台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年9月26日金曜日

    「台湾の声」【李登輝さんへ】訪沖、お疲れさまでした

    【李登輝さんへ】訪沖、お疲れさまでした

    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載


    1>> 李登輝元総統が無事に帰台! 日本政府の入国制限条件を完全突破
    2>> 李登輝学校研修団に勝るとも劣らないご訪沖内容[門田 永稔]

    ————————————————————————————————————
    1>> 李登輝元総統が無事に帰台 日本政府の入国制限条件を完全突破
       尖閣発言も靖国参拝と同様の考え抜かれた上での発言

     9月22日から講演などのために沖縄を訪問されていた李登輝元総統は、昨日昼、
    無事
    に台湾に帰られた。

     本会からも片木裕一次長や冨澤賢公次長、薛格芳理事、伊藤英樹理事、早川友
    久理事
    など約30名が22日から沖縄入りして那覇空港で歓迎、22日には那覇市内で李登輝
    学校日
    本校友会(片木裕一理事長)主催の歓迎会を開催、23日の講演会などに参加の後
    は24日
    の首里城見学などに同行し、最終日の25日に那覇空港でお見送りに臨んだ。

     ご訪沖の模様は逐次、本会ホームページで写真とともにご紹介してきたのでご
    覧いた
    だきたい。

     今回のご訪沖は2000年に総統を退任されてから4度目の訪日となるが、これまで
    日本
    政府は中国政府が李氏の日本訪問について「日中関係を根底から揺るがすことに
    なる」
    とまで言い切って、日本政府にその入国を許可しないよう要求してきたため、暗
    に入国
    を制限する4条件(記者会

    見しない、講演しない、政治家と会わない、東京を訪問
    しな
    い)を設けていた。

     しかし、昨年5月の来日では「政治家と会わない」以外の条件をクリアし、その
    他に
    も、ノービザでの初来日、念願の「奥の細道」散策、靖国神社初参拝、中国政府
    の不干
    渉などを実現された。

     そして今回の沖縄訪問では、24日昼、南西植物楽園で仲井真弘多・沖縄県知事
    と懇談
    し、初めて公の場においての政治家との面会も実現された。

     つまり、平成13年(2001年)にビザの発給を巡ってもめ、中国政府や河野洋平
    外相、
    槇田邦彦・アジア大洋州局長など国内の抵抗勢力が頑強に抵抗して設けた4条件の
    最後
    の条件を見事にクリアし、日本訪問が完全に自由となった点で大変意義の深いご
    訪沖だ
    った。

     さらに、仲井真知事との会談のときには、台湾と中国が領有権を主張する尖閣
    諸島に
    ついて「日本の領土だ」と明白に述べ、領有権や漁業権の問題は存在しないとの
    見方を
    示された。この席には、沖縄県庁関係者以外にも、外務省「モンゴル・中国課」
    で台湾
    班班長だった交流協会の総務部長なども同席していた。

     そのような中での発言だったが、これは昨年の靖国神社参拝の衝撃に通ずる李
    氏なら
    ではの独特のショック療法であり、尖閣問題を政治問題化しようとする台湾の馬
    英九政
    権や中国政府への牽制だったにちがいない。報道の中には「李氏の発言は台湾で
    議論を
    呼びそうだ。中国が反発する可能性もある」などと、その真意を読み違えた記事
    を書い
    ているが、靖国参拝と同様、李氏の思惑どおり台湾も中国もこの尖閣発言には黙
    したま
    まだ。タイミングと影響力を考え抜かれた上での発言だったことがよく分かる。

     このように、今回のご訪沖で入国制限を完全に突破したことと、尖閣問題につ
    いて効
    果的に発言したことの意義は大きい。

     もちろん、どちらかと言えば南方向きの沖縄の地において、明治維新の意義を
    福沢諭
    吉の『学問のすゝめ』から説き起こし、「日本文化の特徴」について講演された
    ことの
    意義も忘れてはなるまい。1,500名も集まった沖縄コンベンション劇場の熱気は、
    今後
    の沖縄と台湾の絆を深めるきっかけとなるだろう。

     このご訪沖により、日本李登輝友の会沖縄県支部の発足も、ご訪沖を歓迎した
    関係者
    や本会会員を中心にかなり早い時期に具体化しそうな勢いだ。

                        (日本李登輝友の会事務局長 柚原
    正敬)
    ————————————————————————————————————
    2>> 李登輝学校研修団に勝るとも劣らないご訪沖内容[門田 永稔]

                         李登輝学校 第三期 第七期 門田
     永稔

     今回の「李登輝元総統沖縄講演ツアー」では、大変お世話になりました。

     無事に終了いたしましたのは、沖縄・台湾のSP、地元「侍」有志の方々の強
    力な警
    備と、送迎を企画・実行された事務局のおかげだと思います。

     1500人が固唾を呑んで聞き入った講演はもとより、歓迎晩餐会・レセプション
    で行わ
    れた予定外の講話も有り、李登輝学校研修団に勝るとも劣らない内容だったと思
    います。

     2回も李登輝元総統と食事の場を共有できましたし、平和祈念公園・首里城・南
    西植物
    楽園等々、李総統に手が届くような距離で参観をすることが出来ました。

     加えて、沖縄の食事は何を食べてもおいしかった。4日間、とても楽しく過ごし
    ました。

     日本・韓国間をしょっちゅう行き来しておりますので、金浦についた韓流おば
    さんが、「ヨン様と同じ空気を吸っているんだわあ」などと騒いでいる姿をよく
    見かけます。

     あのボンクラな姿を見ていると 「 バットで後ろから殴ってやろうか 」とムラ
    ムラ
    とした感情がこみ上げてきたのですが、今は韓流おばさんの気持ちを理解します

     また李登輝総統の御来日が実現することがありましたら、今回のような講演ツ
    アーの
    企画の検討をしてくださるよう、お願い致します。

     4日間、お疲れ様でした。(9月25日)
    ————————————————————————————————————

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: