台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年2月22日日曜日

    「台湾の声」【ニュース】民間国是会議が開催、馬総統は出席を拒否

    【ニュース】民間国是会議が開催、馬総統は出席を拒否
    2009.2.22

                台湾の声

     幅広く自由な立場から台湾の諸問題を討論し、馬英九総統(大統領)に民間の
    意見をアピールすることを目的に、野党である民主進歩党(民進党)と台湾団結
    連盟(台連)が共同で呼びかけた「民間国是会議」が2月21日、台北市内の福華
    文教会館で開幕した。

     第一回目となる今回の「民間国是会議」のテーマは台湾の経済問題についてで
    あり、1日目は雇用、税制、産業・金融の諸問題について議論された。

     同会議では、少数の金持ちを優遇する相続税減税の不公平性や、盲目的な減税
    による財政バランスの悪化、中小企業を切り捨て大企業ばかり保護すること等の
    問題を指摘する意見が出された。

     蔡英文・民進党主席は「劉兆玄・行政院長(首相)は昨年、2008年第4四半期
    に経済を好転させると約束していたが、結果は成長率マイナス8.36%だった。国
    民に謝罪しなくてよいのか」と政府を批判し、野党党首として馬総統に対し内閣
    の全面改造を求めた。

     同会議には行政院閣僚からも、王如玄・行政院労工委員会主任委員、李述徳・
    財政部長(財政相)、陳沖・行政院金融監督管理委員会主任委員らが出席し、意
    見を聴取した。

     一方、民間国是会議への出席を要請されていた馬英九総統は、同会議が開催さ
    れている21日午前に合わせて、蕭萬長副総統、劉兆玄・行政院長、彭淮南・中央
    銀行総裁らを招集し、総統府で経済対策を話し合った。事実上、馬総統や劉行政
    院長が、民間国是会議への出席を拒否した形となった。これについて、王郁�・
    総統府報道官は、「先日立法院(国会)で民進党が劉行政院長の施政報告をボイ
    コットしたことから、このような状況下で馬総統が民間国是会議に参加する意義
    がなくなった」としている。

     民進党の蔡主席は、22日の民間国是会議2日目も総統の座席を用意していると
    して、改めて馬総統の出席を呼びかけた。

    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emagax9y2z9@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: