台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年6月18日水曜日

    「台湾の声」【楠木正成の統率力4】勇臆・老若に応じて人を用いる 

    【楠木正成の統率力4】勇臆・老若に応じて人を用いる  


                 家村和幸


    こんにちは。日本兵法研究会会長の家村です。

     『太平記秘伝理尽鈔』の巻第一には、
    最初に『太平記』という書物の名称の
    変遷が記されています。この書は、
    名を改めることがこれまでに四度あった
    といいます。

     最初の名は、『安危来由記』でした。
    その意味は、古今の世の安定と危機の
    移り変わりを記して、後世の戒めとする
    ということです。

     二番目の名は、『国家治乱記』でした。
    この書を読んで理解すれば、大にしては
    国の治乱を思い、小にしては御家の治乱
    を思うということから名づけられました。

     三番目の名は、『国家太平記』でした。
    国家の意味するところは、前の書名と
    同じです。太平というのは、戦乱の治まり
    つつある当代を賀し奉ろうとの願いから
    でした。

    南朝の正平(1346〜70)年間
    の筆者がこのように称しました。また、
    太平の部分は北朝の延文(1356〜61)
    年間頃に改めて号したとも云われています。

     四番目の名は、『天下太平記』でした。
    応安元(1386)年、細川武蔵入道頼之
    (北朝の政治指導者)が「この書の名は、
    南朝の治乱等の号を捨て、当代を賀し奉ろう
    というのであれば、どうして国家というのか。

    (南・北朝で)同じく天下太平こそが望ましい
    のではないか」と述べたことから、当時の
    学才の人等が『天下太平記』と名づけたのでした。

     その頃、京都の住人は、「天下太平と改名
    してからは、南朝は威を失い、天下の朝敵は
    自ずから亡びて、実に天下太平になったのだなあ」
    などと勝手に噂したのですが、これは好ましく
    ないことでした。

    天下の治乱とこの書名の善し悪しは、何ら
    関係がないのです。真実は、武蔵入道が聖賢
    の道を修得し、無欲に天下の政道を相量り、
    無私の精神に徹したがゆえに、四海が日を
    追うごとに豊かになったのでした。

     それで、いつしか『太平記』とだけ、
    呼ばれるようになったのでした。

     それでは、本題に入りましょう。


    【第4回】勇臆・老若に応じて人を用いる


    ▽ 世に三つの勇者あり

     およそ世に三つの勇者がある。一つには、
    生得の勇者、二つには、血気の勇者、
    三つには、仁義の勇者である。

     先ず、生得の勇者とは、生まれつきのもの
    であり、恐ろしい事を知らず、する事をも
    顧みない者がいる。心が健やかであるだけで、
    遠く慮ることができない。

     また、血気の勇者とは、生まれつき勝れて
    勇気があることもない。また、あながち臆病
    だということもない人である。

    そうではあっても、腹を立てて怒る時か、
    または、人に頼まれると即座に受け易く、
    また、主人に言葉をかけられなどして、
    何につけても血気に乗り、上がっている時に、
    勇気が涌いてくるならば、炎の中や深い水底
    へも入り、鬼神をも恐れず、剛をなす類で
    ある。時が過ぎれば、その勇は少しも無く、
    人を恐れる気持ちさえあるのだ。

     さらに、仁義の勇者とは、常に事を慎み、
    行いに失がないだろうかと省み、一命の重き
    ことを思量して、周りの人への礼を厚くし、
    和を施し、事の切なるに臨んでは、全てを
    受け容れて遁れず、勇敢に死する者を云う。

    (以上、「太平記秘伝理尽鈔巻第六
    楠天王寺に出張の事付隅田・高橋並宇都宮事」より)


    ▽ 正成、兵士の勇臆について語る

    (以下、終わりまで「太平記秘伝理尽鈔巻第三
     笠置軍事付陶山・小見山夜討の事」より)

     その昔、楠木正成は息子たちに次のように
    語りかけた。

     兵士たちの心中をおもんばかって、それらに
    応じて命令せよ。臆した者には、敵が必ず亡びる
    のだと説け。こちらが身命を捨てるのだという
    ことは説いてはならない。

    勇の過ぎる者には、小さな事に軽々しく命を
    捨てるのは道理に反している。あくまでも、
    義によって(命を)軽くせよ、と説け。

    勇の過ぎる者というのは、生得(生まれもって)
    の勇者とは違って、ただ死にさえすればよい
    と思っている者だからである。


    ▽ 血気の勇者と仁義の勇者

     血気の勇者ということがある。血気とは、
    向こう見ずな意気である。常日頃は勇気が無いが、
    怒ると勇気が出てきて、死を顧みない者がいる。
    また、人に褒められると俄(にわ)かに勇気が
    出てきて、炎(ほのお)の中へも入る者がいる。

     人から「頼むぞ」と云われると動じやすく、
    心変わりしやすい。また、年来の重恩を忘れて、
    当面の親しさに意を寄せる。

    そういう人間は、自分の父母には不孝であって、
    親しい人に付いて自分以外の父母に意を寄せ、
    君主の命に背いて、仲間にだけ意を寄せ、
    兄弟を離れ、他人に親しみ、重恩を捨て、
    少々の恨みにこだわり、かつての大恩を
    忘れて、今の小恩に付くのである。

    このような行跡(ふるまい)は、全て血気の勇者で
    ある。これらに対しては、常に血気ということを
    語って教え、義に付くことを奨励するようにせよ。

     また、仁義の勇者ということがある。道理を
    わきまえて実行し、国の為に命を捨てることを
    喜びとすることから仁という。義によって身命を
    捨てることから義と呼ばれるのである。

     仁義・生得・血気の三つは、どれもが兵士の中
    に存在するのである。


    ▽ 臆病者には「決死」と言うな

     これら以外に、臆病というのがあるので知って
    おけ。将軍が戦場で死すべきことについて言及した
    ならば、仁義・生得の二つの勇者であれば、
    益々勇気がわいてくるものである。しかし、
    血気の勇者は一往勇むことがあっても、時日が
    移れば勇気も消えうせるものである。

     臆している兵士は、将軍が決死の覚悟を固めた
    のを見て、死を恐れて逃げ散るものである。
    臆病な兵士が散ってしまえば、血気の者もまた
    臆病になるのである。

     この世の中には臆病が多く、血気すらまれで
    ある。生得の勇者はさらにまれであって、仁義の
    勇者などはほとんどいない。

    このため、ことが急を要するような場面に及んで、
    将軍と死をともにしようと思う者は少なく、
    一身を立てようと欲するものは多い。世の常の
    合戦では、将軍は決して死のうなどと軽々しく
    言わないものだ。


    ▽ 十死一生の合戦

     ところが、「十死一生の合戦」と言うものもある。

     例えば、兵力において味方が弱く敵が十倍の
    強さである。それだけではなく、敵に従う兵は
    日々に増えていき、味方は夜毎に劣勢になり、
    周辺の国の援助も得られない。このような状況
    であれば、合戦を急げ。

    しかも、通常のような戦い方では、勝つことは
    できない。大河を後ろにして退くことも
    ままならないようにして、討死を覚悟した上で、
    敵の堅い陣地を突破せよ。

     生きる望みは一つ、死は九つ。このことから
    十死一生というのだぞ。生きようと欲すれば死す。
    死のうと覚悟すれば生きるのだぞ。軍の大事とは
    ただこのことである。

     正成は息子たちにこのように教えたのであった。


    ▽ 笠置山を落城させた陶山・小見山の夜討ち

     『太平記』によれば、元弘元(1331)年8月、
    後醍醐天皇が笠置山に遷幸されると、六波羅探題
    は七万余騎の軍勢で笠置山を囲んでこれを攻めた。

    しかし、笠置山は、西国の軍勢が数万騎で数日間
    攻めても落ちなかった。笠置勢三千余騎は、
    足助重範らが奮戦して六波羅軍を悩ませた。

     そうしているうちに、畿内・西国に宮方に
    与しての挙兵がおこり始めた。急いでこの城を
    落とさなければ、諸国に六波羅軍の敵が多く
    出てくるのは疑いなかった。

     やがて鎌倉から東国の軍勢が援軍として
    上ってきた。しかし、東国の大将には智謀が
    無い。力攻めだけでは笠置山は落とせないだろう。

     そこで、六波羅軍の陶山と小見山は、
    9月30日夜、わずかな手勢で笠置山を襲撃した。
    陶山は手勢五十余人を率いて、笠置の城の北側
    の断崖絶壁に回りこみ、崖をよじ登って城内に
    突入した。

    兵力が足りない笠置勢は、北側の入り口付近の
    地形が険しいことを頼みとして、そこには兵士を
    置いていなかった。
    これにより、官軍側は奇襲され、笠置山は落城した。

     夜討ちの日、陶山は死装束に曼荼羅を
    書き付けて、郎従たちに十死一生の覚悟を示した
    のであった。


    ▽ 山城の守備・新田義貞と楠木正成の問答

     世の中が鎮まって後、新田義貞が楠木正成に
    対して、雑談のついでに質問した。

     「笠置の城が攻め落とされたことは、
    寄手(攻撃側の兵士)の勇が優れていたから
    ではない。陶山の智謀と勇が秀でていたからである。

    今後もこのような険阻な場所を、優れた兵を
    もって警固するのは適切ではない。楠木殿は、
    どう思われるか。」

     そこで、正成が云うには、

     「医師が病気を防ぐのに薬をもってするよう
    に為せばよいのです。山城の険しい箇所で
    あれば、敵も必ず忍びを入れるでしょう。

    なぜならば、地形の険しさを頼んで、警固の
    兵士を置かないからです。また、警固の兵も、
    険しい地形であることに安心して守るのに
    怠りがあるからです。

     ただし、私の考えるところをお尋ねに
    なられたので、簡単に申し上げたのですが、
    その意味を奥に残すようであれば、かえって
    人並みにえらぶっているように思われるでしょう
    から、さらに説明いたしましょう。


    ▽ 老兵の特性を活かして用いる

     四十歳以上の老兵を以て、険しい箇所を
    昼夜にわたり守らせるのがよいと思います。

     その理由は、人は四十歳以前は若くして
    眠りがちですが、四十歳以後は眠ることが
    少ない。険しい地形であれば、敵も必ず、
    夜討ちや忍びを考えるでありましょう。

    白昼に攻めるようなことはしないものです。
    このような場合の守備は、眠らないことに
    勝るものはありません。

     また、老兵は積んできた経験も豊富です。
    さらに、老兵はあらゆることによく心がける
    ものでもあります。

     したがって、険しい地形であっても敵が
    攻めよせて来るかもしれない場所には、
    四十歳以下の若者たちに少々の老兵をそれぞれ
    加えて編成するのです。

    老いて武功も無く、若い時には強弓と云われた者
    でも、四十歳以降は次第に弱くなるものです。
    かけ引き・歩行・力業(ちからわざ)、これらは皆、
    二十四、五から三十七、八までを盛りとするもの
    です。

     このような分別なく、兵を配置されるよう
    であれば、闇将でしかありません」とのことで
    あった。

     義貞は深く心を打たれたのであった。


    (「勇臆・老若に応じて人を用いる」終り)


    (以下次号)


    (いえむら・かずゆき)

    いただく声が、次回の連載を書くエネルギーになっています。
    あなたのご意見・ご感想を、ぜひ聞きたいです。
    このURLからお届けください。



    http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html


    ▼バックナンバーはこちら
    http://okigunnji.com/nankoleader/



    ● 著者略歴

    家村和幸 (いえむら かずゆき)
    1961年神奈川県生まれ。元陸上自衛官(二等陸佐)。
    昭和36年神奈川県生まれ。聖光学院高等学校卒業後、
    昭和55年、二等陸士で入隊、第10普通科連隊にて陸士長
    まで小銃手として奉職。昭和57年、防衛大学校に入学、
    国際関係論を専攻。卒業後は第72戦車連隊にて戦車小隊長、
    情報幹部、運用訓練幹部を拝命。
    その後、指揮幕僚課程、中部方面総監部兵站幕僚、
    戦車中隊長、陸上幕僚監部留学担当幕僚、第6偵察隊長、
    幹部学校選抜試験班長、同校戦術教官、研究本部教育
    訓練担当研究員を歴任し、平成22年10月退官。

    現在、日本兵法研究会会長。

    http://heiho-ken.sakura.ne.jp/


    著書に

    『真実の日本戦史』
    ⇒ http://tinyurl.com/3mlvdje

    『名将に学ぶ 世界の戦術』
    ⇒ http://tinyurl.com/3fvjmab

    『真実の「日本戦史」戦国武将編』
    ⇒ http://tinyurl.com/27nvd65

    『闘戦経(とうせんきょう)─武士道精神の原点を読み解く─』
    ⇒ http://tinyurl.com/6s4cgvv

    『兵法の天才 楠木正成を読む (河陽兵庫之記・現代語訳) 』
    ⇒ http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurananko.html

    がある。


    【過去の連載】いまでもメルマガで読めます。

    ●本土決戦準備の真実ー日本陸軍はなぜ水際撃滅に帰結したのか(全25回)
    http://okigunnji.com/1tan/lc/iemurahondo.html

    ●戦う日本人の兵法 闘戦経(全12回)
    http://okigunnji.com/1tan/lc/tosenmm.html



    《日本兵法研究会主催イベントのご案内》


    【第16回 家村中佐の兵法講座 −楠流兵法と武士道精神−】

     演題『太平記秘伝理尽鈔』を読む(その5:京都奪還作戦)

     日時 平成26年6月21日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

     場所 靖国会館 2階 田安の間

     参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料


    【第19回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】

     演題 現代戦の要!航空作戦を語る 〜私の戦闘機操縦体験から〜

     日時 平成26年7月26日(土)13時00分〜15時30分(開場12時30分)

     場所 靖国会館 2階 偕行の間

     参加費 一般 1,000円  会員 500円  高校生以下 無料


     お申込:MAIL info@heiho-ken.sakura.ne.jp
         FAX 03-3389-6278
         件名「国防講座」又は「兵法講座」にて、ご連絡ください。


    いただく声が、次回の連載を書くエネルギーになっています。
    あなたのご意見・ご感想を、ぜひ聞きたいです。
    このURLからお届けください。



    http://okigunnji.com/1tan/lc/toiawase.html

    0 件のコメント: