台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年10月23日木曜日

    「台湾の声」【 10 月 25 日・台北】大規模な反中デモ開催

    【 ニュース】10月25日に台北で大規模な反馬・反中デモが開催

    10.23


                   台湾の声

     馬英九政権の過度な対中傾斜と、中国の毒入り食品に対して抗議の意思を示す
    ため、10月25日に台北市内で大規模がデモが行われる。同デモでは、馬政権の無
    能を糾弾し、劉兆玄・行政院長(首相)の辞任を求めると同時に、中国に対して
    台湾政府が強い姿勢を示すよう求める。

     野党の民主進歩党(民進党)および台湾団結連盟(台連)が参加、動員に積極
    的な姿勢を示しており、同デモは馬政権発足後最大の数十万人規模になる見込み
    だ。

     これに先立ち、民進党の蔡英文主席は10月22日に記者会見を開き、25日のデモ
    で馬英九総統(大統領)に対し、

     �総統選挙中に語った「台湾の前途は2300万人民によって決定される」という
    約束はどうなったのか、なぜ選挙後に馬総統はこのような発言をしないのか。
     �台湾は主権独立国家なのか。馬総統はどうして(台湾と中国が)「地区と地
    区の関係」と言ったのか。馬総統は明確な答えを示すべきだ。
     �中国の毒入り食品が台湾に入ってきたことは、中国の検査管理体制の失敗で
    あり、中国政府が責任を負うべきだが、馬政府は中国に対して積極的に賠償を要
    求しようとしていない。本当に台湾国民の利益を考えているのか。
     の3点を問いたいと表明した。

     このほか、民進党は10月21日に台南市内で発生した中国の張銘清・海峡両岸関
    係協会(海協会)副会長の転倒事故に関して声明を発表し、「物理的な衝突や人
    身に危害を加えることには反対である」とした上で、張銘清氏が台湾で「台湾独
    立がなければ戦争もない」などと公然と台湾の民意を挑発する発言を行ってきた
    ことに対し抗議の意を表明した。また、民進党は「平和的、非暴力的に自らの主
    張を訴える権利がある」として、海協会の陳雲林会長が台湾を訪問した際にも平
    和的、非暴力的な抗議活動を行う権利があることを改めて表明した。


    台湾の声:http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: