台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年9月25日木曜日

    「台湾の声」【李登輝・台湾元総統】都内で講演 日台の関係強化強調

    【李登輝・台湾元総統】都内で講演 日台の関係強化強調

    日本李登輝友の会メルマガ日台共栄より転載


    1>> 李登輝・台湾元総統:都内で講演 日台の関係強化強調

     2009年から5年ぶり6度目のご来日となった李登輝元総統は、曾文恵夫人らと9月19日に関西国際
    空港に降り立ち、その日、宿泊先のザ・リッツカールトン大阪にて記者会見を開いて日本版・台湾
    関係法の制定などに言及されました。翌20日には大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)で講
    演会に臨まれました。お陰様で会場には1,661人も入り、まさに壮観の一言。

     昨日は11時50分、新大阪駅発の東海道新幹線のぞみ224号(最新車両「N700A」)で随行報道陣
    などと東京入りされました。東京駅では本会会員などが日の丸や緑台湾旗の小旗を振って歓迎、李
    登輝元総統は歓迎の人々と握手しながら車に乗り込まれホテルへ。その模様を毎日新聞が写真とと
    もに伝えていますので下記にご紹介します。

     午後6時から大手町サンケイプラザにて開かれた講演会には定員の600人が参加、まさに立錐の余
    地もないほどでした。10台以上のテレビカメラが立ち並ぶなか「これからの世界と日本」と題して
    講演されましたが、特に「人類と平和」に力点を置かれて話されました。

     大阪講演の模様はNHKニュース、東京講演の模様は産経新聞から別途、ご紹介いたします。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    李登輝・台湾元総統:都内で講演 日台の関係強化強調
    【毎日新聞:2014年09月22日 東京朝刊】

    http://mainichi.jp/shimen/news/20140922ddm007030071000c.html
    写真:JR東京駅に到着し、市民の歓迎を受ける台湾の李登輝元総統(前右)=21日、鈴木玲子撮影

     来日中の台湾の李登輝元総統は21日、東京都内で講演し、日本に対して「戦力保持は、すなわち
    戦争をすることではない。混沌(こんとん)とした国際社会の中で自分の身を守るためには戦力の
    保持が必要だ」と訴えた。さらに「日本の改革が東アジアの安定と平和につながる」などと主張し
    「日本と台湾は運命共同体」と関係強化を呼びかけた。

     講演に先立ち、李氏は新幹線で大阪から東京に移動し、車内で新幹線のサービスの良さなどを指
    摘。新幹線技術を導入している台湾の高速鉄道について「台湾にもまだまだ日本に学ぶべきところ
    がある」と話した。【鈴木玲子、林哲平】

    ————————————————————————————————————————
    2>> 李登輝元総統の大阪と東京講演は大盛況

    台湾元総統 日本の集団的自衛権を歓迎
    【NHKニュース:9月21日 】

     5年ぶりに日本を訪問している台湾の李登輝元総統は20日に大阪で講演し、日本政府が閣議決定
    した集団的自衛権の行使容認について、「中国は軽率な行動に出られなくなり、地域の安定に寄与
    する」と述べて歓迎しました。

     19日から5年ぶりに来日している台湾の李登輝元総統は、20日に大阪で講演を行い、およそ1600
    人の聴衆を前に、アメリカは経済力の低下から単独で世界の主導的な役割を果たす力を失っている
    と主張しました。

     一方で、存在感を増している中国については「役人の腐敗や信じられないほどの環境汚染など、
    とても国際社会での責任ある役割を任せられない」と批判するとともに、軍事力の強化や、南シナ
    海などの領有権を巡る強硬な姿勢に強い危機感を示しました。

     そして、日米同盟を強固なものにする必要性を訴え、日本政府が閣議決定した集団的自衛権の行
    使容認について、「中国は軽率な行動に出られなくなり、地域の安定に寄与する」と述べ、中国軍
    の動きをけん制する効果が期待できるとして歓迎しました。

     さらに李元総統は、台湾を含む東アジアの平和のためにも「日本は憲法を改正して、真の自立し
    た国家となるべきだ」と述べました。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    「安倍首相の活躍に期待」李登輝氏東京講演
    【産経新聞:2014年9月21日】

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140921/chn14092122440004-n1.htm
    写真:来日し講演する台湾の李登輝元総統=21日、東京都千代田区の大手町サンケイプラザ(蔵賢斗撮影)

     来日中の台湾の李登輝元総統(91)は21日、東京都内の「大手町サンケイプラザ」で講演し、日
    本の集団的自衛権の行使容認は日米同盟を強固にするものだとして、「決断した安倍晋三首相に心
    から敬意を表したい」と語った。

     李氏は「くしくも今日は安倍首相の60歳の誕生日だ。さらなる活躍を台湾から期待している」と
    安倍首相にエールを送った。

     李氏は「国際政治では力の均衡は無視できず、武力の必要性は排除できない」と防衛体制強化の
    必要を強調。1996年に台湾で初めて行われた総統直接選挙に際し、中国が弾道ミサイルの発射など
    で威嚇したことを振り返り、「私が強い信念と手段をもって対抗したからこそ、民主選挙が実現し
    た」と述べ、安全保障を確保する上で政治指導者の決断力が重要だと指摘した。

     その上で、重ねて日本に憲法改正による「自立」を要求。「それが結果的に東アジアの平和と安
    定につながり、日本と台湾にさらに良い関係をもたらす」と訴えた。

     李氏は同日、大阪から東京へ東海道新幹線の最新車両「N700A」で移動した。李氏は乗り心地
    は「非常にいい」と語った。(田中靖人)

    ————————————————————————————————————————
    3>> 李登輝元総統は明日から北海道をご訪問

     李登輝元総統は明日(9月23日)から北海道を訪問されます。曾文恵夫人やご長女の李安娜
    (り・あんな)さん、ご次女の李安[女尼](り・あんに)さんと小樽方面にもお出掛けになる予定
    です。

     また、和牛の飼育状況も視察される予定です。実は、台湾では牛を農業で使っていた記憶が未だ
    残っているため和牛飼育があまり盛んでないそうです。しかし、農業経済を専門とする李元総統に
    は何とか台湾で和牛飼育を盛んにして台湾の牧畜産業を発展させたいという希望をお持ちで、日本
    と和牛飼育の技術交流をできないかとお考えです。そのため、実際の牧場を視察して今後につなげ
    たいそうです。

     ただ、北海道はプライベートなご訪問とされていて、大阪や東京のような歓迎はできず、取材対
    象ともなっていません。

     李登輝元総統ご自身、これまで曾文恵夫人、孫娘の李坤儀さんと来日されたことはありますが、
    ご家族と一緒に来日されるのは初めてで、北海道を訪れるのも初めてだそうです。ご家族でゆっく
    りと北海道の秋を満喫いただきたいものです。ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: