台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年9月24日水曜日

    「台湾の声」【歓迎!】李登輝さん歓迎メッセージ(2)

    【歓迎!】李登輝さん歓迎メッセージ(2)


    李登輝氏が22日から沖縄を訪問中で、25日まで滞在します。
    そこで歓迎のメッセージを募集します。
    メッセージはここで掲載した後、李登輝氏に送付します。

    メッセージにはお名前をお書き添えください(実名が好ましい)

    台湾の声編集部 taiwannokoe@googlegroups.com


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ■鈴木俊哉(横須賀市)

    李登輝先生の来沖を歓迎いたします。
    その昔、台湾と沖縄は同じ琉球と云われたことがありました。
    文化的にも地理的にも近い所です。
    また、フルーツも共通するものが多いです。
    マンゴーやパイナップル、パパイヤ、ドラゴンフルーツ等々。

    先生の来沖を機会に台湾と沖縄との交流がより盛んになること
    を希求いたします。

    李登輝先生の言動が沖縄の人々に感動と共感を得ることを
    信じて止みません。


    ■今井達雄(兵庫県)

    敬愛的李登輝先生收

    ようこそ沖縄へ。多くの日本人が先生を大歓迎しています。

    どうぞ存分に沖縄を満喫してください。

    李登輝先生萬歳。台湾萬歳。日本萬歳。


    平成20年9月24日(水)


    ■亀島 亮(富山県) 

    李登輝先生の沖縄ご来訪、心より歓迎申し上げます。

    沖縄は地理的・歴史的に近い台湾とは、食生活をはじめと
    した文化が似通っている面がある、と台湾の友人から聞い
    たことがあります。きっとお楽しみいただけることと存じ
    ます。


    ■金光俊典(日本李登輝友の会千葉県支部事務局長)


    李登輝閣下

    ようこそ、日本の沖縄へ。

    沖縄は戦後の複雑な事情から本州以上に自虐史観がはびこっ
    ています。今回の来日講演により開眼した日本人もまた多
    かったのではないかと思います。

    ひめゆりの塔で「政治家はここを見て東京で仕事をすべき
    だ」とのお言葉は「現場主義」と言う今の日本の政治に欠
    けているものであり、日本の政治家全員が心して耳を傾け
    るべきだと思います。

    口ばかりではなく、行動するという実践を身を以って示し
    て頂いた事には誠に感服致す次第です。

    今回はお忙しい旅行であったのもか知れませんが、現在の
    沖縄をご覧になって日本のある側面を感じ取って頂けたと
    思います。

    これからも日台友好の架け橋として益々のご活躍を心より
    祈念申し上げます。


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: