台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年9月26日金曜日

    「台湾の声」【ニュース】中国毒ミルク騒動で台湾・林衛生署長が辞任

    【ニュース】中国毒ミルク騒動で林芳郁・衛生署長が辞任
    08.9.26

           台湾の声


     中華人民共和国(中国)河北省の大手食品メーカー「三鹿」製の粉ミルクに有
    害物質メラミンが混入し、その製品の一部が台湾へ輸出されていたことから、台
    湾政府は同製品の輸入を中止し、回収した。その後、さらに台湾に輸入された中
    国山東省の食品メーカー「都慶」製の乳クリーム原料からもメラミンが検出され
    たことから、台湾行政院衛生署は9月23日に、中国製の乳加工製品等を一律24時
    間以内に回収し、密閉保管して検査し、中国製の乳加工製品および原料にメラミ
    ンが混入していた場合は一律不合格とする厳しい措置を発表した。

     ところが、行政院衛生署は翌24日に食品のメラミン含有量を中国香港が定めた
    検査基準である2.5ppmまで許容することを発表し、本来不合格であった微量のメ
    ラミン混入が確認された商品が一転して合格となった。

     これに対し、一部で不合格から合格となった一部商品の廃棄がすでにはじまっ
    ていたことから逆に混乱が増し、さらには与野党の立法委員(国会議員)から安
    全を不安視する意見が相次いだ。特に野党・民進党は、中国のブタ飼料のメラミ
    ン許容含有量が2ppmであることや、メラニンを混入しても薄めれば合格になって
    しまうことなどを批判し、与党・国民党からも衛生署長の辞任はやむなしとのム
    ードが広がった。

     林芳郁・衛生署長は25日午後、中国製乳加工製品等のメラミン混入事件の混乱
    の責任をとり辞表を提出し、行政院に認められた。行政院は同日夜、葉金川・総
    統府副秘書長が後任の衛生署長に就任することを発表した。


    台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: