台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年10月3日金曜日

    「台湾の声」【国籍記載問題】板橋区からの回答について

    【国籍記載問題】板橋区からの回答について

    台湾の声編集部

    東京都板橋区が戸籍、住民票、外国人登録証において「台湾」を「中国」と表記している問題で、同区の戸籍住民課からメールがとどいたので下に掲げます。

    住民票では台湾は「台湾」と表記することとしたそうです。
    これは読者の皆様を中心とする抗議の結果であり、私たちは台湾人として、ご協力いただいた日本人の皆様に心から感謝を申し上げます。

    しかし戸籍や外国人登録証では「法定受託事務であるため、板橋区独自で表記を変更することができない」とし、台湾は「中国」のままです。

    法務省の指示ですから、板橋区が独自に変更できないことは当然です。しかし私たちが求めているのは、板橋区が事務を委託する法務省に、「台湾は中国ではないので、『台湾』に変えろ」と訴え、法務省を動かすことなのです。

    それを行わなければ、事務を受託する者として板橋区は、無責任の謗りを回避することはできないはずです。板橋区は一般人や在日台湾人に、「勝手に法務省と喧嘩しろ」というのでしょうか。

    現実として誤った事務を受託している板橋区に対し、「法務省に訴えろ」と要求してください。

    もし同じメールを受け取った方がいれば、そのような要求を書いて送り返してください。

    要求先

    板橋区戸籍住民課 藤枝課長 *電話が好ましい
    TEL 03−3579−2202
    koseki@city.itabashi.tokyo.jp

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    板橋区からの回答メール

    林 建良様

    林様から貴重なご意見をいただきました。
    台湾の表記につきまして、戸籍事務、外国人登録事務は、法定
    受託事務であるた
    め、全国統一の取扱いがなされています。板橋区独自で表記を
    変更することがで
    きませんので、ご理解くださいますようお願いいたします。
     なお、住民基本台帳に関しましては、区として検討した結果
    、先の東京都の通
    知に基づき、平成20年10月1日から住民基本台帳における
    台湾への転出者の転
    出先及び台湾からの転入者の前住所に関し、本人の届出に台湾
    とある場合は、「台湾」と表記することにいたしました。

    板橋区戸籍住民課 藤枝
    TEL 03−3579−2202
    ==================================
    板橋区戸籍住民課
    koseki@city.itabashi.tokyo.jp


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: