台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年10月29日水曜日

    「台湾の声」【抗議に協力を】長崎県知事問題の最新情勢

    【抗議に協力を】長崎県知事問題の最新情勢


              台湾の声 編集部

    1、知事の周りは追い詰められている

    長崎県の金子原二郎知事が記者会見で「台湾は中国の一地方政府」と発言し、そ
    れを県のホームページに掲載して訂正を拒んでいる問題で、この問題に取り組ん
    でいる台湾研究フォーラムの永山英樹氏によると、県の国際課も秘書課も、知事
    発言は誤りだと認識している様子だそうです。

    だから「もしホームページで、この発言を読んで、台湾は中国のものだと信じて
    しまう子供が一人でもいたら、知事や県はどのように責任を取るのか」と尋ねる
    と、みんな言葉に窮して沈黙してしまうのだそうです。

    ある読者の情報によると、秘書課では「一地方とは地域の意味だ」と答えている
    ようです。日本の政府は台湾を国家と認めていないので、地域と呼んでいますが
    、それでその言葉を使ってごまかそうとしたのです。

    永山氏の話では、国際課も最初はそう言っていたが、そのあとはそれを撤回した
    そうです。しかし秘書課はまだそれをいっているのは、国際課と知事の秘書課は
    連絡を取り合っていないということであるのでしょう。だから国際課に届いた抗
    議の声は、知事に届いていない可能性があります。

    永山氏の話では、金子知事の事務所の人は、この問題を知らなかったそうです。
    自民党の長崎県連も同じだったそうです。しかし、そこで発言の撤回を求めると
    、直接知事にメモを渡してくれるといったのだそうです。

    そこでこの二ヶ所に「台湾は中国の一地方と呼ぶのは間違っている」といって発
    言の撤回を訴えてくれるようお願いいたします。

    金子知事には、「真実を守って誤りを認め撤回するか」、それとも「中国の言い
    なりになって誤りを認めず撤回しないか」の二つしか道がないことを教えましょ
    う。

    以下の二ヶ所に発言撤回の要求をお願いします!

    金子原二郎 事務所

    TEL 095−825−2338

    FAX 095−826−4233

    自民党長崎県連


    TEL 095−822−7382

    FAX 095−823−8122


    2、長崎県で抗議の街宣運動

    11月3日に長崎市内で、「長崎県を中国支配から救出する全国協議会」が抗議の
    街頭演説会を行います。午前に鉄橋(中央橋)、午後に長崎駅前などで行うそう
    です。

    また4日には県庁と中国領事館などでも行います。

    詳しい時間はもうすこしで調整は終わるそうですので、又お伝えします。

    長崎県や近県の方は協力してください。

    問い合わせは台湾の声でも受け付けます。

    (そのまま返信すれば、「台湾の声」に届きます。


    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: