台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年6月18日水曜日

    「台湾の声」【世界に発信を】『南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった』

    【世界に発信を】『南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった』「南京の真実」国民運動編


     平成24年2月、河村たかし名古屋市長は、姉妹都市である南京市との交流の中で、日中間に刺さったトゲともいうべき歴史認識に言及し、南京で日中間の戦闘はあったがいわゆる「南京事件」なるものはなかったのではないかと思うとの私見を述べ、この問題について討論したいと呼び掛けました。

     ところが、南京市は名古屋との姉妹都市交流を中断するとし、中国共産党は「必ず代償を払うことになる」(人民日報)と報復措置を示唆しました。

     しかし、南京虐殺がなかったことは「日本『南京』学会」を中心とした過去十数年間の実証研究によって明らかになってきたことです。まして河村市長の発言は私見を押し付けたわけではなく、相互の討論を呼びかけたものです。それを封殺することは、自由な歴史研究と言論の自由を奪うことに他なりません。

     河村発言を支持する「南京の真実国民運動」が、「新しい歴史教科書をつくる会」を中心に同憂の団体が結集して結成されました。(代表:渡部昇一)「国民運動」は集会のほか、意見広告(2回)、署名運動、研究集会、パネル展など精力的に展開しました。12月13日(南京陥落75周年)には、憲政記念館で大集会を開催しました。

     パネル展のために、最新の南京事件研究の成果をまとめたパネル44点を作成しましたが、これを骨子に論文を加えた冊子が『南京戦はあったが「南京虐殺」はなかった』です。

     http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Nanking2.pdf

     その英文版がこのほど完成し、 http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S4.pdf

    下記の通り海外向けに紹介されました。(すでに、駐日大使館、公使館には送付されています。) 1部1000円で販売もしております。日本語版と合わせてご活用いただければと思います。
       
                「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

    There was a Battle of Nanking but There was no "Nanking Massacre"
    by Campaign for the Truth of Nanking

    In February, 2012, Nagoya city Mayor Kawamura Takashi stated that he personally believes that there was a battle fought between Japan and China but the so called "Nanking Incident" never took place, referring to the historical view, which is regarded as a thorn that prevents a normal relationship between the two countries, during a friendship exchange with visiting Chinese Communist Party leaders from the City of Nanking, the sister city of Nagoya. Mayor Kawamura also expressed his sincere hope for having mutual discussion over this issue.

    However, the City of Nanking responded to Mayor Kawamura's suggestion by announcing the discontinuation of the sister-city exchange program with Nagoya. Furthermore, the Chinese Communist Party hinted at taking retaliatory measures, saying that "Japan is sure to pay for it" in The People's Daily.

    In order to support Mayor Kawamura's statement, a body called "People's Campaign for the Truth of Nanking" was established by those who share the same concern as Mayor Kawamura. It developed strong campaigns including paid advertisement in news papers, public lectures, panel exhibitions, circulating bills. It also made a thorough study on the Nanking Incident collecting up-to-date research results and compiled them into a book titled There was a Battle of Nanking but there was no "Nanking Massacre".

    We are convinced if you read through the book you will realize that the so called "Nanking Massacre" is only a matter of propaganda, not a matter of fact. If you have any questions, please don't hesitate to contact us.

    Summary:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S2.pdf

    Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/112_S4.pdf
     
    *This is printed in book. (ISBN978-4-916079-15-2 C0022 \1000E)

    If you send us your name and address, we are happy to send a copy free of charge.

    Sincerely,

    MOTEKI Hiromichi, Secretary General
    for KASE Hideaki, Chairman
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Phone: 03-3519-4366
    Fax: 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com

    Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: