台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2015年3月21日土曜日

    「台湾の声」【 10 月 11 日】有本香先生講演会

    【10月11日】有本香先生講演会

    士気の集い事務局です。

    「士気の集い」140回講演会は、ジャーナリストとして活躍される
    有本香先生講演会となります。

    是非、お越し下さい。

               記

    ●有本香先生講演会

    「常在戦場 私たちは常に武器を用いない戦いの中にある
     〜プロパガンダ、情報戦にどう打ち勝つか〜」

    国際情勢がますます複雑化するなか、いわゆるプロパガンダや情報戦といった
    「武器を用いない戦い」もまた激化、複雑化しています。卑近な例では、
    日本の隣国である中国、韓国も、三戦<法律戦、世論戦、心理戦>を盛んに
    展開しており、昨今ニュースとなった朝日新聞にまつわる問題などまさに、
    日本のメディアが他国勢力と深く結びついての情報戦の一翼を担った例と
    いえましょう。

    情報戦はときには、武力での実戦以上の効力、国益の棄損につながる
    可能性があります。こうしたプロパガンダや情報戦の重要性・危険性
    について講演します。


    ■プロフィール■

    有本 香(ありもと かおり) ジャーナリスト

    東京外国語大学卒業後、旅行雑誌編集長、上場企業の広報担当を経て
    独立。現在、編集・企画会社を経営する傍ら、世界中を取材し執筆活動
    を行なっている。国際関係、日本国内の政治等のテーマを中心に活動し、
    FNNスーパーニュースアンカー(関西TV)はじめとするメディア出演多数。

    著書に、『中国の「日本買収」計画』(WAC)『はじめての支那論』(幻冬舎)
    『中国はチベットからパンダを盗んだ』(講談社)などがある。

    オフィシャルサイト  https://twitter.com/arimoto_kaori

    ●開催日時
     平成26年10月11日(土)

    ○開場13時40分
    ○講演会14時00分〜16時30分
    ○懇親会17時〜19時

    ●開催場所
     文京シビックセンター4F シルバーセンター4階ホール
     ○交通 都営三田線・大江戸線「春日駅」、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」

    ●定員100名(先着順)懇親会は定員未定

    ●申し込み
    10月10日(懇親会は10月09日 23時)までに
    以下Eメールアドレスに申し込みください。
     jimu@shikinotsudoi.sakura.ne.jp


    ●講演会料金(当日受付時にお支払いください)
     ○一般事前申込:1500円、学生事前申込:1000円、高校生以下無料
     ○当日申込:2000円

    ●懇親会料金(当日受付時にお支払いください)
     ○一般事前申込3500円、学生事前申込3000円
     ○一般当日申込4000円、学生当日申込3500円



    【主 催】士気の集い・青年部 jimu@shikinotsudoi.sakura.ne.jp





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
    20141001

    0 件のコメント: