台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年9月27日土曜日

    「台湾の声」【論説】続・李登輝氏はなぜ「尖閣は日本の領土」と言ったか

    【論説】続・李登輝氏はなぜ「尖閣は日本の領土」と言ったか
    ー身を以って示した日本のあるべき姿

             永山英樹

    ブログでは関連写真も↓
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-512.html

    2008/09/26/Fri
    李登輝氏が昨二十五日午前、四日間の沖縄訪問を終えて無事帰国したが、その際
    那覇空港では李登輝氏の安全を守るために厳重な警備が敷かれた。

    これについて那覇空港の幹部はメディアに対し、李登輝氏の「尖閣諸島は日本の
    領土」発言が原因だと説明する。「それに加え、昨年の訪日時には成田空港で中
    国人からペットボトルを投げつけられた。だから飛行機の待ち時間をできるだけ
    短縮させた」のだと。同幹部は「日本の領土と言ったのだから、もしかしたら台
    湾に戻ってから、もっと厳しい状況に直面するかもしれない」と心配していた。

    前日、仲井真弘多知事、稲嶺恵一前知事、高嶺善伸県議会議長らとの昼食会席上
    で、「尖閣諸島は間違いなく日本の領土。中華民国の領土とする馬英九政府の主
    張とは違う」と発言した李登輝氏。

    これを受け、本国の欧鴻鍊外交部長は「政府の立場は中華民国の領土。李
    氏の発言は個人的なもの」と否定し、日刊紙聯合報も「現地の歓迎ムードを受け
    ながら、『釣魚台は日本領土』との媚日発言を行った」との誹謗報道を行ってい
    るが、李登輝氏はそのように誤解を受けることは百も承知だろう。

    台湾・中央通訊社によれば、帰国直前に同行したメディア記者らを招いた朝食会
    でも、「日本領土」説を展開している。

    まず同席した駐日代表処(大使館)の幹部に対し、「なぜ尖閣が台湾の領土だと
    言えるのか」と問いただした。「地勢で判断している」との答えが返ってくると
    、「大陸棚の延長を根拠とするなら間違っている。それでは台湾も沖縄もみな中
    国のものになる」。

    民進党時代に游錫堃行政院長が尖閣を宜蘭県頭城鎮の地籍に編入したこと
    については、「まったくばかばかしい。尖閣を日本から移籍したつもりか。勝手
    すぎる」と批判。

    また今年六月、劉兆玄行政院長が、尖閣のために「日本との一戦も惜しまない」
    と発言した件については「他国に開戦する条件は整っているのか」。

    そしてだんだん口調が厳しくなり、「欲しいものは奪う。中国人はみなそうだ。
    しかし世界には法律と言うものがある」と強調した。

    さらに、「日本領土と発言すれば罵られることはわかっているが、そのようなこ
    とはどうでもいい。その人間たちは故意で罵っているのだ」「とくに馬英九だ。
    彼は以前レポートを書き、海底に石油があるなどと言っている。しかしこの問題
    は台湾人が騒ぐことではない。一切は歴史に照らして見るべきだ」

    このような李登輝氏に対して聯合報が書いた「媚日発言」との言葉こそ、「欲し
    いものは奪う」を信条とする在台中国人勢力の「共通認識」を言い表したものだ
    。彼らには歴史事実も国際法も眼中にはない。そこでそうした台湾には百害あっ
    て一利もない、盗人領土観(中華思想)を打破するため、李登輝氏は非難を恐れ
    ず真実を訴えているのだ。

    この日、李登輝氏は麻生太郎新首相の「明るく強い国」との一言に注目する、と
    も述べた。産経新聞は李登輝発言に関し、「あえて『釣魚島の領有権』を主張す
    る馬英九政権とは一線を画し、県域となる沖縄で尖閣問題を持ち出し、同日発足
    した麻生新政権に台湾との連携強化を呼びかけるメッセージを発信した」と分析
    しているが、つまり日台関係強化のためには「強い日本」が必要だと言うことだ

    先日の尖閣沖における台湾遊漁船の衝突・沈没事件で、中国の介入を恐れる日本
    側は謝罪を行い、これを受け馬英九総統は「主権問題を棚上げにし、資源の共有
    を」と訴えてきた、このような盗人根性の台湾政府と事勿れ主義の日本政府は、
    中国の手のひらの上でしか「友好関係」は築けない。

    日経新聞は「馬総統が主権問題を巡って悪化した日台関係の修復に動いているさ
    なかだけに、李氏の発言が台湾で波紋を広げれば事態が複雑化する可能性もある
    」と懸念しているが、これは中国の意を汲んだ報道か。

    今のところ台湾でこの発言はさほど問題にされておらず、那覇空港幹部の懸念は
    杞憂に終わるかも知れない。在台中国人勢力の黙殺、台湾人の無関心のためだろ
    うか。しかし黙殺するのは反論できないからだ。そのことに台湾人はもっと「関
    心」を寄せた方がいい。

    麻生政権もまた李登輝氏のごとく、尖閣問題では「真実」を台湾、そして中国に
    、はっきりと、そして一切の譲歩もなく伝えて行くべきだ。むしろ李登輝氏には
    あのようにして、日本人としてあるべき姿を、身を以って示したのだと思えてな
    らない。昨年の訪日時における靖国神社参拝のように。


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: