台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年2月7日金曜日

    「台湾の声」【 NEWS と論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局

    「台湾の声」【NEWSと論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局

    台湾の声「ニュースと論説」 2013.4.27

    本誌では、3月21日および4月18日に、石戸谷慎
    吉氏(元・日本人台湾民政府協力会会長)による告発
    文等を掲載。4月10日に編集部員・多田恵による注
    意喚起。14日および20日に台湾の警察が、「台湾
    民政府」林志昇カルト詐欺集団への注意喚起を行って
    いることなどを報道した。

    これに対し、林志昇集団の幹部である陳辰光、黄恵瑛
    の両氏が、ヒステリックな「反論」のメールを拡散し、
    懸命に、同集団への疑問の声を封じようとしている。

    両氏に共通するのは、詐欺だという指摘について、台
    湾当局「内政部」の、165詐欺防止電話窓口に電話
    すれば、詐欺でないことが分かる、と宣伝している点
    である。これは両氏のみならず、同集団の信奉者の統
    一見解であるようだ。陳氏によれば、これは林志昇の
    「直接のコメント」だという。

    そこで、台湾の同志を通じて問い合わせたところ、
    内政部では次のように答えた:

    「民政府についての詐欺相談は多数寄せられています。
    そのため各警察署を通じて詐欺被害防止を呼びかけて
    います。」

    つまり、林志昇は「内政部に電話すれば、自分たちが
    詐欺ではないことが証明される」と潔白を宣伝したが、
    それを聞いて、実際に電話をかけずに、林志昇を信じ
    ることを選ぶ人々を騙しているのである。


    陳氏は、4月18日付のメールで、次のように書いて
    いる:

    「林志昇さん直接のコメントは:『中華民国亡命政権
     の内政部の反詐欺ペテンの問い合わせ電話番号の
     165番で質問に答えています』。水掛け論は不毛です。」

    〔引用にあたり、趣旨を変えない範囲で語句を整えた。〕

    陳氏は、林の言葉を、なんら検証することなく、詐欺
    との指摘を「水掛け論」と断定している。

    このことから林志昇が、洗脳されて思考停止に陥り、
    自ら検証できない人々を餌食にし、さらに、詐欺の片
    棒を担がせていることが分かる。

    また、黄氏は4月20日付の「台湾の声編集部 多田
    恵氏に一筆申す」と題するメールで次のように書いて
    いる:

    「台湾地位正常化を目指している台湾民政府をカルト
     集団と批判し中傷するとは何たることですか?」

    「国際戦争法も国際条約も勉強せずして、自分勝手な
     解釈で台湾民政府の悪宣伝は止めて欲しい。自分達
     の実りなき長年の『台湾独立建国運動』を反省して
     から他人を批判せよ!」

    林志昇集団の問題は、詐欺の問題であり、台湾の地位
    の問題とは関わりがない。論点のすり替えである。ど
    んなに国際法が分かっていようと、詐欺を見抜けない
    のでは、先が思いやられる。

    台湾人の台湾への想いは、熱いものがあるが、資源は
    正しい方向に注ぎ込むべきであり、詐欺集団に注ぎ込
    むのは愚かである。冷静な判断をせずに、彼らに騙さ
    れることは、自らのみならず、台湾の同胞、台湾の支
    持者、台湾を傷つける愚行に過ぎない。

    なお、石戸谷氏が繋いだという自衛隊OBが引き続き、
    林志昇と関わっている。実に嘆かわしい。

    林志昇たちに歓待され、気持ちがいいかもしれないが、
    そのことによって彼らが台湾人を騙すための演出の道
    具となっているのである。彼らの饗応を受け詐欺の片
    棒を担いだことが後になって分かれば、後味の悪いこ
    とであろう。

    林集団は、4月25日にその幹部たちが訪米して記者
    会見を行う、としきりに宣伝していた。実際に行った
    らしい。しかし、国際社会の注目を集めることはでき
    なかった。

    ところが、林志昇らは、彼ら訪米組の記者会見での発
    表が不正確だと言って、彼らを譴責する声明を出した。

    その内容はどうでもよいことだ。重要なのは、このや
    りかたが、中共が得意とする吊るし上げと同じである
    という点である。

    林志昇の片棒を担いだ人は、いつのまにか林の犯罪の
    責任をなすりつけられてしまうということにならない
    ように気をつけたほうがいい。


    関連記事:
    2013/04/20 【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定
    http://www.emaga.com/bn/?2013040002159104002327.3407
    2013/04/18
    【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001881652001623.3407
    2013/04/14
    【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001430315002955.3407
    2013/04/10
    【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001042647017228.3407
    2013/03/21
    【読者便り】さよなら「台湾民政府」
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407



    「台湾の声」http://www.emaga.com/info/3407.html




    0 件のコメント: