台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月15日月曜日

    「台湾の声」【ニュース】両岸関係の第3段階は「相互承認」

    【ニュース】両岸関係の第3段階は「相互承認」
    12.15

            「台湾の声」

    行政院大陸委員会の趙建民・副主任委員は先日開かれた「2008両岸交流印象賞」
    の授賞式に出席した際、両岸関係は「相互否定しない」の関係から「相互承認」
    の関係へ発展へ向かうべきだとの考えを発表した。

    趙副主委は、馬英九総統(大統領)の就任以来、過去の両岸関係緊張状態が緩和
    され、両岸協議の合意によって桃園空港から上海まで飛行時間が82分で結ぶよう
    になったほか、中国大陸の学者が訪台した際に大陸委員会の事務所で会って話す
    ことができるようになるなど、両岸関係に進展に成果があったとの見方を強調し
    た。

    趙副主委は、「両岸関係発展の第1段階は互いに承認しない、第2段階は互いに
    否定しないことである」と述べ、馬新政府発足以来、中国大陸当局の公的機関が
    台湾の公的機関職員の役職身分を認めるようになり、馬総統と会うことを希望す
    るなど両岸関係が第2段階に入ったとの認識を示した。その上で、趙副主委は「
    第3段階は相互承認だ」と述べ、台湾が中国(中華人民共和国)を承認し、中国
    が台湾を承認することに期待を示した。

    馬総統は、「中華民国憲法」が「一つの中国憲法」であるため、中華人民共和国
    を承認できないとの立場を再三強調している。馬総統の理屈に基づけば、台湾が
    中華人民共和国を承認するためには、中華民国憲法の領土に関する部分の改正ま
    たは破棄(台湾新憲法制定)が必要となる。


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: