台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2007年10月13日土曜日

    「台湾の声」【読者反響】町村氏の見識を疑わざるを得ない

    【読者反響】町村氏の見識を疑わざるを得ない

    台湾の声 様

    いつもお世話になっております。 この度の官房長官コメント、 自分も、酷く腹が立ちましたので、 さきほど、抗議文を町村事務所に送りました。 以下内容です。

    心有る日本の皆さんも是非声を上げて欲しいです。

    今後ともよろしくお願いします.

    福島県在住 藤田

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ー 町村 官房長官殿

    拝啓 官房長官におかれましては、 日々、日本国の為に ご活躍いただき、嬉しく存じます。 また、内閣のスポークスマンとして、 立派に職責を果たされ、喜ばしく思います。

    さて、この度の 台湾軍事パレードにおけるコメントですが、 貴方様の見識を疑わざるを得ませんし、 まったく、国益を損なう内容に愕然としました。 いったい、このコメントは何処に向かってなされたものでしょうか? 日本国内ですか? 台湾でしょうか? 中国ですか?

    このコメントの持つ意味、そして反響を お考えになったでしょうか?

    東アジアの平和を脅かす軍拡をしている国は,何処ですか? 台湾のみならず、日本にもミサイルを向けているのは何処ですか?

    日本の国会議員として、 知らないとしたら、失格です。 議員は、辞めた方が良いです。

    自分は,今回のコメントは、 台湾併呑を目論む中国に加担するコメントと受け取りました。 日本は,中国の台湾併呑二協力する。と。

    中国のご機嫌を取ることが、そのまま自分の首を絞めることになる ことに気付いていないのでしょうか?

    台湾併呑の次は,尖閣諸島や沖縄ですし、西太平洋の覇権確保ですよ。 こんなこと言わずもがなでしょう。。。 これは、日本が永久に中国の属国に成り下がることを意味します。 その加担をするのが、今回のコメントなのです。 よくよく考えて下さい。

    貴方様のコメントが、 我々の可愛い子や孫に 中国属国の十字架を背負わせることになるかもしれないのですよ。

    長々の乱文をお許しください。 貴方様が,誇り高い日本男児として毅然たる態度を取られることを願い ます。

    敬具

    福島県在住 藤田

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    参考

    【読者便り】町村信孝官房長官の不当発言に抗議

    大阪在住 20歳 学生 �田國雄

    台湾軍事パレード、好ましくない=町村官房長官 10月10日19時1分配信 時事通信

    町村信孝官房長官は10日午後の記者会見で、台湾で開催された辛亥革命を記念す る大会で軍事パレードが行われたことについて「(中国と台湾の)両当事者が平 和的な話し合いの中で(台湾問題を)解決してもらいたい。軍事的な緊張感を高 めるような行動は、事態解決の役に立たない」と述べ、好ましくないとの考えを 示した。  =====================================================================================================

    このことに対して、私はとても腹が立ちましたので、町村氏に対し以下の抗議メ ールを送りました。 この発言ではまるで台湾が東アジアの平和を乱す行為をしているかのようで非常 に腹立たしく思いました。 これは中国政府の発言ではなく、日本の官房長官の発言です。

    この発言は日本政府の要人としては極めて不適切で、台湾を侮辱するものです。

    台湾の皆さんに対して申し訳ない限りです。

    つきましては、台湾を応援する日本人の皆様にも抗議していただきたく、 こちらにて抗議の呼びかけをしていただけないかと思いメールさせていただきま した。

    宜しくお願いいたします。

    町村氏のメールアドレス info@machimura.net =====================================================================================================

    10月10日 時事通信(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071010-00000125-jij-pol) の報道によりますと

    町村信孝官房長官は「(中国と台湾の)両当事者が平和的な話し合いの中で(台 湾問題を)解決してもらいたい。 軍事的な緊張感を高めるような行動は、事態解決の役に立たない」というご発言 をされたそうなのですが、 この発言に対する町村氏の真意を知りたく、僭越ながらこのようなメールを差し 上げさせていただきました。

    「軍事的な緊張感を高めるような行動は、事態解決の役に立たない」とあります が、 常に軍事的な緊張を高めるような行為をしているのは中国政府の方ではありませ んか。

    台湾政府はこれまで一度たりとも中国に対する軍事的威嚇行為を行っていません 。 しかし、中国政府は1996年台湾初の大統領選挙の際軍事演習を行うだけでなく台 湾周辺海域にミサイル打ち込みました。 このことから明らかに中国は台湾に対して町村氏の仰るような「両当事者が平和 的な話し合いの中で解決」 という意思がございません。

    然るに、台湾は常に中国政府からの軍事的脅威を受けていることは明らかであり 、そのことに対して軍事的手段を以って対抗するという意思表示はなんら不思議 のないことであり、当然の行為であります。

    しかしながら、町村氏の発言はこういった状況を全く鑑みず、ただ単に中国政府 の立場を代弁しているに過ぎないとしか思えない。

    日本政府の要人が中国政府の立場を代弁する事にどのような理由があるのでしょ うか。

    台湾の状況を全く鑑みず、中国政府の主張のみに耳を傾けるのは我が国の安全保 障、国益に背くことではありませんか。

    そのような、国益に反する行為をとる人間が官房長官の地位に於いて国政を担う ことは極めて遺憾でございます。

    はっきり申し上げさせていただきますが、このような発言は到底我が国の官房長 官のご発言だとは思えません。 私がこの記事を目にした時、一瞬中国政府の声明かと勘違いしたくらいです。

    なぜ、どのような意図でこのような発言をしたのか。その真意をお聞かせ下さい 。

    猶、私はこの発言に対し在日台湾人の団体に問題提起をするつもりであります。

    ご発言の撤回を心より願っております。

    大阪在住 20歳 学生。

    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    0 件のコメント: