台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年7月14日月曜日

    「台湾の声」【先祖代々産経読者】産経の記事には一瞬目を疑いました

    【先祖代々産経読者】産経の記事には一瞬目を疑いました

    「台湾の声」御中

    以前に台湾駐在で吉村支局長さんがおられましたが、氏の記事はいつも読み応えがあ
    り正鵠を得ているという印象を持っていました。

    今回の産経の記事には一瞬目を疑いました。今は「外省人」という言葉はあまり使わ
    れなくなりつつあるようですが、その関係者は未だに日台の連携を阻もうとしている
    ようです。

    産経新聞記者ともあろう方が表面的なことを安易に記事にすることは、産経の信頼を
    揺るがしかねないと危惧したところでした。

    是非その背景などにも関心を払った上で質の高い記事を作って頂くよう期待しており
    ます。

    今回、林建良先生のご指摘があったことにより、私のモヤモヤが氷解いたしました。
    やはり大切なのは質の高い情報ですね。
                        
                    先祖代々産経読者の藤倉

    以下原文
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    【産経記事に異論】産経記事「台湾よ、お前もか…集団的自衛権で誤解氾濫、支持低
    め」

    この産経の報道は完全に間違っている。

    交流協会の前のデモは親中派によるデモでまったく台湾の民意を代表していない。現
    場で取材すればすぐにわかることなのに、何故これもわからないのか。

    更にこの記者が引用した「台湾紙の中国時報」とは、親中派である「聯合報」よりも
    中国寄りの姿勢になっており、中国政府の代弁者といってよい。

    記事の中に出る「馬政権で安全保障担当の高官を務めた一人」とは楊永明のことで、
    彼は筋金入の親中反日派であり、親台湾的な故斎藤正樹大使を交流協会台北所長から
    蹴落とした張本人であるのだ。

    集団自衛権に対する見方を本気に探求するならなら以下の自由時報の社説の方がより
    台湾国民の声に近い。

    http://news.ltn.com.tw/news/opinion/paper/792872

    尚、有識者の言論なら以下の台湾北社理事の投書を参考すべきではないか

    http://news.ltn.com.tw/news/opinion/paper/795075

    「台湾の声」編集長 林 建良

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    (以下は産経記事、タイトルも)

    台湾よ、お前もか…集団的自衛権で誤解氾濫、支持低め 「パンドラの箱開けた」


    2014.7.11 産経新聞


    【台北=田中靖人】日本政府が集団的自衛権の行使容認へ憲法解釈を変更したことに
    対し、台湾では当局や「知日派」有識者の間でも支持が広がっていない。さん日本の新方
    針は「台湾有事」に来援する米軍への効果的支援を可能にし台湾の安全にも寄与する
    とみられるが、歓迎の声は小さい。閣議決定への誤解に加え、日中間の対立に巻き込
    まれる懸念や安倍政権への偏見が背景にありそうだ。

     「集団的自衛権はアジアの安全を破壊する」「反動安倍政権を打倒せよ」

     台北市内にある日本の対台湾交流窓口機関、交流協会台北事務所(大使館に相当)
    前で7日、反日デモ隊約100人が声を上げた。一部は安倍晋三首相の肖像を破り捨て、
    火を付けた。

     日本の閣議決定後、台湾当局が反応したのは現地時間で翌々日の3日。外遊中の馬
    英九総統が「関心」を表明したが、同時に日中の衝突への懸念も示した。1996年、日
    米安保条約のアジア太平洋地域への「拡大」を意義付けた日米安保共同宣言の発表直
    後、外交部(外務省)が「地域の平和と安全に積極的な意義を有する」と歓迎の意を
    表明したのとは対照的だ。

     台湾大で5日にあったシンポジウムでも知日派とされる識者3人が「日本は平和憲法
    を捨てた」「安倍首相は軍拡競争のパンドラの箱を開けた」と批判。馬政権で安全保
    障担当の高官を務めた一人は、台湾有事は「米中の直接対決で、日本の集団的自衛権
    は重要ではない」と切り捨てた。台湾紙の中国時報は、日本が「専守防衛」から「先
    制攻撃(主義)」に転換したかのような見方を紹介した。

     一方、野党、民主進歩党系のシンクタンク「新台湾国策智庫」などは7日、記者会
    見で、元駐日代表らが「アジアの平和に対する貢献は大きい」と評価した。






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: