台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年2月8日土曜日

    「台湾の声」【閃霊 /ChthoniC 】初の五大都市を回るソニック 2014 ジャパン・ツアー「 The Way of Ian-Bu / 演武の道」を発表!

    「台湾の声」【閃霊/ChthoniC】初の五大都市を回るソニック2014ジャパン・ツアー「The Way of Ian-Bu /演武の道」を発表!

    〔ChthoniCのFacebook January 11, 2014 at 9:48am 〕


    ソニックは20カ国41都市に渡たる長期ヨーロッパツアー
    を終えたばかりだが、休む間もなく日本での東京、大阪、
    名古屋、福岡、仙台の5大都市をツアーを発表した!

    去年リリースした「Bu-Tik/武徳」は台湾のグラミー賞
    といわれているゴールデン・ミュージックアワード(金
    音賞)の3部門を受賞し、世界中の雑誌や評論家より大
    好評を得、多くの音楽メディアで2013年の各ランキング
    にも選出された。

    ライブ活動においても、2013年のイギリスDOWNLOADフェ
    スティバルでメディアよりベストバンドに選ばれた。
    2ヶ月にかけたヨーロッパツアーでは、初めて訪れる南
    欧、中欧、東欧の都市にでもプレイし、ソニックの結成
    後の最長欧州ツアーを記録した。日本でのツアーも同様
    に、初めて名古屋、福岡と仙台に足を伸ばす。ヴォーカ
    ルのFreddyが語る「今回のヨーロッパツアーは地獄のよ
    うなスケジュールだったが、そのおかげで、バンドの状
    態は極限まで鍛えられた。新しい曲も、ライブで馴染み
    のある曲も日本でのショウではベストパフォーマンスを
    お見せできるだろう。」と話した。

    今回のツアーは、2月にリリースされるDVD「演武(Ian-
    Bu))」にちなんで「The Way of Ian-Bu / 演武の道」と
    名づけられた。メンバーと製作チームは、ヨーロッパツ
    アーより進化したステージを計画中。リーダーのDorisが
    「今回のテーマはソニックの「武徳」スピリットをあら
    わす新旧作品を中心に、ステージセットのデザイン、グ
    ラフィックを斬新なものにする予定よ。ヨーロッパツア
    ーで疲れて、身も心のボロボロになったとき、これを乗
    り越えたら日本に行けるんだと自分に励ましたの!そう
    すると、とてもポジィティブな気持ちになれたわ。」と
    今回の日本公演への意気込みと、思いを語っていた。


    ソニック「The Way of Ian-Bu /演武の道」ジャパン・ツアー・スケジュール:

    2014年2月21日 (金) 福岡 / Drum Be-1
    2014年2月24日 (月) 大阪/ Umeda Club Quattro
    2014年2月25日 (火) 名古屋/ Nagoya Club Quattro
    2014年2月26日 (水) 東京/O-EAST
    2014年2月28日 (金) 仙台/ Club Junk Box

    ソニック「The Way of Ian-Bu/演武の道」ジャパンツアー、詳しくはhttp://www.creativeman.co.jp/artist/2014/02chthonic/

    ソニック「演武」DVD詳しくはhttp://wardrecords.com/SHOP/WRDZZ074.html

    ソニック「金音賞受賞記念BOX」詳しくはhttp://www.howling-bull.co.jp/ChthonicBoxPR/


    註:Ian-Bu(演武)エン・ブー、Bu-Tik(武徳)ブー・ティクはいずれも台湾語


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html



    0 件のコメント: