台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年9月16日火曜日

    「台湾の声」【抗議を】板橋区住民票の『台湾表記』問題

    【抗議を】板橋区住民票の『台湾表記』問題


    ブログ「義によりて勇を馳せる、保守派へ」より転載

    http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/718981/

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    1、板橋区では住民票の『出身地』欄で『台湾』表記を認めていないというのは
    事実か?

    2、また『戸籍』の場合も同じか?

    3、もし板橋区の住民票の『出身地』欄で『台湾』表記を認めていないのであれ
    ば、それは東京都が今年6月に出した通知を知った上での判断か?

    4、そしてもし板橋区の住民票の『出身地』欄で『台湾』表記を認めていないの
    であれば、今後是正するつもりなのか?

    前稿で告知した通り、月曜日に電話しようと思ったら、敬老の日で休みだったの
    で、本日先ほど電話し確認したところ、以下の回答がかえってきた。

    1、戸籍欄は『中国台湾省』で、国の判断

    2、住民票は『中国 台湾』で、板橋区の判断

    3、検討中で無回答

    4、同上記

    戸籍欄に関しては『外務省』の国名表が基になっているので、この点に関しては
    これ以上聞かなかった。
    しかし、今度『外務省』に電凸する。
    そして、住民票に関しては、『板橋区』の判断なので、詳しく聞いた。
    すると、戸籍係の細川氏が答えに窮し、『住民記録係』のオイカワ氏にかわった

    彼によると、板橋区の住民票では『国名欄』や『出身地欄』は無く、『前住所地
    欄』があるだけだそうだ。

    しかし、この『前住所地欄』で『中国 台湾』と認めているのである。
    しかもである、『中国 台湾』の表記は『国名 地域名』ということで、台湾を
    『中国』と同じ『国』として認めて両名併記しているのではなく、『中国』の中
    の『地域』として認めているのである。
    そして、私に『台湾は中国の一部』と言ってきたので、言い返すと、今度は『勉
    強不足です』と臆面も無く言ってきたのである。
    そして、彼はなんと、『勉強』してから、『電話』をくれと言われたので、また
    板橋区の『住民票記録係』に電凸する必要になってしまった(笑)


    ただ、何でもこの『中国 台湾』表記を変更する検討をしているそうで、上司と
    相談していると聞いた。


    しかし、『台湾は中国の一部』という認識の人間に正しい表記変更ができるだろ
    うか?

    はなはだ疑問である。

    台湾表記のために板橋区に抗議を!

    抗議先:板橋区戸籍課

    代表電話番号 03-3964-1111

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: