台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月16日火曜日

    「台湾の声」 HP記事訂正のお願いー嘘の上塗りは重大責任問題です!

    【転送転載歓迎】

    HP記事訂正のお願いー嘘の上塗りは貴課の重大責任問題です!


    長崎県広報広聴課御中

                             日本李登輝友の会

    貴課の管理される長崎県の公式HPでの「知事記者会見」のページにある平成20年9月12日(金)の「8.台北駐福岡経済文化弁事処長の表敬訪問への対応について」での金子原二郎知事の発言に重大な事実誤認があります。

    それは次の部分です。

    8.台北駐福岡経済文化弁事処長の表敬訪問への対応について
    http://www.pref.nagasaki.jp/koho/governor/kaiken/20080912/20080912.html#no8

    ここでは「日本国も、中国は一つですということになっているんですよね。ですから、台湾は一地方政府です、自治体ですということになっているんですよ。それは私たちもそれを認めているし、国も認めている」とあります。

    しかし「台湾は中国の一地方政府」とは台湾併合(侵略)を正当化するための中国の政治宣伝に過ぎず、事実ではありません。それを「国も認めている」と言うのも事実ではありません。

    ところがHPではわざわざこの部分に関し、次のような注釈説明を加え、発言を正当化しています。

    「台湾に関する県の認識は、日本政府の見解と相違なく、台湾を『地域』としてとらえ、『国』ではないという趣旨で発言したものです。一般的に『地域』は自治体、地方政府とほぼ同義で使われることが多いことからの表現ですが、ここでの使い方としては誤解を招きかねないものであり、今後十分留意することとします」

    たしかに日本政府が台湾に関して使う「地域」とは「国ではない」と言う意味ですが、断じてHPで書かれているような「自治体・地方政府」の意味ではありません。

    日本政府の見解に従えば、台湾は「中国の一地方政府」ではありません。そのような知事の発言を「政府の見解と相違ない」とするのは、嘘の上塗りに他なりません。

    このような記載を「広報」し、県民、国民の閲覧に供して誤情報の押し付け、しかも修正を拒み続ける広報広聴課の責任は重大です。

    たった一人でも、これを読んで誤った情報を鵜呑みにする人がいれば、責任の取りようもありません。このことをしっかりと認識し、ただちにこの知事の発言を訂正、あるいは削除してください。


    平成20年12月16日

    日本李登輝友の会
    〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
    TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
    E-mail:info@ritouki.jp
    ホームページ:http://www.ritouki.jp/

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    抗議と訂正要求を!

    台湾は「中国の一地方政府」ではない。
    県の公式HPで誤った情報を垂れ流すな!

    ■長崎県広報公聴課
     広報班 TEL:095-895-2023 FAX:095-828-7665
     E-mail:s00730@pref.nagasaki.lg.jp


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: