台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2008年12月23日火曜日

    「台湾の声」【論説】反中運動の新方向

    【論説】反中運動の新方向—台湾万歳、ウイグル万歳で来年の健闘を誓う

            永山英樹

    ブログcでは関連写真も↓
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-591.html

    我々台湾研究フォーラムは台湾支持を訴える活動を展開しているが、毎年行われ
    る忘年会では台湾独立運動の先輩方をお招きし、講話をお願いすることになって
    いる。しかし先日行った今年度の忘年会では、ゲストとしてウイグル人の志士、
    イリハム・マハムティ氏をお呼びし、スピーチをお願いした。

    会員にはチベット、南モンゴル、そして東トルキスタン(ウイグル)の諸民族を
    支援する活動に参加している人も多く、すでにイリハム氏とも交流があるが、今
    回の「狙い」は、台湾応援の活動とウイグルの民族運動との連帯の契機を求める
    ことにあった。

    そもそも台湾が建国できないのは中国の圧力があるからだ。西のチベット、ウイ
    グルを制覇し終えた現在、いよいよ膨張の矛先を台湾に向けているためだ。もち
    ろん攻略目標は台湾だけでない。台湾を橋頭堡にして日本を含む東亜、西太平洋
    を勢力下に置き、中国を中心とした東亜新秩序(パックス・シニカ)を建設しよ
    うとしているわけだ。

    そのためこの膨張主義に対する日本と台湾のとるべき戦略は、中国の弱体化以外
    にない。そしてその中国のアキレス腱の一つが、チベット、ウイグルである。し
    たがって日台が行うべきものは、自ずとそれら諸民族との連帯となろう。

    いまだ中国に併呑されていない日台が、チベット、ウイグル、そして南モンゴル
    の自由と人権を擁護せよと、中国に圧力をかける、あるいは国際社会に訴える必
    要があるのだ。

    そうしたことを訴える運動を来年強化して行こうと言うわけで、イリハム氏に「
    ぜひとも」とお願いしたわけだが、本人もとても喜んでくれた。そして苦境に陥
    る故国のための烈々たる述志で大きな拍手を受けていた。

    忘年会では恒例として参加者一人ひとりが来年に向けての抱負を語ることになっ
    ているのだが、この日は「三民族支援を」との力強い声が多く聞かれ、頼もしい
    限りだった。

    そして閉会に際しては、やはり恒例の「台湾万歳」(発声は日本人)、「聖寿万
    歳」(台湾人)が行われたのだが、今回は「東トルキスタン万歳」も加わった。
    発声は吉田浩一郎都議会議員だったと思う。同都議は三民族や台湾支援に熱心な
    人だが、このような政治家が日本には必要なのだ。

    その後、「南モンゴル万歳」「チベット万歳」の声も自然発生的に轟いた。会員
    の年齢はさまざまだが、みんなやる気満々で楽しそうだった。

    自由、人権、民族自決。今後は中国の一党独裁体制への脅威となり得るこれら理
    念を把持して運動を進めたいと思うし、またそれを「やろう」と全国、そして台
    湾に訴えたい。

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)


    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: