台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年10月22日水曜日

    「台湾の声」【読者反響】長崎県知事に抗議文

    【読者反響】長崎県知事に抗議文

    長崎県知事  金子 原二郎さま

    只今、勃発しているいわゆる「台湾は中国の一地方である」という長崎県の見解
    の問題について抗議いたします。

    台湾は、日本統治時代が終わり、日本軍が撤退した後も、日本が統治する前も、
    過去に一度も中華人民共和国に統治された歴史的事実はありません。
    よくこの問題を抗議すると、サンフランシスコ講和条約で日本は統治権を放棄し
    、中国にその統治権を事実上譲った云々と反論する方がいますが、これは全くも
    って文解力の著しい欠落であると言わざるを得ません。

     日本は中国が台湾を統治する事への了解を迫られた際、戦争に負け統治権を放棄
    した日本の立場では、これに言及しないと言っているのであり、その真意は、放
    棄した日本が統治して良いとか統治してはダメだとか言う立場にはないと謳って
    いるのであり、中国に譲渡するとは言っていないのです。

     では中国と台湾はどう話したか・・・結果は明瞭であります。台湾は、中華民国
    であり中華人民共和国にではないと意思表明しております。
    にも係らず、台湾は中国の一部であるとする中国を長崎県が容認するのならば、
    これは明らかに侵略を肯定している事になりませんか?

    台湾には中国本土から、核搭載可能な短中距離ミサイルが向けられており、常に
    緊迫した軍事情勢であります。

    日本もまた、中国本土より核搭載可能な中距離ミサイルが配備されターゲットに
    なっている現実を、平和都市宣言を行っている被爆長崎県はどう説明するのか?
    納得できるような明確なお答えを頂きたい。

    もし、「納得する説明がなされた場合」積極的に抗議をしている「台湾の声」各
    所に対し、長崎県の見解は間違っていない旨の説明を私がやらせていただきます
    ことをお約束いたします。

    納得することが到底出来ない説明がなされた場合、あらゆる手段を投じて広くこ
    の問題を国民に知らせる行動をとる事もまた、お約束いたします。
               
    民族浄化を現在進行形で行う中国のどの部分を支持するのかもお示し下さい。

                     
    反日極左を許さない市民の会 代表 渡邊隆之


    ***************************************************************************************


    --------------------------------------------------------------------------------
    重要な呼びかけー長崎県を中国の影響下から救え!
    金子知事「台湾は中国の地方政府」発言に断固たる抗議を!

                          台湾の声編集部

    一、長崎県の秘書課長と国際課長が8月26日、台湾の駐福岡弁事処長(領事に
    相当)の表敬訪問(名刺交換)を、「中国との関係に配慮する」との理由で拒否
    し、9月12日には金子原二郎知事がこの件に関して記者会見で、「長崎には中
    国総領事館があるなど、県は中国から格段の扱いを受けており、中国への信義が
    ある」として、台湾への侮辱行為を正当化した。

    一、そしてこの時、金子知事はさらに、「台湾は中国の一地方政府、自治体だ」
    「日本政府もそれを認めている」と、まったく事実に反する発言を行い、しかも
    それを県のホームページにまで掲載しているのである!

    一、金子知事は台湾を「香港特別行政区」や「チベット自治区」と同じだといい
    たいのだ。これはの完全に中国の政治宣伝に従ったもので、台湾人にとっては絶
    対に許容できない大ウソの発言である。

    一、今回の一件は初めてではない。こうした状況を見た許世楷前駐日代表(大使
    )が、「長崎県については、前から困った存在だと思っていた」と述べたように
    、台湾側はこれまで、中国の属国のような長崎県の態度にじっと耐え続けてきた

    一、長崎県は台湾に我慢をさせれば平和が来ると思い込んでいるようだが、しか
    し台湾に我慢させればさせるほど、中国という国は傲慢になり、長崎県への影響
    力を強めるのだ。

    一、このような悪循環を断ち切って、長崎県を救うには、我々台湾人と日本人が
    中国の忠臣に成り下がっている長崎県知事に抗議を行い、その発言を撤回させる
    しかない!

    一、抗議行動にぜひご協力を!これは中国の傀儡勢力を排除するための戦いだ!
    すでに抗議の輪は、全国に広がりつつある。 (転送転載歓迎)

    ※メールマガジン「台湾の声」 登録→http://www.emaga.com/info/3407.html

    --------------------------------------------------------------------------------

    金子原二郎・長崎県知事に「台湾は中国の一地方」発言の撤回要求を!
     *電話が好ましい。
    ■長崎県国際課 (媚中事件担当)
    電話 095−895−2087 
    ファックス 095−827−2487 メール s00740@pref.nagasaki.lg.jp
    ■長崎県秘書課 (知事担当) 
    電話 095−895−2011 mailto:s00720@pref.nagasaki.lg.jp
    ■金子原二郎長崎県知事
    https://www.pref.nagasaki.jp/koho/goiken/goiken_form.php?nshu=2

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: