台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年8月11日月曜日

    「台湾の声」『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』第3章

    『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社)


    第3章 三島由紀夫が死を賭して問うたもの



    元ニューヨーク・タイムス東京支局長 ヘンリー・ストークス


    第2章に引き続き、第3章をお送りします。

    ストークス氏が「ロンドン・タイムズ」紙の東京支局長なった1968年に、当時世界的に最も話題性に富んだ日本人である三島由紀夫の自宅に電話を入れ、インタビューの申し込みをした時から付き合いが始まり、三島の最も良き理解者となって行く。市谷事件後、"The Life and Death of Yukio Mishima2 を、アメリカの一流出版社から刊行するまでになる。(日本語訳版は『三島由紀夫 死と真実』(ダイヤモンド社)から出版。)

    第3章日本語全文はこちら:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS03.pdf

    (第1章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS01.pdf
     第2章:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSS02.pdf )

     英訳文は、下記の通り発信しました。

    平成26年8月8日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

    Falsehoods of the Allied Nations' Victorious Views of History,
    as Seen by a British Journalist
    Chapter Three: What did Yukio Mishima want through his death?
    By Henry S. Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times
    We now present Chapter Three.
    Mr. Stokes became Tokyo Bureau chief of The Times of London in 1968. He represented the world's most prestigious daily newspaper in Japan. He thought of interviewing the then-most famous man in Japan, Yukio Mishima and phoned him at his residence in Magome.
    Thereafter, he became quite familiar with Mishima to the extent that he later wrote "The Life and Death of Yukio Mishima" (Farrar, Straus and Giroux Inc., New York) in1974 after Mishima committed suicide at Japanese Self Defense Force HQ at Ichigaya on November 25, 1970.

    Chapter 3: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/116_S4.pdf
    Chapter 1: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S4.pdf
    Chapter 2: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/115_S4.pdf
    Author profile:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/114_S3.pdf

    Questions are welcome.

    Sincerely,

    MOTEKI Hiromichi, Secretary General
    for KASE Hideaki, Chairman
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Phone: 03-3519-4366
    Fax: 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com
    Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.


    0 件のコメント: