台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2007年10月14日日曜日

    「台湾の声」【台湾の旅】 (75) 台南県その3

    台湾の旅—この国をもっと知るために(75) TAILAM 台南県その3 (文/西江智彦)

    Eng-khong,Sin-chhi,Sin-hoa,Jin-tek,Kui-jin,Koan-bio,Leng-kia 永康、新市、新化、仁徳、歸仁、關廟、龍崎

    台南県最大の町・永康

     永康(Eng-khong/イェンコン)市は新市郷の南、新化鎮の西、帰仁郷、 仁徳郷の北、台南市東区、北区の西にある。県政府所在地ではないが、台 南市に接しているため、永康市は人口約20万と台南県最大の都市となって いる。台鉄西部幹線が走り、永康駅がある。永康駅は台南駅の隣のため特 急の自強号は通過し、普通電車のみが停車する。  道路は中山高速道路が南北に走り、台1線(中正路)と交わる地点に永 康ICがある。台1線は新市郷から永康市を通って台南市を結び、台20線 (中山路)は新化鎮から永康市を経由して台南市を結んでいる。  永康はもともと埔姜頭(Pou-kiuN-thau/ポォーキウタウ)と呼ばれてい たところで、鄭氏時代に永康里(Eng-khong-li/イェンコンリー)が置かれ ていたことから、1920(大正9)年の地名改正で永康となった。  塩水渓(Kiam-chui-khe/キャムツイケー)の東側にある鄭成功墓地記念 碑は、もともと鄭成功の墓地があったところ。鄭成功は明国の復活をめざ して、台湾(特に台南地方)を拠点にして清国に対抗していた。1661年に 鄭氏が35歳の若さで亡くなると、この地に墓地が造られた。後に鄭氏の勢 力が弱くなり、台湾が清国に占領されると、清国は台湾人に鄭成功を偲ば せないようにするため、お墓を福建省に移した。  市南部の復興路(Hok-heng-lou/ホクヒェンロォー)には永康栄民医院が ある。台南市東区や北区と接する市南部は康福新村、湯山新村、精忠二村、 精忠九村、影劇三村、慈光九村など眷村が集まっており、中華民国政府と ともに台湾へやってきた華人(外省人)が多く住んでいる。

    シラヤ新港社と台南サイエンスパーク・新市

     新市(Shin-chhi/シンチー)郷は安定郷の東、善化鎮の南、山上郷の西、 新化郷、永康市の北にある。台鉄西部幹線が走り、新市がある。新市駅は 急行はほとんど通過し、昼間は普通電車のみ停車する。  道路は郷西部に中山高速道路、郷東部にフォルモサ高速道路が通り、東 西に両高速を結ぶ台南支線高速道路(8号線)があり、郷内に台南JCT、 新市IC、新化JCTがある。台南JCTは中山高速と、新化JCTはフォエウモサ 高速と連絡する。幹線道路は台1線が善化鎮から新市郷を経由して永康市 へ抜けているほか、台19甲線が善化鎮から新市郷で台1線と交差して新化 鎮へ抜けている。  新市はもともとシラヤ族チャカム社(新港社/Sin-kang-sia)が1636年に オランダ人の教化を受け、プロヴィンシア城(赤嵌楼)を建てるときに移 転した村で、オランダ人によって教会や学校が建てられていた。シラヤ族 の新港社のあった大社(Toa-sia/トアシア)には、歴史文化を展示する大 社地方文化館がある。  新市郷では高速道路の便を生かして工業都市として近年開発が進み、人 口も増えてきている。邱永漢工業区があるほか、郷北部には台湾新幹線の 周りに善化鎮にまたがって開発が進んでいる台南科学園区(台南サイエン スパーク)がある。台南サイエンスパークと台1線道路を結ぶ50m幅の道 路は台南の先住民シラヤ族からとった西拉雅大道(シラヤ大通り)と名づ けられ ている。

     また、中山高速道路の東側には台糖看西農場や、台糖大洲農場が広がっ ている。このほか、大社の張氏農場ではコーヒー豆が栽培されている。

    古い街並みと虎頭[土卑]・新化(タヴォカン)

     新化(Sin-hoa/シンホア)鎮は新市郷、山上郷の南、左鎮郷の西、龍崎 郷、関廟郷の北、永康市の東に位置する。フォルモサ高速道路が南北に走 っているが、鎮内にはインターチェンジはない。また、台南支線高速道路 (8号線)の新化端ICがあり、ここから新市郷のフォルモサ高速新化ICと 中山高速道路台南JCTを結んでいる。幹線道路は、台19甲線が新市郷から新 化郷を経由して関廟郷へ抜けているほか、台20線が永康市から新化郷を経 由して山上郷や左鎮郷を結んでいる。  新化はもともとシラヤ族のタヴォカン社があったところで、オランダ時 代にはTavokangと表記されていた。1600年代にオランダ人によってシラヤ 族が教化され、鄭氏時代には新化里(Sin-hoa-li/シンホアリー)が置か れた。清国時代には大目降(Toa-bak-kang/トアバッカン)と呼ばれ、日本 時代の1920(大正9)年の地名改正で、新化と改称された。  鎮中心部には古い街並みが残る新化老街(Sin-hoa-lau-ke/シンホアラウ ケー)があるほか、観光スポットは鎮東部に集まっている。虎頭[土卑] (Hou-thau-pi/ホォータウピー)周辺には虎頭[土卑]青年活動センターや 忠烈祠、新化ゴルフ場、新化林場、新化農業改良場、新化動物遊楽ワール ドなどがある。左鎮郷との境には九層嶺(Kau-chan-nia/カウツァンニア) 花園遊楽区がある。

    保安駅と奇美博物館・仁徳

     仁徳(Jin-tek/ジンティェク)郷は永康市の南、帰仁郷の西、高雄県路 竹郷、湖内郷の北、台南市南区の東にある。台鉄西部幹線の保安(Po-an/ ポーアン)駅と中洲(Tiong-chiu/テョンチウ)駅があるが、通勤電車のみ 停車する。保安駅は日本時代に建てられた木造駅舎がいまも使われている。 保安〜永康間のキップは「永保安康」に通じ人気がある。  道路は中山高速道路が南北に通じ、台南ICと仁徳JCT、仁徳SAがある。仁 徳JCTでは県南部を東西に走る台南関廟快速道路と連絡し、郷西部の台1線 と関廟郷の第二高速道路の関廟JCTを結んでいる。台1線は台南市から仁徳 郷を経由して高雄県湖内郷へ抜けている。仁徳郷の市街地は台南ICの東側 に広がっている。  保安駅の南東には保安工業区があり、ABS樹脂や液晶パネルなどで発展を 続ける奇美(Ki-bi/キービー)グループの工場がある。また、奇美グルー プの創設者である許文龍(Khou Bun-liong/コォー・ブンリョン)氏の剣、 楽器、絵画など芸術品コレクションを集めた奇美博物館があり、観光客に 公開されている。  台湾高鉄(新幹線)の高鉄台南(Tai-lam/タイラム)駅は東隣の帰仁郷 にあるが、そのアクセス鉄道が、保安駅の南から建設される計画があり、 これが完成すれば高鉄台南駅〜台鉄台南駅が電車で15分程度で結ばれる。

    高鉄台南駅と長栄大学がある・歸仁

     帰仁(Kui-jin/クイジン)郷は仁徳郷の東、永康市の南、関廟郷の西、 高雄県阿蓮郷の北にある。台湾高鉄(台湾新幹線)の台南駅が郷内の沙崙 (Soa-lun/ソアルン)地区にあり、台南市内から高鉄台南駅までのアクセ スは、バスで約40分を要するが、将来は高鉄台南駅から台鉄保安駅までア クセス鉄道が建設され、台南市の台南駅まで約15分で結ぶ。  道路は高鉄台南駅の北側を台南関廟快速道路(台86線)が走り、仁徳郷 から帰仁郷を経由して関廟郷を結んでいる。また県道182号線が郷北部の市 街地を通り、関廟郷から帰仁郷を経由して仁徳郷、台南市を結んでいる。  帰仁は鄭氏時代に既に開かれ、帰仁里(Kui-jin-li/クイジンリー)が置 かれていた。郷南部には長栄大学(Tiong-eng-tai-hak/テョンイェンタイ ハク)や台糖沙崙農場がある。郷東部には台南畜牧場もある。郷北部には 世界蛇王教育農場があり、珍しいヘビが観賞できる。

    パイナップルと関帝廟・関廟

     関廟(Koan-bio/コワンビオ)郷は帰仁郷の東、新化鎮の南、龍崎郷の西、 高雄県田寮郷、阿蓮郷の北にある。フォルモサ高速道路が南北に走り、関 廟JCTで台南関廟快速道路(台86線)とつながっている。台19甲線は郷を南 北に走り、新化鎮から関廟郷の市街地を経由して高雄県阿蓮(A-lian/アレ ン)郷に抜けている。  関廟は1920(大正9)年まで関帝廟(Koan-te-bio/コワンテービオ)と 呼ばれ、その名の通り関羽を祭った関廟山西宮がある。清の時代に泉州人 と[シ章]州人の争いがあり、関帝廟の集落には[シ章]州(Chiang-chiu/ チャンチウ)系が多い。  関廟はパイナップル(鳳梨/ong-lai/オンライ)栽培が盛んで、また地鶏 も有名。龍崎郷に近い郷東に千佛山菩提寺があり、郷南部には南一ゴルフ 場もある。

    崎頂と龍船・龍崎

     龍崎(Leng-kia/リェンキア)郷は関廟郷の東、新化鎮の南、左鎮郷、高 雄県内門郷の西、高雄県田寮郷の北にある。フォルモサ高速道路が郷東部 を走っていて、関廟サービスエリアがあるが、インターチェンジはない。 龍崎郷は全体的に山がちで、龍船(Leng-chun/リェンツン)村と崎頂( Kia-teng/キアティェン)村の頭文字をとって、1920(大正9)年に龍崎 (Leng-kia/リェンキア)と呼ばれるようになった。  龍崎の町は小さいが、郷公所から西5キロほどのところに関廟の市街地 がある。郷内を東西に走る182線を東に山を越えると高雄県内門(Lai-mng /ライムン)郷へ抜けられる。

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html 『日本之声』http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe

    0 件のコメント: