台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年11月6日木曜日

    「台湾の声」【ニュース】陳雲林来台で、馬政権が民進党関係者を次々と逮捕

    【ニュース】陳雲林来台で、馬政権が民進党関係者を次々と逮捕


    11.6


                  台湾の声


     中華人民共和国(中国)の特使である陳雲林・海峡両岸関係協会(海協会)会
    長の来台に合わせて、台湾の馬英九政権は野党・民主進歩党(民進党)関係者の
    逮捕や身柄拘束を次々と行っており、司法に政治が介入しているとの批判が高ま
    っている。

     10月29日、陳明文・嘉義県長が汚職に関わったとして身柄を拘束され、続いて10
    月31日に陳水扁前総統(前大統領)から信頼の厚かった邱義仁・前行政院副院長
    (前副首相)が外交機密費の横領容疑で逮捕された。さらに、陳前総統の側近で
    ある馬永成・元総統府副秘書長と蘇治芬・雲林県長が11月4日に身柄拘束された
    。台湾のメディアの中には、馬政権が陳雲林氏の来台に合わせて中国へ見せるた
    めという政治的動機があるのではないかと伝えている。

     このほか、先日、中国の張銘清・海協会副会長の来台に抗議し、張氏が転倒し
    た現場にいた王定宇・台南市議が事件から9日間で検察から懲役1年2ヶ月を求
    刑された。

     一方で、陳水扁前総統は11月4日、馬英九総統と陳雲林会長を外患罪で告発し
    た。陳前総統は「中華人民共和国は主権独立国家であり、台湾から言えば中国は
    別の国、外国である。さらには敵対している国である。馬英九は『一つの中国』
    を主張し、最終的な統一に同意している。馬英九は主権論争を棚上げを言ってい
    たが、それは主権の棚上げに変わり、すなわち主権を放棄した。簡単にいえば台
    湾を売る行為であり、刑法104条(外患罪)の規定に違反している」と訴えた。

     11月6日、馬英九総統と陳雲林会長が会談する。会場の台北賓館の周辺は1万
    人を超える台湾国民が包囲する予定となっており、陳会長が馬英九氏を「総統」
    (大統領)と呼ぶか、もし馬総統が「総統」と呼ばれなかった場合にそれを容認
    してしまうのか、台湾国民は馬総統が台湾の主権を守る意志があるのか会談の行
    方を注目している。

    台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: