台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年11月27日木曜日

    「台湾の声」【長崎問題】知事発言のどこが「政府見解のとおり」?

    【長崎問題】知事発言のどこが「政府見解のとおり」?

    長崎県国際課に公然とウソをつかれた

    (文末に抗議呼びかけがあります)

                      李登輝学校日本校友会 理事長 片木裕一

    金子長崎県知事の9月12日の記者会見発や、追加された注釈については改めて説明する必要はないと思う。しかし県や国際課が実際のところ、どう考え対処しようとしているのか確認したいと思い、18日夕方、県の国際課へ電話をかけました。

    回答は実に味気なく、二言目には「日本政府の見解どおり」を繰り返すばかり。
    しかし人間だから本音?も垣間見えたところも・・・。
    「あの内容(アンダーバーを引いたところ)をそのまま解釈したら、政府見解と異なる、即ち間違いではないか」との問いに、「そうですね・・・」と一瞬同意、すぐもとの定型発言には戻りましたが。

    *問題にしたアンダーバーの箇所は、「あくまでも私たちは、中国は一つの国というふうにみなしている。そして台湾はそれの一つの地方機関と見ているから」という部分で、これに関する注釈は「台湾に関する県の認識は、日本政府の見解と相違なく、台湾を『地域』としてとらえ、『国』ではないという趣旨で発言したものです。」というもの。

    この注釈では、台湾はどこにも属さない地域、とは到底解釈できません。

    電話のやりとりをまとめると、以下のとおり。

    「9月12日の記者会見で、台湾の・・・」と伝えると、少々お待ちください、でイナダさんに代わる。

    私:「あの会見のアンダーバーのところと、注釈の関連をお尋ねしたい」
     「あそこでは『台湾は中国の一地方機関』と明言してますよね、注釈では『日本政府の見解と相違ない』とあるが、具体的にはどういうことですか?」

    イナダ氏:「文字通り『日本政府の見解と相違ない』ということです。中華民国は国とは認めていないから、地域ということです。」

    私:「長崎県や知事は『台湾は中国の一地方機関』との認識ですか?」

    イナダ氏:「長崎県も知事も日本政府の見解と相違ない、ということです。」

    私:「政府見解は『台湾は中国の一部である、という中国の主張を理解・尊重するが、承認はしてない、ですよね、その認識で間違いないですよね?』

    イナダ氏:「政府見解のとおりです。」

    私:「アンダーバーの部分を普通に読むと、台湾は中国の一地方、としか解釈できませんが・・・」

    イナダ氏:「基本的に話した内容をそのまま記録しているので、誤解を招きやすい表現があってもそのまま掲示している。だから注釈を入れました。」

    私:「誤解しやすい、ではなく、それしか解釈できないと思うのですが・・・」

    イナダ氏:「同様の意見もいただいています。だから『日本政府の見解と相違ない』と入れました。」

    私:「では、長崎県も知事も台湾はどこにも属さない地域である、という認識ですね?」

    イナダ氏:「長崎県も知事も政府見解と相違ありません」

    私:「では、あのアンダーバーの部分は素直に読んだら政府見解とは異なってしまう、要は『間違い』ではないでしょうか」

    イナダ氏:「そうですね・・・あくまで政府見解のとおりです。」

    私:「じゃ、台湾はどこにも属さない地域である、と注釈を出せばいいのでは?」

    イナダ氏:「政府見解のとおり、で十分と思う。」

    彼らも真実は理解しています。どうしたら「鎮静化」できるかも分かっています。
    しかし明文化できない、言葉に出せない。

    これが「日中友好」ならば、それは違う。

    追い詰められた法律違反者が「法律のとおり」といっているに等しい。

    金子知事は「台湾は中国の一地方機関」といっているのだから、それはあきらかに政府見解違反です。違反した以上は、発言の撤回、訂正を行うよう伝えましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    【長崎問題】電話で長崎県国際課のウソを破る方法を教えします


    読者の皆様

    長崎県の金子知事の発言「台湾は中国の一地方政府、一地方機関」と発言しましたが、 長崎県国際課は「地方政府」「地方機関」は、「地域」の意味でいったとし、台湾を「国家」ではなく「地域」とする政府見解と同じだと説明しています。
    一度国際課に電話してください。
    「発言を撤回しろ」「HPにI訂正文を入れろ」と要求すると、必ず「知事の発言は政府見解どおりだ」として拒否します。
    しかし金子知事は「中国の・・・」とはっきり言ったのです。
    では「中国の地域」といったのでしょうか。それなら「政府見解と同じ」ではありません。
    政府の見解は、「台湾はアジアの一地域、世界の一地域」であって「中国の一地域」ではありません。
    そこで国際課には「ウソをつくな」「責任を取って訂正しろ」と要求してください。
    嘘をつく人間の名前も聞き出してください。

    台湾の声編集部

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    _長崎県国際課 (媚中事件担当)
    電話 〇九五−八九五−二〇八七 
    ファックス 〇九五−八二七−二四八七 
    メール s00740@pref.nagasaki.lg.jp

    _金子原二郎長崎県知事
    https://www.pref.nagasaki.jp/koho/goiken/goiken_form.php?nshu=2


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: