台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年11月22日土曜日

    「台湾の声」【韓国・中央日報】韓国・日本・台湾、進化する政治腐敗捜査

    【韓国・中央日報】韓国・日本・台湾、進化する政治腐敗捜査

    11月21日 

              韓国・最高検捜査企画官 崔 在卿]

    ***************************************************************************
    (日、台、韓の微妙な違い)

    台湾の場合、陳水扁総統の在職時に始まった検察の捜査が逮捕につながった。

    ******************************************************************************


     政治と検察の関係は実に難しい側面がある。政界の腐敗を捜査することは、検
    察の最も重要な使命であると同時に、最も難しく大変な課題だ。 逆風を受けて検事が逆
    に苦難に陥ることもある。代表的な例が日本検察のロッキード事件捜査だ。

     1976年7月27日、東京地検特捜部の松田昇検事と捜査官が田中角栄元首相を自宅
    で逮捕した。同年2月、米上院外交委員会がロッキード社の賄賂スキャンダルを調査す
    る過程で、日本政府に巨額の賄賂を渡したことが明らかになってから5カ月後のことだ
    った。逮捕当時、田中は首相から退いていたが、「コンピュータ付きブルドーザー」「
    庶民宰相」などと呼ばれながら、自民党最大派閥の首長として政界を号令してきた最高
    の実力者だった。 検察は8月16日、ロッキード社から5億円を受け取った容疑で起訴した
    。裁判で田中は無罪を主張したが、1983年に東京地裁で懲役4年、追徴金5億円の実刑
    が宣告された。 結局、田中の死後、最終的に有罪判決が確定した。

     しかしこうした中でも自民党の一党支配体制はそのまま維持され、自民党内の
    田中派閥はむしろ増加の一途をたどり、結束力も強化された。その結果、日本検察の特
    別捜査はかなりの沈滞期を経験した。

     日本にロッキード事件があるなら、韓国には95年の元大統領捜査がある。最高
    検察庁中央捜査部は95年10月、盧泰愚(ノ・テウ)元大統領の不正資金疑惑に対する捜
    査に着手した。捜査の結果、盧元大統領が企業代表から利権の請託とともに2800億ウォ
    ン台の金を受け取った容疑を確認し、盧泰愚を逮捕した。同年11月、検察は「12・12事
    件および5・18事件特別捜査本部」を構成した。この特別捜査チームの発足は全斗煥(チ
    ョン・ドゥファン)元大統領の逮捕につながった。軍部出身の元大統領が司法処理され
    たことで、軍部独裁の残滓が完全に清算され、民主化が完成した。

     筆者が改めて韓国と日本の両捜査を思い出したきっかけは、今月12日の陳水扁
    元台湾総統の逮捕だった。不正外交資金の横領と海外への資産逃避などの容疑だった。

     陳水扁といえば、2000年5月、野党・民進党の党首として国民党の50年長期執権
    を終息させ、総統に当選し、台湾民主化の象徴に浮上した人物だ。当時、陳水扁総統
    は選挙公約に"政経癒着の清算"を掲げ、"クリーン"なイメージが決定的な力になっ
    た。しかし今では腐敗政治家として囹圄(れいぎょ)の身になったのだからアイロニー
    だ。

     陳水扁一家の腐敗犯罪が処罰されたのは、台湾最高検特別捜査チームの長期に
    わたる捜査の結果だった。台湾検察は、陳水扁が総統再任中の06年6月に捜査を始め、同
    年11月、陳水扁総統の夫人・呉淑珍を腐敗犯罪で起訴した。 そして今年5月に行われ
    た総統選で国民党所属の馬英九現総統が当選すると、捜査が再開され、結局、陳水扁前
    総統の逮捕につながったのだ。

     韓国・日本・台湾3国の捜査過程を見ると、元国家元首の腐敗事件を捜査したと
    いう共通点はあるが、微妙に異なる側面がある。日本のロッキード捜査が検察の沈滞
    を招いたとすれば、韓国の両元大統領の捜査は肯定的な通過儀礼の役割をした。台湾の
    場合、陳水扁総統の在職時に始まった検察の捜査が逮捕につながった。

     韓国の検察は日本の検察から権力型不正捜査のノウハウとそれに必須の勇気を
    苦労して学んできた。今はそれをさらに発展させ、特別捜査に関する限り世界のどの検
    察にも劣らない実力を備えたという評価を受けている。こうした効率的な腐敗犯罪捜査
    システムを中国と台湾の検察に直接・間接的に伝授したりもした。

     いま陳水扁前総統を捜査をしている台湾の最高検特別捜査チームは、韓国の最
    高検中央捜査部の構造をベンチマーキングしたという。 世界各国の検察が経験と知恵を
    お互い共有し、勇気を持って任務を遂行していけば、国と国民により大きな奉仕がで
    きるはずだ。


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)


    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: