台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月16日火曜日

    「台湾の声」【産経記事】閉じる馬政権、手探りの航海

    【産経記事】閉じる馬政権、手探りの航海 中台「三通」実現も貿易低迷

    2008.12.16 産経新聞

     【高雄=長谷川周人】台湾と中国は15日、1949年の分断後、初めての海運直航便と郵便の直接往来を解禁した。これにより中国が求め続けた「三通」(中台間の直接の通商、通航、通信)が実質的に実現した。対中融和で経済再生を目指す馬英九政権の期待は大きいが、深刻な世界不況下で台湾を取り巻く経済環境は厳しい。三通が実現したとはいえ、景気回復のシナリオは見えず、支持率低迷に苦しむ政権の浮揚に直結するかは不透明だ。

     馬総統はこの日、台湾南部の高雄港で行われた海運直航第1便の出航記念式典に出席し、「『戒急用忍』(性急を戒め忍耐する=李登輝元総統の方針)『有効管理』(経済交流を有効に管理する=陳水扁前総統の方針)は歴史となった」と述べ、対中関係に一定の歯止めをかけた李、陳時代との決別を宣言した。


     中台は11月、台北で開いた民間トップ会談で、空運直行便の拡大や海運直航便の創設など4項目で合意。「主権問題」から香港の管制空域を経由した従来の航空路も撤廃し、中台間を直接結ぶ新たな航路を開設、飛行時間と燃料費の削減を実現した。海運はこれまで香港や日本の石垣島を経由してきたが、直航便の解禁で、輸送コストと輸送時間の圧縮が可能となる。

     海運直航便に開始に伴って開放される港は、台湾側が基隆、高雄、台中、花蓮など11港、中国側は大連、天津、上海、広州、珠海など63港。中国沿岸部の主要港が台湾本島と直結され、今後、台湾海峡を挟んだ「人、物、金」の動きが活発化しそうだ。

     台湾の主力港である高雄のコンテナ取扱量は、年間1000万TEU(20フィートコンテナ換算個数)と世界第8位だが、直航便就航で取扱量は年間100万TEU増が見込まれ、北部の基隆、中部の台中とともに港湾施設の増強が進んでいる。


     だが、台湾の財政部(財務省)によると、11月の香港を含む中国大陸向けの輸出は約56億ドルで、前年同月比38・5%減という過去最大の下げ幅を記録した。

     台湾の経済紙、工商時報によると、好調に推移してきた中国向けは、輸出全体の約3分の1を占めるが、世界的な景気低迷の影響で9月から急減している。品目別では電機部品、プラスチックといった台湾経済の"稼ぎ頭"を直撃しており、財政部では「貿易全体が衰退の危機にひんしている」と警鐘を鳴らす。

    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: