台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年2月8日土曜日

    「台湾の声」【明日】林建良氏と廣瀬勝氏が中国をテーマに「栃木桜ゼミ」で講演会

    【明日】林建良氏と廣瀬勝氏が中国をテーマに「栃木桜ゼミ」で講演会

    ●日本文化チャンネル桜「二千人委員会」栃木県支部
     http://www.chsakura.com/event/sakura_seminar.html

    ◆日 時:平成26年2月9日(日)午後2時〜

    ◆場 所:護国会館(栃木県護国神社内)
         栃木県宇都宮市陽西町1-37 栃木県護国神社内
         http://www.gokoku.gr.jp/access.html
         (JR 宇都宮駅から3.9 !)/車で12 分)

    ◆講 師:林建良氏

    ◆演 題:中国文化の本質

         林建良[りん・けんりょう]1958年、台湾に生まれる。1987年、日本交流協会奨学生と
         して来日。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。在日台湾同郷会顧問、メルマガ
         「台湾の声」編集長、台湾独立建国連盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理
         事、台湾団結連盟日本代表。現在は栃木県在住。医師としての仕事のかたわら台湾正名
         運動を展開している。著書に『中国ガン─台湾人医師の処方箋』『日本よ、こんな中国
         とつきあえるか?─台湾人医師の直言』、共著に『中国の狙いは民族絶滅—チベット、
         ウイグル、モンゴル、台湾、自由への戦い』など。

    ◆講 師:廣瀬勝氏

    ◆演 題:中国の罠─民事訴訟法231条の恐怖

         廣瀬勝[ひろせ・まさる]昭和39年1月生まれ。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、
         父親の経営するプラスチック食品容器メーカーに入社。東京営業所に配属。平成17年よ
         り中国青島に駐在。平成19年退社。現在は熊本県阿蘇郡小国町にて温泉施設「豊礼の
         湯」を経営。日本李登輝友の会理事、同熊本県支部長。昭和61年、産経新聞社第138回
         「わたしの正論」にて佳作2位入賞。題名「誤謬なき憲法の問題」。昭和62年、産経新
         聞社第150回「わたしの正論」にて入選1位入賞。題名「防衛予算の制約と効率」。著書
         に『台湾記』(日文・漢文)

    ◆申込み:http://www.chsakura.com/sanka.php

    ◆連絡先:028-622-3180 (護国会館)
         090-1050-2064(須田)

    ◆主 催:日本文化チャンネル桜二千人委員会栃木県支部
         http://www.chsakura.com/index.html

    ◆参加費:1,000円






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: