台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年8月10日日曜日

    「台湾の声」【なぜ台湾は親日なのか?】『李登輝より日本へ贈る言葉』

    【なぜ台湾は親日なのか?】『李登輝より日本へ 贈る言葉』


    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」 より転載

    なぜ台湾は親日なのか?『李登輝より日本へ 贈る言葉』 吉村 伸一(ウェッジ前書籍部長)

     6月に出版された李登輝元総統の新刊『李登輝より日本へ 贈る言葉』が好評のようで、すでに版
    元のウェッジには初版の在庫がなくなり重版中だそうです。

     本書を担当したウェッジの吉村伸一・書籍部長は、ウェッジ顧問をつとめる立林昭彦・「歴史
    通」編集長と一昨年3月から何度も台湾に足を運び、李元総統から直接お話しを聞くなどして本書
    をまとめたと言い、その思い入れはひとしお深いようです。

     その吉村氏が産経新聞に本書紹介の一文を寄せられているので下記にご紹介します。

     ちなみに、吉村氏は祖父が台湾総督府の官僚で、父が台湾生まれの湾生だそうで、『麗しの島で
    ─十四歳予科練少年飛行兵の台湾青春記』(2004年)という著作もあり、よく台湾のことをご存じ
    の方です。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    なぜ台湾は親日なのか? 李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』
    ウェッジ 前書籍部長 吉村伸一
    【産経新聞:平成26(2014)年7月12日「書評」欄】

     日本人以上に日本を知悉(ちしつ)する台湾の李登輝元総統に、いつかご執筆願いたいと思って
    いた私に、その想(おも)いを強くさせたのはあの大震災でした。

     現代のわれわれ日本人は、今現在、国際社会において自らに直接関係する出来事の背景を、特に
    歴史的なそれをほとんど知らずに生きています。未曽有の災害をもたらした東日本大震災。多くの
    国々が援助の手を差し伸べてくれた中で、突出した200億円とも220億円ともいわれる多額の義捐
    (ぎえん)金を寄せてくれたのが台湾でした。

     なぜ台湾があれほどまでに絶大な支援の手を差しのべてくれたのか? 「台湾は親日だから」と
    いう漠然とした認識しかない私たち。ではなぜ台湾は親日なのか? 同じく日本の統治下にあった
    韓国となぜこんなにも違うのか? 明確に答えられる日本人が今どれほどいるでしょうか。

     かつて、1949年から38年もの間、戒厳令が布(し)かれていた台湾。終戦で日本統治時代が終わ
    り、その後長く暗い時代が続いた台湾の民主化、近代化に奔走したその人は、自らを「二十二歳ま
    で日本人だった」と明言し、「私は純粋培養された日本人なのだ」とも語っています。

     彼の名は李登輝元台湾総統。今もなお、官民問わず日本の多くの人々に慕われ、台湾のみならず
    日本にとっても偉大な存在であり続ける御歳(おんとし)91歳。「なぜ台湾は親日なのか?」。本
    書をご一読すれば、日本を勇気づける珠玉の言葉を通じて、その理由が必ずや深くご理解いただけ
    るはずです。(ウェッジ・本体2400円+税)

    ————————————————————————————————————————
    2>> 李登輝元総統著『李登輝より日本へ 贈る言葉』好評頒布中!

     私は今年1月で91歳を迎えました。一昨年の11月に受けた大腸癌手術に続き、昨年7月には首の動
    脈にステントを入れました。いよいよ自分に残された時間を意識しなければならなくなったと感じ
    る次第です。

     この本には、純粋な日本教育を22歳まで受けて育った元日本人ともいうべき李登輝の精神世界を
    ひも解くと同時に、私という人間がいかにして形成されたのか、日本精神や武士道といった日本が
    世界に誇るべき素晴らしい財産に対する評価、我が祖国台湾の現状と未来、長らく「片思い」が続
    いた日台関係、国家の行く末を左右する指導者の条件や修練など、日頃から考えていることの集大
    成と言えるものを盛り込んだつもりです。 (「はじめに」より)

    【(株)ウェッジ  発売:2014年6月  定価:2,592円  A5判・上製・272頁】

    第1章:再生する日本 第2章:李登輝の台湾革命 第3章:中国の歴史と「二つの中国」
    第4章:尖閣と日台中 第5章:指導者の条件 第6章:「武士道」と「奥の細道」
    第7章:これからの世界と日本

    -----------------------------------------------------------------------------------------

    ◆頒 価:会員:2,370円(税込)  一般:2,480円(税込)  会場:2,300円(税込)

          *送料:1冊=350円 2冊以上=実費(日本国内のみ)
          *入会希望の方も会員価格。

    ◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて

          https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
          https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

    ◆申込先:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
     E-mail:info@ritouki.jp HP:http://www.ritouki.jp/

    ◆支払い:代金後払い  *本と一緒に請求書を送付します。

    -----------------------------------------------------------------------------------------

    李登輝著『李登輝より日本へ 贈る言葉』お申し込み書

    ・注文数:   冊

    ・振込先: 郵便振替 ・ ゆうちょ銀行 ・ 銀行 (いずれかを〇で囲んで下さい)

    ・会 籍: 会員 ・ 一般 ・ 入会希望 (いずれかを〇で囲んで下さい)

    ・ご氏名:

    ・ご住所: 〒

    ・電話:

    ・E-mail :









    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: