台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月5日金曜日

    「台湾の声」【論説】中国の恐れる「台湾独立の陰謀」は誰にでもできる!

    本稿は明日から東京で始まる外登証正名の署名活動の協力呼びかけで、ブログ「台湾は日本の生命線!」からの転載です。

    ブログでは署名活動で使われる横断幕などの写真も見ることができます。
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-583.html

    —————————————————————————

    【論説】中国の恐れる「台湾独立の陰謀」は誰にでもできる!

              永山英樹

    ■各国が「台湾独立」に反対する滑稽なカラクリ 

    日本ではよく誤解されるのだが、台湾独立と言うのは中華人民共和国からの独立ではなく、中華民国体制からの独立である。簡単に言えば「チャイナ体制」から脱却し、台湾国を作ると言うものだが、中華人民共和国は、中華民国はすでに存在しないとの建前に徹しているから、「中華人民共和国からの独立」だとして反対している。しかしこの国は、台湾を領有したことなどない。台湾はもともと中国からは独立した存在なのだ。

    ところが中国がこうしたおかしな主張をあまりにも強く展開するので、各国はすっかり台湾は中国領だと誤解している。あるいは中国の強硬姿勢に怖気づき、誤解する振りをする。

    そしてそうした状況が、台湾独立の最大の障害になっている。たとえば台湾人が台湾国を建国しようとするなら、米国も日本も「中国を刺激し、緊張を高める」として反対の圧力をかけるはずだ。実際に台湾が主権国家として国連加盟の申請を行い、あるいは加盟の可否をめぐる国民投票を実施しようとしただけで、米国は猛反発した。そして台湾人の自決権がここまで侵害されていると言うのに、これを問題視する国際世論すら存在しないかに見える。

    ■外登証問題ー中国の宣伝戦に屈した法務省の信じがたい措置

    これでは台湾は中国の併呑を待つだけだが、地政学的に見れば、それで台湾の次に危機に陥るのが日本だ。そのため日本は台湾併呑に反対せざるを得ない運命だと、中国は見ている。そしてそれを阻止するため、「台湾は中国の神聖不可侵の一領土。手を差し伸べるな」と、長年にわたって日本に圧力をかけてきた。かくして政府やマスコミは「台湾は中国の一部」だと「誤解する振り」をし、台湾と接触することを極端なまでに避けるに至った。そしてその結果、国民もまた「台湾は中国の一部」だと誤解するようになった。

    さて、その「誤解する振り」の政策だが、その象徴的な一つが、外国人登録上で法務省入国管理局が行っている、在日台湾人への「中国」国籍の押し付けだ。一般国民の目に届かないところで、とんでもないことをやってきたのだ。

    在日台湾人に携帯が義務付けられている外国人登録証を見てみよう。その国籍欄には「台湾」とはない。はっきりと「中国」の二文字が刻み込まれている。彼らの自動車免許証も同様である。

    このように台湾人は日本で生活するに際し、法的には中華人民共和国の国民とされているのだが、法務省は「従来そのようにやってきた」と言うだけで、決してそれを改めようとはしない。明らかな誤りであるのも関わらず…。

    外国人の身分を明白にすることを目的とした外国人登録で、あえてこのような信じがたい措置を採っている法務省入国管理局。そこで我々は法務大臣に対し、「中国」を「台湾」に修正するよう要求する署名運動を行うことになった。

    ■「台湾は中国の一部」の宣伝への反撃宣伝活動

    そしてそれを通じて問題改善を達成する一方、政府が国家主権を放棄して中国の宣伝の言いなりなっている実態を白日の下にさらすと同時に、「台湾は台湾人の国であって、断じて中国の一部ではない」と言うことを広く認識させ、中国の台湾併呑と言う侵略行為に反対する世論を形成し、日本に牽制、抑制、対抗する力をもたらしたいと考えている。

    かつて日本は台湾人の独立運動の重要な策源地の一つだった。また七年前、この日本での外国人登録修正要求運動が起爆剤となり、台湾本国で「台湾正名運動」と言う国民運動が開始されたとの経緯もある。そこで日本人自身も、これからは台湾人に呼応するのだ。

    繰り返すが中国は「日本は台湾併呑に反対せざるを得ない」と見ている。そのため台湾の独立運動勢力と日本人勢力との「結託」は必然であると警戒していることは、あの国がこれまで何度も言ってきていることである。「台湾独立は日本軍国主義の陰謀」だと。

    「日本軍国主義」とは「昔のように中国を怖がらない日本」と言った程度の意味として受け取ればいい。だから中国の「期待」に応え、「台湾独立の陰謀」を展開するのだ。真実を訴え「台湾は中国の一部だ」との中国の宣伝を打ち破るのである。台湾のため、日本のために。
    *********************************************

    12・6 台湾正名・街頭署名活動にご協力を!
    ■日 時:12月6日(土)午後1時30分〜4時30分
    ■場 所:JR「新宿駅」西口前
    ■主 催:日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム、メールマガジン「台湾の声」
    ■問合せ:TEL: 03-5211-8838 (日本李登輝友の会)
    ■当日連絡先:090−4138−6397 永山
    ※事情により場所に若干の変動があるかも知れません。その際はご連絡を。

    【署名協力のお願い】
     法務省入国管理局は外国人登録において、在日台湾人の国籍を在日中国人と同様に「中国」としています。そこで「中国」を「台湾」に修正することを求めます。
    *ご協力いただける方は、署名用紙を日本李登輝友の会のホームページからダウンロードできます。ご要望があればお送りすることもできますので、詳しくは日本李登輝友の会「台湾正名推進本部」までお問い合せください。
    *署名取りまとめ後は、法務大臣に届けます。

    [署名取りまとめ] 日本李登輝友の会・台湾正名推進本部
    〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
    TEL: 03-5211-8838  E-mail:info@ritouki.jp 
    HP:http://www.ritouki.jp/

    【署名用紙とオンライン署名】
    「オンライン署名」も設置いたしました。
    外登証修正署名URL:http://www.shomei.tv/project-431.html

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: