台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年6月18日水曜日

    「台湾の声」【五つの事実】慰安婦問題の正しい理解のために

    【五つの事実】慰安婦問題の正しい理解のために
    2014,6,18


                「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道



    慰安婦問題の正しい理解のためには、次の5つの基本的な「事実」を確認しておくことが絶対的に必要である。この5つの基本的な事実は、幾多の「見解」の一つではなく、否定のしようのない客観的な社会的な事実である。しかも大事なポイントである。これらの重要な事実を無視した慰安婦問題の議論は、空論、もしくは事実の歪曲にならざるを得ない。

    1、「慰安所」は、当時日本全国に合法的に存在していた「遊郭」「妓楼」「売春宿」を戦地でも開業したものである。

    2、従って、慰安婦の大半は日本人であり、特に朝鮮をどうこうなどということは全くなかった。従って、現在慰安婦問題が、「朝鮮人慰安婦問題」として議論されていることは極めて異常なことと言わなければならない。 

    3、従って、米軍尋問調査(US Office of War Information No.49)では、「A comfort girl is nothing more than a prostitute or "professional camp follower"」と極めて正確に報告されている。

    4、慰安婦の収入は、上等兵(10円/月)の約30倍〜100倍という高収入

    5.軍の関与は「義務」であった。
     妓楼など売春施設については、地方自治体、東京都では衛生局が衛生管理を義務として行い、警察は悪徳斡旋業者を摘発し、売春婦が不当な扱いを受けないよう監視するなどしていた。戦地では、之に加え、身の安全を確保するなどの当然の義務を軍が果たしていた。軍の関与は良い悪いの次元ではなく、当然の義務であった。

     全文はこちらです。 http://hassin.org/01/wp-content/uploads/Guide.pdf
    英訳版は、 下記の通り、英文版 Newsletter で海外4000の宛先にemail 発信された。http://www.sdh-fact.com/CL02_1/113_S4.pdf
    平成26年6月17日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道

    A GUIDE TO UNDERSTANDING THE COMFORT-WOMEN CONTROVERSY
    Anyone who wishes to arrive at an accurate understanding of the comfort-women controversy needs to be aware of five basic facts. I am referring not to opinions or perceptions, but to irrefutable, objective, social facts.

    Furthermore, they convey important information, ignorance of which is certain to render debates about the comfort-women problem speculative, or worse, fraudulent. The five basic factors are as follows:

    1.
    Until the latter half of the 20th century, prostitution was legal in Japan and houses of prostitution could be found in every entertainment district. Military brothels were established in overseas war zones.

    2.
    The majority of comfort women were Japanese; Korean comfort women received the same remuneration and treatment, and had the same responsibilities

    3.
    "A 'comfort girl' is nothing more than a prostitute or 'professional camp follower;" this description of the comfort women in Report No. 49, issued by the US Office of War Information, is remarkably accurate.

    4.
    The comfort women were extremely well paid; receiving 30 to 100 times more than the salary of a private first class (10 yen per month)

    5.
    Involvement of Japanese military authorities was obligatory
    In Japan, local government (for instance, the Public Health and Hygiene Bureau in Tokyo Prefecture) was responsible for the oversight of brothels. The police apprehended deceitful recruiters and kept watch to ensure that prostitutes were not mistreated. In war zones the military authorities fulfilled these functions, and also exercised their obligation to keep the comfort women safe. Japanese military administrators were simply doing their duty.

    Full text:  http://www.sdh-fact.com/CL02_1/113_S4.pdf
    Questions are welcome.

    Sincerely,

    MOTEKI Hiromichi, Secretary General
    for KASE Hideaki, Chairman
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Phone: 03-3519-4366
    Fax: 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com

    Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: