台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年8月10日日曜日

    「台湾の声」【超拡散希望】《朝日新聞からの抗議文》

    【超拡散希望】《朝日新聞からの抗議文》


                         水間政憲


    ■朝日新聞の抗議書は、8月5日朝刊38面に掲載されたものと、ほとんど同じです。最後の「申し入れへの対応について、本書面受領後1週間以内に当職まで文書でご回答下さい。誠意あるご回答がない場合は、法的措置も検討いたします」となっておりました。


    朝日新聞は、吉田清治の嘘がバレても取消すまで20年以上ほったらかし、朝日の慰安婦強制連行報道の二大看板だった金学順が、母親によって妓生学校に40円で売られ、妓生学校の経営者だった義父に中国で売春婦(慰安婦)として仕事をさせられた事実を、報道しなかったのは吉田清治の嘘と金学順の強制連行の嘘がバレると、20年前に5日の「訂正・取り消し記事」と同じような検証記事を、掲載せざるを得なくなるため、妓生学校は売春と関係ないと開き直る以外なかったのではあるまいか。何故、20数年も金学順が妓生学校に売られていたことを朝日新聞は、ほったらかしにしていたのでしょう。植村・元記者一人の責任ではないのだよ。


    今回程度の朝日新聞の検証であれば、小生に依頼して戴ければ、20数年どころか数ヶ月でできる内容です。


    朝鮮版朝日新聞の記事で「一牌」以外は「売春婦」だったことを記載していたが、実際、当時の妓生は、贔屓にしているお客とは「短期・中期の仮妾」のような暗黙の契約があったのであり、京都の舞妓のような歌舞で成り立つ形態とはまったく違うのです。それを「妓生と遊郭で働く遊女とは区別されていた」と、朝日新聞は検証の中で述べているが、それは「日韓併合」以前の李氏朝鮮時代の妓生を示しており、これは朝日新聞の「空想史観」にしか過ぎません。


    妓生学校の生徒の多くは、戦場慰安婦になっていたことは、小生が様々な資料から判断した帰結であり、朝日新聞の記者レベルでは理解できないことが「歪曲」と思ったのでしょう。

    実際、朝日新聞は、慰安婦問題に関して虚偽報道を認めたことで、慰安婦問題に関して「名誉毀損」などと叫ぶ権利など無いのです。それが現実なのです。ここに来てもまだ朝日新聞は、「読者の疑問に答えます」との検証記事を掲載しただけで、公器としての社会的責任を認識していない。岡本順広報部長は、sapio編集人・発行人と小生に抗議文を出す前に、国内外への「謝罪記者会見を実施します」との声明を出すことが先なのです。


    朝日新聞の今回の検証の中に明らかな間違いがあり、それを前提に「歪曲」などとの抗議を、公器である新聞に掲載したことは、言論弾圧と誹謗中傷にあたり、名誉毀損で法的措置も可能ですが、小生は、常に国家国民の名誉と誇りを守ることを最優先にしていますので、また朝日新聞が20年後の訂正では、損ねる国益は甚大になってしまいます。


    そこで、少し時間ができる9月早々に、今後100年間、訂正も記事の取り消しをしなくていい立派な記事になるように、第一級資料を無償で提供しますので、朝日新聞の記者に教示し共同研究をして、その成果を朝日新聞の紙面に掲載できればと思っております。9月になってから岡本広報部長にこちらから連絡しますので、ご検討をお願い致します。


    朝日新聞の記者諸君は知らないでしょうが、GHQ占領下に日本人を自虐史観に洗脳したNHK洗脳放送「真相箱」の台本作成に、朝日新聞が加担していたことを明らかにしたのは小生だったのです。それ以来の朝日新聞の体質が、慰安婦・南京・靖国・遺棄兵器報道に表れていたことを反省し、今回の検証を機会に心を入れ替えていただきたい。


    朝日新聞が、言論機関との自覚があれば、「欠陥商品(記事)」を20数年間ほったらかしていた事に対して、記者会見を実施して国内外に謝罪する必要があり、1ヶ月以内に実施することを要求します。それを実施しないのであれば、「偽装」や「詐欺」などの事件を今後報道する資格が無いことを宣言したことになり、言論機関としての業務を廃業しなくては国民は納得しないでしょう。


    ※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

    0 件のコメント: