.osakademanabu.com/namba/
    【講 師】 酒井 亨氏 金沢学院大学准教授 「台湾人が好きな日本:今で
    しょ!」(仮題)
    【参加費】 一般1,000円、学生は500円。
    【主 催】 日本と台湾を考える集い
          メール管理者(事務局副代表)近 藤 080-1403-3578
          http://tsudoi-jptw.jimdo.com/
    【申 込】 http://goo.gl/0RFwrh のフォーマットに入力してください。
    【懇親会】 終了後、551パンチャン蓬莱で希望者により行います。会費2,500円程度。
     ☆講師紹介
      石川県金沢市出身、早稲田大学政治経済学部卒業、台湾大学法学研究科修士
      課程修了。
      共同通信社記者を経て、2000年から約10年間台湾に在住し、フリージャーナリス
      トとして  東アジアや中東の政治、経済、文化について雑誌記事、単著を発表。
      2010年度後期神戸大学大学院国際協力研究科客員教授を務め、現在は金沢
      学院大学准教授。
      「むじな@金沢よろず批評ブログ」で台湾、国際情勢、アニメなどについて情報
      発信している。 → http://blog.goo.ne.jp/mujinatw

      台湾に関する著作は多数。今月刊行される以下の二冊については会場にて頒布予定。
      休憩及び終了後にサインしていただけます。
      ・『中韓以外、みーんな親日〜クールジャパンが世界を席巻中〜』 (ワニブックスPLUS新書)
       ワニブックス ¥882。
      ・『アジア 反日と親日の正体』(イースト新書) イースト・プレス(2013/10/10) ¥966。


    「台湾の声」【提言】台湾獨立建国運動の具体的項目

    【提言】台湾獨立建国運動の具体的項目



              湾生(台湾生まれの日本人) 江見 浄

    � 「正名運動」という抽象的名称を具体的に

    ●「中華・中国を捨て"台湾国運動"に統一し、」
       
    ● 「台湾省」を前提とした「本省人・外省人を捨て、
         本省人=本島人・外省人=新島人とする」
       ※すでに、「中華民国」も「台湾省」も存在しない。
    ● 孫文(中山)の個人崇拝に偏ったものを全廃する。

    � 国の表徴「国旗」「国歌」を早急に制定する
       
    ●「晴天白日満地紅旗」の使用を禁止する。
       
    ● 美麗島(台湾)賛歌を公募制定する。

    � 台湾国独自の「憲法」を制定する。
        
    ● 現在の「中華民国憲法」を改正でなく、新規制定する。
        
    ● 三民主義を超える、より台湾的な民主台湾憲法を制定する。

    � 台湾人のアイデンティティ(Identity) 自己統一性を明確にする。 
       
    ● スポーツイベントなどの応援に「晴天白日満地紅旗」を振ることを禁止し、
    「中華台北」=台湾、応援旗=台独聯旗の「赤」を「緑」に変えた
    ものとする。  

    � 「国名」「国旗」「国歌」の他に台湾の代表的な「山」「花」「鳥」「動物」を
       全台湾人の統一意識として決める。  
      
    ●山=玉山 ●花=油桐花 ●鳥=台湾藍鵲(かささぎ) ●動物=キョン 
       


    ──台湾国の表徴──

    ●台湾国の国旗(台湾独立建国聯盟旗の赤色を緑に変えたもの)






    ●台湾国 国歌  (一例)

    http://mojim.net/tw_video_u2_z0t5ix3YtUE.html

    美麗島   作詞:李雙澤   作曲:陳秀喜/梁景峰改寫彈

    我們搖籃的美麗島 是母親温暖的懷抱
    驕傲的祖先正視著 正視著我們的脚歩
    他們一再重覆地叮嚀 不要忘記 不要忘記
    他們一再重覆地叮嚀 畢路藍縷以啓山林

    婆娑無邊的太平洋 懷報著自由的土地
    温暖的陽光照耀著 照耀著高山和田園
    我們這裡有勇敢的人民畢路藍縷以啓山林
    我們這裡有無窮的生命 水牛 稻米 香蕉 玉蘭花


    ──台湾国の代表的な山・花・鳥・動物──

    ●玉山 台灣を代表する山(新高山)

    玉山山脈は東西方向から北北東 - 南南西方向へと変化している。最高峰は玉山(玉山主峰とも)の海抜3,952メートルであり、台湾の最高峰であり、その他周辺の山と共に玉山群峰と称され、玉山国家公園管理局の管轄とされている。
    台灣百岳名峰玉山山脈における標高3,000メートル以上の山は22、その内台湾百岳に指定されている山が12存在する。

    1玉山主峰(新高山、3,952メートル)
    2玉山東峰(新高東山・台東新高、3,869メートル)
    3玉山北峰(新高北山・斗六新高、3,858メートル)
    4玉山南峰(新高南山、3,844メートル)
    5東小南山(3,744メートル)
    6玉山西峰(新高西山、3,467メートル)
    7南玉山(3,383メートル)
    8八通関山(3,245メートル)
    9郡大山(3,265メートル)
    10玉山前峰(新高前山、3,239メートル)
    11西巒大山(3,081メートル)
    12鹿山(2,981メートル)

    ●油桐花(アブラギリ)の動画

    "五月雪"盛開! 白色花瓣景致夢幻
    http://www.youtube.com/watch?v=vb_f2WzryKc&feature=player_embedded

    道路に散った花は雪の様で「五月雪」とも言われる


    真っ白な五弁の花

    アブラギリ(油桐)は、初夏、桜に似た白花を咲かせる中国原産のトウダイグサ科アブラギリ属の常緑高木です。 雌雄同株で雌雄異花、すなわち、同一の木に雄花と雌花を咲かせます。 雄花と雌花は別々の枝先に円錐花序をつけます。花の基部は最初は黄色で、段々紅色に変化します。花後になる実は核果状で扁球形で先端は尖らず、溝が有り、中に3個の種子が入っています。 種子を絞ると桐油が採取され、印刷や防水、艶出し、塗料に使われます。

    別名でドクエ(毒荏)と言われるように食用にはなりません。 葉は心形で大きくキリ(桐)に似ており、赤味のある長い葉柄があります。葉は若枝では3裂します。 雄花はそのまま落下し、雌花は花弁が分かれて落ちます。 油を取るため昔、中国から輸入され、温暖地では野生化しています。 公園樹として植えられます。
     
    ●台湾藍鵲(タイワン・カササギ)別名ヤマムスメ ★台湾特有種野鳥

    陽明山に参りますと結構接する事ができる綺麗な鳥です。全長64�と大きな鳥で、紅い嘴、黒い頭、藍色の羽根、そして藍と白の交互する尾羽が美しい鳥です。
    その飛ぶ姿も優雅なので、現地の方も見かけると歓声を上げます。(鵲Pica pica)スズメ目カラス科に分類される。日本では天然記念物とされ佐賀県の県鳥となる。

    ●キョン(山羌)、台湾鹿

    英名:Reeves's muntjac、学名:Muntiacus reevesi、 

    台灣に自然分布。体長70-100cm、肩高40-50cm、体重10-15kg。オスには短い角と牙がある。目の下方に臭腺(眼下腺)の開口部があり、これがつぶった眼のように見えるため、四目鹿(ヨツメジカ)とも言う。

    森林、低木林に生息する。群れは形成せず単独で生活する。草食性で木の葉や果実などを食べる。繁殖形態は胎生で1回に1匹の幼体を出産する。特定の繁殖期はなく、雌は1年を通じて繁殖する。


     

      


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html         
       

    2013年11月4日月曜日

    「台湾の声」【英語で発信を】戦後日本を支えた大東亜戦争の遺産

    【英語で発信を】戦後日本を支えた大東亜戦争の遺産(江崎道朗)


                      「史実を世界に発信する会」 茂木弘道


     今から70年前の昭和18年11月5日、6日に国会議事堂で世界史上初の有色人種による人種平等サミットが開かれました。参加国は、日本のほか中華民国(南京政権)、タイ国、満洲国、フィリピン、ビルマ、インド(仮政府)
    です。インドネシアはまだ独立への体制が整わず、参加できませんでした。(日本政府は翌19年の9月にインドネシア独立を決定しています。)

     この会議を傀儡政権を集めたものと切り捨てる人がいますが、各国代表の堂々たる、そして熱烈なアジア独立を訴える演説を一度でも読んだことがあるのでしょうか。読みもせず、そんなことを言っているのは、精神的に欧米の「傀儡」もしくは、既成観念の奴隷になっているということを知っていただきたいものです。
     さて、江崎さんのこの論文は、大東亜戦争はアジアの独立をもたらしたことは言うまでもなく、日本は戦後その恩恵をアジア色から受けているのだ、ということも述べています。

     何よりの皮肉は、日本を侵略国家であると断罪した「東京裁判」が行われている正にその時に、日本が解放したアジアを軍事侵略していたということです。
    オランダはイギリスのバックアップにより、インドネシアに再襲来し、日本が育てたペタを中核とする独立軍と何と3年半も戦い、多くの犠牲者を出したのですが、その時東京裁判ではオランダ・イギリスを含む連合軍が、何と日本を「侵略者」として裁いていたのでした。

     この江崎論文は、最初『別冊正論』第10号に「東京裁判克服もうひとつの意義」と題して掲載されたものですが、『コミンテルンとルーズベルトの時限爆弾』(展転社)に掲記タイトルで収録されたものです。

        http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Legacies.pdf
    英訳版を下記の通り英語版サイトに掲載し、NewsletterNo.61で海外に広く発信しました。

     

    Legacy of the Greater East Asia War that Supports Postwar Japan
    by EZAKI Michio, political analyst
    November 1st, 2013

    Mr. EZAKI Michio, writes that turmoil and conflict in Asia did not end with the Greater East Asia War in August 1945. Japan forcibly ended foreign colonialism in Asia and Asians declared independence, yet Europeans and Americans rush in to fill the void at the end of the War. As an ironic twist, Mr. Ezaki points out that while Europe and America were reasserting their supremacy over their former colonies, with countless Asian lives being lost in the process, Japan was accused of being an "aggressor" and tried for "crimes against peace" at the Tokyo Trials.

    For those who have forgotten, Mr. Ezaki reiterates how the indigenous Asian peoples rejoiced upon the arrival of the Japanese and the departure of the Americans and Europeans. For example, leaders of post-war India and Indonesia have expressed their appreciation of the Japanese in training and arming their people. Furthermore, Mr. Ezaki describes how, after the end of the Greater East Asia War, the Allies waged their own "aggressive war" against Asia. The murderous attempts by the Dutch to reclaim Indonesia as its colony, what they called "police actions," were merely a different shade of "aggressive war".

    After three and a half years of conflict, between an ill-equipped Indonesia militia against modern European military machines (of the British as well as the Dutch), hundreds of thousands of Indonesian lives were lost. As if the lives lost and property destroyed were not enough, the Dutch audaciously sued the Indonesians for damages as the price for independence. It was not until 2005 that the Dutch finally recognized Indonesia's 1945 Declaration of Independence.

    *Summary:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S2.pdf
    *Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S4.pdf
    *Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/102_S3.pdf



    MOTEKI Hiromichi, Secretary General
    for KASE Hideaki, Chairman
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Phone: 03-3519-4366
    Fax: 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com


    2013年11月3日日曜日

    「台湾の声」【 11 月 23 日】 2013 年台湾出身戦歿者慰霊祭と根井洌・台湾協会理事長の講演会を開催

    【11月23日】2013年台湾出身戦歿者慰霊祭と根井洌・台湾協会理事長の講演会を開催


    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載





     皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万名の台湾出身者が軍人・軍属として出
    征し、30,304名が尊い命を日本国に捧げられ、現在、靖國神社にはその内の27,864名の
    方々がご祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が捧げられております。

     靖國神社では戦友会やご遺族による慰霊祭を随時斎行しております。台湾出身者を対象
    とした慰霊祭は平成17(2005)年12月4日、私ども李登輝学校日本校友会が中心となり第1
    回「台湾出身戦歿者慰霊祭」を斎行、その後、皆様のご協賛により平成21年から「永代神
    楽祭」となり、以降、毎年11月23日に執り行うこととなりました。今回は第3回目の「永代
    神楽祭」と相成りなり、ここに謹んでご案内申し上げます。

     また、慰霊祭の後に、台湾協会理事長の根井洌(ねい・きよし)先生より、台湾協会が
    行っている慰霊祭や奥多摩町の台湾出身戦没者慰霊碑などについてお話しいただきます。
    併せてご参加のほどお願い申し上げます。



                       李登輝学校日本校友会 理事長 天目石要一郎

                      記

    【日 時】 平成25(2013)年11月23日(祝)午後1時45分 靖國神社・参集殿に集合

    【会 場】 靖國神社本殿 午後2時 永代神楽祭(昇殿参拝)
          東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
          【交通】地下鉄 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1)徒歩8分
              都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口)徒歩10分
              有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(出口1=A-1)徒歩10分
              JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口)徒歩13分

    【講演会】 午後3時〜4時30分 靖國会館 2階 九段の間

    【講 師】 根井洌先生(一般財団法人台湾協会理事長)

    【演 題】 台湾協会─日台友好の深化を目指して

    【参加費】 2,000円(玉串料1,000円、講演会1,000円)

    【お申込】 申し込みフォーム、メール、FAXにて

          https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/15vq4jb3iotr 【PC用】
          https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/15vq4jb3iotr【携帯用】

          E-mail:info@ritouki.jp FAX:03-3868-2101

    【主 催】 李登輝学校日本校友会

    【後 援】 日本李登輝友の会

    【連絡先】 日本李登輝友の会
          〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
          TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
          E-mail:info@ritouki.jp
          ホームページ:http://www.ritouki.jp/
          Facebook:http://goo.gl/qQUX1

    ------------------------------------------------------------------------------
    2013年(第9回)台湾出身戦歿者慰霊祭 参列申込書(いずれかに○をつけてお送り下さい)

    ・慰霊祭 [ご参列  ご欠席]

    ・講演会 [ご出席  ご欠席]

    ・お名前

    ・お電話







    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2013年11月2日土曜日

    「台湾の声」【 12 月 2 日】謝長廷氏が東大本郷キャンパスで講演 ≪日本語同時通訳≫

    【 12月2日】謝長廷氏が東大本郷キャンパスで講演 ≪日本語同時通訳≫
     

      演題「台湾の憲政論争と東アジア地域の平和」

    [謝長廷講演会@東京大学]

    ◆日  時:12月2日( 月)18:30入場

    ◆場  所:東京大学本郷キャンパス 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール

    ◆アクセス:http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html

    ◆演  題:台湾の憲政論争と東アジア地域の平和

    ◆講 演 者:謝 長廷(台湾元首相)

    ◆主 催 者:東京大学台湾留学生会

    ◆共 催 者:中華民国留日東京同学会

    ◆講演語言:中国語(日本語同時通訳)

    ◆お問合せ:taiwan.todai@gmail.com

    ◆お申込み:事前登録お願いします http://tinyurl.com/of59vks

    ◆ポスター:URL: http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/todai-tsa/files/20131202_hsieh_koenkai.pdf







    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2013年11月1日金曜日

    「台湾の声」【尖閣諸島問題】「棚上げ」合意存在せず 

    【尖閣諸島問題】「棚上げ」合意存在せず 


    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載


     


                  池田 維(元交流協会台北事務所代表)

     日本の固有領土である尖閣諸島をめぐり、政府が、警告に従わない領空侵犯した無人機
    に対し撃墜を含めた強制措置を取る方針を固めたことについて、中国は「一種の戦争行為
    であり、われわれは果断な措置で反撃する」と反発している。

     また、10月26日に北京市内で開かれたシンポジウム「東京−北京フォーラム」でも、唐
    家[王施]・中日友好協会会長は「中国側は自制を保っていた。領土主権維持のため対抗措
    置を取らなければならなかった」などと日本批判を展開し、「尖閣をめぐる問題の棚上げ
    と歴史の正視を日本側に要求した」(産経新聞)という。

     日本の中には、中国の主張する尖閣諸島棚上げ論を支持する向きもないではないが、外
    務官僚として日中平和友好条約の締結にも携わった元外務省アジア局長で交流協会台北事
    務所代表(駐台湾日本大使に相当)の池田維(いけだ・ただし)氏が、これまで日本は棚
    上げ論に合意したことはなく、中国の一方的な言い分に過ぎないと駁論している。

     池田大使には同じテーマの論考が2本あり、1本は10月5日付けの読売新聞「論点」に寄稿
    された「尖閣諸島問題─『棚上げ』合意存在せず」で、もう1本はそれをさらに詳細に論じ
    た「霞関会」会報7月号に掲載された論考だ(2012年10月27日「アジア問題懇話会」におけ
    る講演録「尖閣領有権に『棚上げ』はあったか?」)。

     外務官僚出身者には秘守義務がある。しかし、その義務をまっとうした上で正論を堂々
    と述べる外務官僚出身者は少ない。池田大使の発言が貴重な所以である。

     特に後者の論考において池田大使は「歴史の生き証人」として、日中平和友好条約交渉
    の最大の懸案事項だった「覇権反対条項」をめぐり、トウ小平が当時、「もし将来、中国
    が覇権を求めるようなことがあれば、日本がそれに反対してほしい」という趣旨の発言を
    したことなどを紹介している。

     いずれ本誌で「霞関会」会報7月号に掲載された論考全文を紹介するが、ここでは読売新
    聞掲載された論考を紹介したい。下記のプロフィールは読売新聞に掲載されたもの。

    池田維(いけだ・ただし)
    立命館大客員教授。外務省アジア局長、官房長などを経て2005年から08年まで(財)交流
    協会台北事務所代表。74歳。

    -----------------------------------------------------------------------------------------

    尖閣諸島問題 「棚上げ」合意存在せず

                                       池田 維

    【読売新聞:2013年10月5日「論点」】

     中国の公船が尖閣諸島沖の領海内に頻繁に侵入し、日中間の緊張が高まっている。かつ
    て外務省で日中実務関係に長年携わってきたひとりとして、尖閣の領有権について事実関
    係を明確にしておきたい。

     日本政府が約10年間にわたる現地調査を経て、国際法にかなった方法で同諸島を日本領
    に編入したのは1895年1月である。それ以来、1971年までの76年間にわたり、中国も台湾も
    日本の領土であることに異議を唱えたことはない。

     領有権の主張を始めたのは、この海域の石油資源埋蔵の可能性を国連機関の調査が明ら
    かにしてからだ。

     尖閣は沖縄の一部として米国の占領下、および施政権下に置かれた一時期(1945〜72)
    を除き、一貫して日本の有効な支配下に置かれている。戦前の一時期には200人以上の日本人が居住していた。

     いわゆる「棚上げ」論については、日中双方が何らかの問題の存在を共に認め、その解
    決を先送りするということに合意したことはない。近年公開された外交文書の中の72年の
    国交正常化交渉の際の田中首相・周恩来首相の会話、78年の福田首相・トウ小平副首相の
    会談のいずれにも「棚上げ」の合意は存在しない。

     前者においては、田中首相が「尖閣のことをどう思うか」と水を向けたら、周首相は
    「石油が出るから問題になった。今は話したくない」という短い会話に終わっている。後
    者では、トウ副首相から「自分たちの世代には知恵がないから次の世代に任せたい」との
    趣旨の発言があったが、福田首相は一切応答していない。トウ副首相は後の記者会見で
    「こういう問題は一時的に、または10年間棚上げしても構わない」と発言している。巧み
    な言い回しだが、あくまでも一方的な発言だ。

     この記者会見の14年後の92年に中国は国内法「領海及び隣接区域法」を突如制定し、尖
    閣諸島を自国の領土に編入した。日本は直ちに抗議したが、これは「棚上げ」論と重大な
    矛盾をはらむ。中国が「棚上げ」論を言うなら、まず国内法を改正ないし廃棄してからに
    すべきだ。

     中国は「日本が戦争で尖閣諸島(中国名・釣魚島)を盗んだ」と主張することもある。
    だが、日清戦争終結後の下関条約(1895年4月)で、日本が割譲を受けたのは台湾と澎湖諸
    島のみで、尖閣諸島は交渉の対象とはなっていない。

     さらに、中国は最近、「カイロ宣言」「ポツダム宣言」を引用し、日本が両宣言を受け
    入れた結果、第2次大戦後、尖閣は「台湾の付属島嶼(とうしょ)」として、台湾、澎湖諸
    島とともに中国(中華民国)に返還された、という言い方もしている。しかし、もし仮に
    当時、尖閣が「台湾の付属島嶼」と国際的に認識されていたならば、米国がこれを沖縄の
    一部として自らの施政権下に置くことはありえなかったはずである。

     日中双方が利益を得ることが出来る「戦略的互恵関係」が発展すること自体は歓迎され
    るべきだ。ただ、その場合にも、領土・主権を犠牲にしてまで安易な妥協をし、後日に禍
    根を残してはならないだろう。






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2013年10月31日木曜日

    「台湾の声」【 NEWS 】71%が台湾独立を希望/“中華民国”を取り除こう!

    71%が台湾独立を希望

    台湾の声ニュース 2013.10.31

    台湾の親中国メディアTVBSが公表した「馬英九・習近平
    会談とナショナル・アイデンティティ」という世論調査
    によれば、64%が現状維持、24%が独立、7%が統一を支持
    しているということが示され、独立支持が高くなった。

    さらに、もし、「両岸関係」(中国との関係)について
    選択肢が「独立」か「統一」のうちひとつしか無い場合
    はどうするかという設問に対しては、71%が台湾独立を
    希望すると回答し、これまでの最高を記録した。この設
    問では18%が統一を選び、11%が考えを示さなかった。

    この調査は24日から28日の午後6時半から10時にかけて
    約1000人に対して行われた。台湾のメディアが伝えた。

    これを受け、台湾独立建国聯盟の陳南天主席はフェース
    ブックで次のように呼びかけた:

    「71%の台湾独立を希望する台湾人よ、中国国民党が持ち
    込んだ麻薬を一緒に取り除こう!国名、憲法、国旗など
    すべての"中華民国"があるものを。」


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html



    「台湾の声」【11月6日】「大東亜会議七十周年記念大会」

    【11月6日】「大東亜会議七十周年記念大会」


    昭和18年11月5日、6日、東京の国会議事堂に日本をはじめ、中華民国(汪兆銘政権)、タイ国、満洲国、フィリピン、ビルマ、インド(仮政府)が集いて、世界史上初の有色人種による人種平等サミットが行われました。

     これを日本の傀儡政権を集めた会議と貶める人は、実は欧米の精神的「傀儡」に他ならないことは、大会演説集、大東亜共同宣言を読めば明らかであります。
     この歴史的な「大東亜会議」を振り返り、その真実、意義、そして現代的な意義を明らかにすることを目的とした70周年記念大会が、下記の通り行われます。多くの皆様のおいでをお待ちしております。
      

      平成25年10月30日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道




    開催日:平成25年11月6日(水)(大東亜宣言採択の日)
    時 間:午後5時30分開会(5時開場)
    参加費:一般1000円、学生無料
    会 場:憲政記念館(地下鉄永田町駅から徒歩5分、国会議事堂駅から7分)

    <第1部> 記念講演

      渡部昇一(上智大学名誉教授)
      スルヤ・ボース(チャンドラ・ボース研究の第一人者、親族)
      ヘンリー・ストークス(元ニューヨーク・タイムス東京支社長)

    <第2部> シンポジウム「今語る大東亜会議の意義」

      渡部昇一 加瀬英明 頭山興助
      司会:藤井厳喜

    主催:大東亜会議七十周年記念大会実行委員会
       共同代表:加瀬英明 頭山興助
       大会顧問: 田母神俊雄 中條高徳 深田祐介

    *申し込み:http://daitouakaigi.com info@daitouakaigi.com
    Tel: 03-5980-9701







    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
      

    「台湾の声」【古森義久】米の「アジア重視」言葉だけか

    【古森義久】米の「アジア重視」言葉だけか


    2013.10.26産経新聞より



     米国オバマ政権の「アジアへの旋回(ピボット)」は空疎なジェスチャーだった-。オバマ政権が宣伝してきた「アジア最重視」「アジアの再均衡」といった一連の政策標語がここまで声価を落とすとは思わなかった。

     しかもこの描写は受益側のアジア諸国が失望しての落胆の表明ではなく、当事者の米側の専門家らによる死亡宣告のようなのだ。

     「アジアへの旋回」といえば、オバマ大統領が強調してきた安全保障面のアジア最重視政策である。中国の大軍拡に対応して米国がそれまでの中東やアフガニスタンに投入した兵力の撤退や削減分をアジア・太平洋に回すという戦略だった。

     大統領こそ「中国」を具体的に指すことを避けてきたが、第1期オバマ政権のクリントン国務長官やパネッタ国防長官は「中国の軍事や経済での拡大」を原因としてはっきりあげていた。

     だがワシントンを拠点とする国際安全保障の研究調査機関「リグネット」が10月中旬にまとめた報告は「アジアへの旋回」は「中身のない美辞麗句(レトリック)」と断じていた。それどころか「米国の対外イメージへの大きな打撃」とまで批判するのだ。「リグネット」は米中央情報局(CIA)の戦略やアジアの元専門官たちの集団である。

     同報告はオバマ政権がアジア・太平洋に中国の軍拡を抑止するのに適切な兵力投入はまったくしておらず、今後それを実行する意欲も能力もないようだとも診断する。これまでの唯一の「旋回」措置はオーストラリアのダーウィンへの米海兵隊の交代駐留だが、その駐留もわずか200人の将兵が9月末に半年の期限を終えて帰国した後、後継部隊の選択が決まらず、空白のままだという。当初の公式目標だった2500人の駐留は早くとも2017年まで実現せず、それでもなお中国軍の増強ぶりとくらべると、「再均衡」にはほど遠いとされる。

     同報告は「中国は米国がつくる空白を埋めるように海軍、空軍、ミサイル戦力、とくに原子力潜水艦などを世界の他のどの国よりも速いペースで増強している」と警告する。だがオバマ政権は米国の歴代政権が絶対に許容しないと宣言してきた北朝鮮の核兵器保有をも事実上すでに許してしまい、アジアでの同盟国、友好国の信頼を急速に失った、というのだ。

     さらに同報告は、オバマ大統領自身がアジア訪問をキャンセルする少し前の9月下旬、国連での演説でイスラエルやその他の中東の友好国への防衛誓約の継続を力説したことを強調した。

     「アジア最重視」は言葉だけらしいことの例証だというわけだ。

     オバマ政権のこうした言葉と行動のギャップは米国に安全保障を頼る日本などアジア諸国にとって深刻な影を広げる。この点、「リグネット」報告は「米国は友からも敵からも超大国とはみなされなくなる危険」までも指摘していた。オバマ政権下の米国は「世界の警察官」どころか政治や経済でも信頼や依存はできない対象になりかねないというのだ。

     米国に依存してきた側としてはオバマ政権だけが米国ではないと思いたい。だがいまや米国が内政でも外交でも大きな曲がり角を迎えたことは否定できまい。日本としても自助自立の努力の意識が欠かせない時代の到来といえそうだ。(ワシントン駐在客員特派員)





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga0419@blogger.com&e=1

    2013年10月30日水曜日

    「台湾の声」【李登輝元総統】「亡くなったら自分の骨灰を玉山に撒いてほしい」

    【李登輝元総統】「亡くなったら自分の骨灰を玉山に撒いてほしい」


    【中央通信社:2013年10月25 日】

    http://japan.cna.com.tw/news/apol/201310250004.aspx
    写真:記者懇談会に臨む李登輝元総統

     (宜蘭 25日 中央社)元総統の李登輝氏(90)はきょう記者団の質問に答え、台湾の最
    高峰である玉山に登ってみたいが体の状況が許さないので、自分の死後は荼毘に付した後、
    骨灰を玉山に撒いてほしいと語り、「今まで行ったことがないから死んでから行く」と述
    べた。

     李氏は2012年4月から"生命之旅"(命の旅)と称して台湾各地を視察する旅に出ている
    が、今月は23日から3日間の日程で東部・花蓮と宜蘭の旅を行い、花蓮では東華大学で講演
    を行い門諾(メノー)病院を訪問した。きょうの行程が終了すれば台湾を一周したことに
    なるが、これを受けきょう午前、記者団向けの懇談会が開かれた。

     取材陣の「台湾を一周してほかにまだ行きたい所はあるか」との問いに、李氏は30数歳
    で「農復会」に入ってから台湾中の市町村はたいてい回ったので、あとは玉山に行きたい
    が体の状況が許さず、死んだ後火葬してもらい骨灰を山に撒いてほしいと語り、「玉山に
    は行ったことがないので死んでから行きたい」と述べた。

     李氏はまたこれまで訪れたことのない北東部の港町、基隆についても語り、港務局や肥
    料会社が土地のほとんどを占めている同市は都市計画が困難で問題が少なくないと指摘し
    た。記者団がラバーダック(黄色い巨大アヒル)に会いに行きたくないかと聞くと、高雄
    港でのアヒル招致は大成功だったと陳菊・高雄市長を評価しながらも、自分は基隆に行く
    のはよしておきたいと答えた。

    【農復会】 米華経済協力協定に基づき1948年南京で設立された「中国農村復興聯合委員
    会」。現在の行政院農業委員会に引き継がれた。

                                   (編集:谷口一康)




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga0419@blogger.com&e=1

    2013年10月29日火曜日

    「台湾の声」【中国投資の落とし穴】4、根こそぎ奪われたのち投獄される

    【中国投資の落とし穴】4、根こそぎ奪われたのち投獄される


    (転載自由)



                    高為邦(中国投資の台湾企業被害者協会理事長)

    資金が占有され、告訴を訴えた結果は入獄された

     2004年2月3日、かつてアジア100メートル競走記録を作った紀政さんが台湾企業経営者張仲新のお母さん林玉祝女史と供に、張仲新を中国の牢獄から救出するため私を訪ねた。
     張仲新さんはかつて中華民国の総統蒋経国が乗る飛行機の副パイロットで、1993年軍隊から退役してから人工芝生の製造に携わった。1997年張仲新さんが北京で100%出資した会社「奇為」を創業し、学校の運動場などに使われるPPの人工芝生を生産した。品質と技術が優れて、商売繁盛だった。そのとき、山東省にある「泰山体育器材グループ」の会長卞克良が共に会社を作る提案が提出された。

     2002年5月16日に共同出資の「楽陵泰山場地材料工程会社」が立ち上げられた。張仲新さんが所持する生産設備、生産技術並びに受注した注文書を資金に、3割の株を持って社長を務めた。卞克良のほうは工場、オフィスと現金などを出し、会長を務め、管理・財務・経理の事務などを担当した。さらに、張仲新さんが元の会社に使われていた事務設備、コンピュータ、自動車などを100万あまりの人民元で新会社に売った。この金額は後日に現金で支払うことも双方が合意した。

     当初張仲新さんが会社の規模が大きければ、成長も加速すると思い込んでいた。ただし、会長の卞克良には下心があったことに張さんが気づかなかったのだ。卞克良が約束とおりに資金も出さなく、張さんへの現金支払いも守らず、その上、銀行に会社の名義で8000万人民元を貸し付けた。ある日、張さんが営業の出張から会社に戻ってきたとき、オフィスと工場のドアーが閉められた。人に尋ねると、会社はすでに2003年の10月10日にクローズしたことを始めてわかった。卞会長に尋ねると、卞会長は「会社は莫大な銀行借金を抱え、もう潰れた。早く台湾に戻れ」と言った。しょうがなく張仲新さんが北京に戻り、弁護士と相談した。2003年11月12日に山東省徳州市の中級人民裁判所に告訴を起こすことをした。

     この告訴の主審裁判官が絶対勝てないので、告訴を却下したほうがいいとわざわざ北京まで張仲新さんを訪れた。弁護士と再度話し合って、地元に多大な影響力を持つ卞克良会長と対抗して公平に審査が受けられないと思い、念のため直接に山東省の高級人民裁判所に告訴を提起した。この動きで卞克良会長が緊張した。彼は楽利市の公安と徳州市の公安と連合して、江蘇省泰州市まで来て張仲新さんを逮捕して徳州の留置所に入れた。

     逮捕した理由は「会社の金を横領した」とされた。確かに張仲新さんの手元には会社の出荷代金をひとつ持っていた。張仲新さんはその金を当初卞克良会長が約束した会社の設備、PC、自動車などの代金にしようと考えて社には交付しなかったが、卞克良会長もそのことを知っていた。

     留置された初期、弁護士が訪れることはできたが、「告訴を撤去して台湾に戻れ」という条件を断った時点から、弁護士や家族と会うこともできなくなった。紀政さんが張仲新さんのお母さんと一緒に私を訪れたとき、張仲新さんがすでに40数日留置された。それも法律が定めた留置所での最長拘束期間を超えた。

     「告訴を撤去して台湾に戻れる」という条件は実は卞克良会長が台湾の投資者が犯罪して逃げるを言い訳にして、銀行に不良債権をあきらめて貰うための手段だった。
     
     張さんのお母さんから前述のことを聞いて、私は海峡両岸関係協会の副秘書長王小兵に電話した。私は彼に、張仲新さんのお母さんはすでに台湾の国会議員19人に連署書にサインしてもらい、国会議員らと有名人の紀政さんと私が記者会見を開くつもりがあると伝えた。そして私も張仲新さんのお母さんが息子が中国の投資で被害された事実を公開したら、そのとき行っている選挙に、国民党に不利な影響を与えるよと王小兵副秘書長に言いつけた。話を聞いて、王小兵副秘書長が即時に国務院の台湾弁公室に連絡し、経済局経済紛争処の処長劉建中を山東に派遣した。一週間の交渉を経て、張仲新さんがようやく保釈された。

     保釈された張仲新さんは無罪ではなく、審理を待つ身となった。中国の中央官庁と台湾の中国投資の台湾企業被害者協会、19人の国会議員、そして台湾国民全体に注目され、徳州の公安は少しおとなしくなった。とはいっても、張仲新さんの投資損失は今でも取り戻すことができない。





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    2013年10月28日月曜日

    「台湾の声」【署名のお願い】中国を無条件で国連人権理事国にしないため

    【署名のお願い】中国を無条件で国連人権理事国にしないための署名の拡散をお願いします

    下記の署名を集めています。
    このキャンペーンは期間が短く、至急、広く拡散をお願いします!



    Avaazで中国を無条件で国連人権理事国にしないための署名が初まりました。
    なにとぞ、広い拡散にご協力ください。
    お願いします!

    11月12日に行われる予定の国連人権理事投票にさいして
    チベットの人々の人権を踏みにじっている中国を無条件で理事としないよう、
    彼等を守るための具体的な条件を明確につけることを引き換えにするように
    人権委員会メンバーに対し訴えています。

    以前、Avvazのキャンペーンに参加したことがある方は
    右ボックス上段のAlready an Avaaz member?の箇所に
    メールアドレスを記入し、ピンクのSENDをクリックしてください。

    初めての方はFirst time here? Please fill out the form below.のボックスに
    上から氏名=メルアド、そしてCOUNTRYと書かれたドロップタグから
    JAPANを選んで ピンクのSENDをクリックするだけで完了です。


    http://www.avaaz.org/en/tibetan_monk_2/?email



    パルデンの会 長田
    Free Tibet Palden http://palden.org




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html