台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年5月21日水曜日

    「台湾の声」【中日社説と朝日現地レポート】ヒマワリ運動

    【中日社説と朝日現地レポート】ヒマワリ運動

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    何故か産経新聞だけがヒマワリ学生運動に冷淡、記事も貧弱。

     「台湾の声」編集長 林 建良(りん けんりょう)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄」より転載


    1>> 馬英九政権は「大衆が納得する形で中国との関係強化を」と中日新聞社説が注文

     台湾の学生たちが中国とのサービス貿易協定撤回を求めて立法院の議場を占拠した件を巡る報道
    数は、台湾を除けば日本が世界で一番多かったという。日本の大手紙の朝日新聞、日経新聞、毎日
    新聞なども社説で取り上げ、おおむね台湾の民主化や民意に焦点をあて、台湾住民のバランス感覚
    の表れ(毎日)という論調だった。

     本日の中日新聞も社説で取り上げた。台湾社会には「中台統一への流れができることへの警戒は
    大きい」として、馬英九政権に対して「政府は大衆が納得する形で中国との関係強化を進めていっ
    てもらいたい」と注文をつけ、中国政府にも「台湾の不安を……中国指導部もしっかり認識してほ
    しい」と注文をつけるなど、中日新聞にしては珍しく中国へも一歩踏み込んだ論調だ。

     今朝の朝日新聞は鵜飼啓・台北支局長の特派員リポートを掲載している。なかなか読み応えがあ
    る。台湾の民主化に焦点を当て、学生たちの決定過程の悩みにも触れつつ「23日間の出来事に触れ
    た何十万人もの人たちは、折に触れてこの体験を語り合い、民主主義を勝ち取るDNAを引き継い
    でいくのだろう」と結ぶ。別途、下記にご紹介したい。

    -----------------------------------------------------------------------------------------
    台湾学生退去 運動は終わっていない
    【中日新聞「社説」:2014年4月17日】

     中国との市場開放を進める協定に反対して立法院(国会に相当)に立てこもっていた台湾の学生
    たちが議場を退去した。平和的な解決になったが、台湾の若者たちの中国不信が浮き彫りになった。

     一カ月近くに及んだ台湾立法院の学生による占拠は政府側が学生たちの要求に一部妥協した形で
    収束した。強行突入などが回避されたことは台湾の民主体制を内外に示したともいえる。


     運動のきっかけは馬英九政権が昨年、中国と結んだ中台サービス貿易協定だ。協定は医療、金融
    などサービス部門で中台それぞれが市場を開放する内容だ。

     学生たちは、中国資本の参入により台湾の中小企業が危機に陥る、と判断。さらには、協定の内
    容を詳しく説明することなく、国民党政権がわずかの審議で強行採決を図ろうとしたことに「民主
    政治の危機だ」と反発した。

     いったんは学生の主張を拒否した馬政権だが、世論が学生側についたこともあり、協定を立法院
    が監視する条例案を受け入れ、事実上、協定の発効を延期した。

     台湾が各国との環太平洋連携協定(TPP)を結び、国際的な経済の結び付きを広げるためには
    中国との関係改善が不可欠なことは周知の事実だ。今回のサービス貿易協定でも台湾側に有利な点
    が多いとして、賛成する経済人は多い。

     ただ、馬政権が進める中国との関係の強化は、経済の枠にとどまらず、中台統一への流れができ
    ることへの警戒は大きい。

     学生たちは「今後は市民と連動して社会運動として発展させていく」と、事態が完全に終結して
    いないことを宣言している。政府は大衆が納得する形で中国との関係強化を進めていってもらいたい。

     25年前の4月、中国の学生たちが民主化を求めてデモを開始した。自由を求める声は全国に広
    がったが、2カ月後、天安門事件で学生運動は終結した。

     現在の中国の民主運動への抑圧は台湾の学生に無縁ではない。最近の香港の実情も不安材料に
    なっている。今回のデモでは香港からの支援者も多かった。「言論の自由はなくなるし、生活もよ
    くならない」と中国化への不満が寄せられ、「台湾頑張れ」のエールがあったという。

     馬政権の中国との関係改善政策も平たんな道ではないことが露呈した。こうした台湾の不安を国
    民党政府さらには中国指導部もしっかり認識してほしい。

    ————————————————————————————————————————
    2>> 台湾立法院占拠、ぼくたちの23日間戦争  鵜飼 啓(朝日新聞台北支局長)

    【朝日新聞:2014年4月17日「特派員リポート」】

     11日朝に訪れた台湾立法院(国会)の議場は、何事もなかったかのようにすっかり元の様子に
    戻っていた。

     10日夜までの23日間、立法院では異様な光景が繰り広げられていた。学生らが議場に突入し、た
    てこもったのだ。出入り口にはバリケードが築かれ、標語やポスターなどが所狭しと張り出され
    た。学生らは寝袋などを調達して泊まり込み、生活感があふれる空間にもなっていた。その痕跡
    が、一掃されていた。

     議場に戻ってきた立法委員(国会議員)たちが、自席の引き出しを点検する姿が多く見られた。
    「私たちを失望させないで」。そんな手書きのメッセージが残されていた議員もいた。歯ブラシ
    や、ビタミン剤が入ったままになっていた引き出しもあった。

     確かに、彼らはここにいた。

     占拠の引き金を引いたのは、3月17日に立法院であった一つの動きだった。内政などの合同委員
    会が、昨年6月に調印した中国とのサービス貿易協定を審議することになっていた。この協定は中
    台がサービス業を開放し合う内容で、対象項目は中国が80、台湾が64。馬英九(マー・インチウ)
    政権は「損失よりも利益の方が大きい」として承認を求めていた。

     だが、調印直後からこの協定への反発が噴出していた。調印まで中身を伏せたままだったため、
    交渉は「黒箱(ブラックボックス)」と批判された。台湾のサービス業は85%が従業員5人以下の
    零細企業といい、資本力に勝る中国企業が入ってくれば勝ち目がない、との悲鳴も上がった。野
    党・民進党は「開放の度合いが不平等で台湾に不利」と主張。広告業を開放することで中国の台湾
    メディアへの影響力が高まり、言論の自由が失われるのでは、などと中国の存在感の高まりにも懸
    念が高まった。

     民進党はあの手この手で審議を妨害、引き延ばしを図った。中国との関係改善に積極的な馬英九
    総統はいらだちを強め、審議の加速を指示。与党国民党がこの日、ついに動いた。与野党はもとも
    とこの協定を逐条審議することで合意していたのだが、委員会の議長を務める委員が審議をしない
    まま、本会議に送付すると宣言したのだ。しかも議長席にも上がらず、部屋の隅で、服の下に隠し
    た無線マイクでの「不意打ち」だった。

     庶民の生活に大きな影響を与える法案を、立法院は審議もせずに無理やり通そうとしている。民
    主主義を踏みにじった——。そんな怒りを抱いた人たちがいた。その一人が、実家のある台南にい
    た台湾大学大学院生の林飛帆氏。林氏は急きょ台北に入り、サービス貿易協定に反対する活動を組
    織していた弁護士の頼中強氏らと連絡を取り合い、18日に立法院の前で抗議集会をすることを決めた。

     複数の中心人物によると、立法院への突入はもともと企図していたわけではなかった。だが、集
    会の参加者の中に、中央研究院の黄国昌・副研究員がいた。若手研究者の黄氏は社会運動に積極的
    にかかわり、やはりさまざまな運動に参加している林氏ともよく知る間柄だった。その黄氏の一言
    が全てを変えた。

    「立法院に突っ込んでみないか」

     以前の運動では、電話でのやりとりが当局側に漏れていたことがあった。台湾では捜査の手法と
    して盗聴が多用される。関係者は電話でのやりとりに慎重になり、現場での話し合いで物事を決めた。

     立法院には日本統治時代の女学校を活用したコの字形の事務棟と、中庭に立つ議場などがある。
    三方を中山南路、済南路、青島東路という通りに囲まれており、抗議集会の参加者らはそれぞれの
    通りにある三つの門に分かれていた。門はそれこそ校門のような造りでそれほど厳重なわけではない。

     狙いは、議場に直結する青島東路の門からの突入だった。午後9時半ごろ、学生らはまず中山南
    路の正門と済南路で騒ぎを起こし、警察官がそちらに引き寄せられたところ、警備が手薄になった
    青島東路の門を破って議場内になだれこんだ。突入した学生の一人は「思ったよりもすんなり入れ
    た」と振り返る。

     同夜から翌朝にかけて警官隊が数度にわたり学生を排除しようとしたが、失敗。翌日になると、
    ニュースを知った人たちが学生を支持して集まり始めた。馬政権は民意に耳を傾けないという受け
    止めは市民の間でも広く共有されていた。中国の影響力の高まりへの不安も強く、立法院への侵入
    という不法行為にもかかわらず、強い共感を呼んだのだ。

     事前の周到な準備もなく、占拠した学生たちだったが、支援の輪は急速に広がった。学生らが突
    破した青島東路の門は開かれたまま。大勢の人たちが立法院敷地内に座り込んだため、警察は議場
    を完全に包囲して学生らを「兵糧攻め」にすることもできなかった。食糧や寝袋などが外に集まっ
    た人たちの手も経て運び込まれ、議場内外の音響設備や通信環境なども専門家の協力で素早く作り
    上げられた。医療チームや弁護団も常駐。占拠の長期化を支える体制が出来上がった。

     議場内は最初の2、3日は緊迫感に包まれた。警察が強制排除に動くかもしれないからだ。数人が
    張り付くようにバリケードに上り、外への警戒を怠らない。議場の正面玄関には、警官突入に備え
    て男子学生らが人間の盾を作っていた。

     だが、立法院内で警察を動かす力を持つ王金平・立法院長(議長)が「警察を投入しない」と明
    言したことから、すぐにこうした緊迫感は薄れた。「王院長がいるから僕らは大丈夫」。そう語っ
    ていた学生もいた。

     議場の廊下や玄関には大勢の警官が詰めていたが、学生側との間で一定の取り決めも出来ていた
    ようだ。リーダーとしてカリスマ的存在感を見せるようになった林氏ら、学生団体の幹部は議場内
    と外の集会を相当自由に行き来していた。警察側には、幹部の身柄を拘束すれば、集まった人たち
    が激高して手が付けられなくなる、という心配もあったのだろう。学生らは「通行証」を作り、そ
    れを持っていればいったん外に出ても、警察は議場内に戻ることを黙認していた。中にいるメン
    バーも入れ替わっており、突入時から撤収までずっと立てこもった学生は実はそれほど多くない。

     議場にはさまざまな人がいた。台北芸術大学卒の陳敬元さん(29)は油絵を描いていた。突入直
    後に議場内の様子を描いた絵は、のちに発言台の前に飾られるようになった。「自分の出来ること
    で、この運動に貢献したいと思った」と語る。ネットワークを生かし、運動のテーマソング作りに
    も貢献した。銘伝大学の許茹?さん(20)は、3代にわたる国民党支持者の家庭に育ったという。
    それでも、インターネットの交流サイトで抗議の動きを知り、有権者である「公民」として行動を
    起こさなければならないと考えたという。「自由な環境で育った私たちの世代は、自由や民主主義
    に対する思いが非常に強い」と話す。

     対日貿易に携わっていたという林さんは、すでに退職した身だ。学生らとは親子以上に年齢が離
    れているが、ボランティアとして議場にずっと泊まり込んでいた。自ら掃除役を引き受け、議場内
    のゴミの分別回収システムを作り上げた。林さんの姿に打たれ、ゴミ係を買って出る学生らもい
    た。林さんの子どもたちは海外に住む。「子どもたちのかわりに自分はここに来ているんだよ」と
    笑顔で語っていた。

     悲壮感に包まれたのは、3月24日未明だ。議場外に集まっていた市民らの一部が前夜に行政院
    (内閣)に突入。警官隊に強制排除され、こん棒で殴られた人たちもいた。テレビでその様子を見
    守っていた議場内の学生らには泣き出す人たちもいたという。「運動はもうもたないかもしれな
    い」。そうこぼした学生もいた。

     だが、強制排除には「台湾の民主主義にとって最も暗い日」との強い批判が起きた。学生や市民
    らを結束させる結果を生み、3月30日の大規模集会や、政権や与党の学生らへの譲歩にもつながった。

     運動が急速に大きくなっただけに、運営にはさまざまなあつれきがあったようだ。林氏ら学生
    リーダーは社会運動団体の代表らとともに20人規模の「決策小組」という幹部会を結成して意思決
    定に当たったが、「決定権が一部の人に集中していて、民主的ではない」と批判も受けた。撤収を
    決めた際も、「みなの意見を聞くべきだ」と憤りをぶつける人もいた。初日から撤収までのほぼ毎
    日議場内で寝泊まりしていた学生は、結局林氏と言葉を交わすことなく、議場を去った。

     もう1人の学生リーダー、陳為廷氏は「みんなで決めていたら、手の内が政権側に筒抜けにな
    る。政権と戦っていくためにはこうするしかなかった」と説明する。だが、こうした主張は、サー
    ビス貿易協定の「黒箱」批判に「交渉の手の内をさらけ出すわけにはいかなかった」とする政権の
    説明とかぶる。民主主義を取り戻そうと立ち上がった学生らだが、その運動の中で民主主義の難し
    さも体感したようだ。

     立法院を占拠するという学生らの行動には、台湾内でも「不法行為」だという批判がもちろん
    あった。馬英九総統は確かに支持率は低いが、選挙で選ばれたというのも事実だ。いくら不満があ
    るからといって、議会を人質に取るような形で要求を突きつけることが許されない、との指摘も
    あった。もし日本でデモ隊が国会占拠をしたら、猛烈な批判が巻き起こることは想像に難くない。

     台湾では、そうはならなかった。占拠直後に行われたケーブルテレビ局TVBSの世論調査で
    は、48%が占拠を支持、不支持は40%だった。30日の大規模集会は主催者発表で50万人が参加し
    た。この数自体には議論はあるが、集会会場につながる道路を見渡す限り人が埋め、ものすごい数
    の人が集まったことは事実だ。

     台湾では、民主主義を市民が自らの手で勝ち取ってきた歴史がある。以前は長く国民党による一
    党支配が続き、戒厳令が解除されたのは1987年。それほど遠い昔ではない。言論弾圧も行われてい
    た。そうした弾圧にも負けずに声を上げ続けた人たちがいて、96年に初の総統直接選挙が実現し
    た。政権交代も実現し、今やすっかり民主主義が定着しているが、自らの権利は自分たちの手で勝
    ち取るもの、という意識が根付いているのかもしれない。

     占拠中、立法院の周辺には多くの人が集まり、熱心に台湾の未来や民主主義について語り合って
    いた。若い世代が中心で、高校生たちもいた。子どもたちを連れて参加していた若い母親の姿も
    あった。幼い子ども向けに分かりやすく話をするテントもあった。23日間の出来事に触れた何十万
    人もの人たちは、折に触れてこの体験を語り合い、民主主義を勝ち取るDNAを引き継いでいくの
    だろう。

                         ◇

    鵜飼啓(うかい・さとし) 台北支局長。1993年入社。青森、岡山支局を経て、中国重慶市に留
    学。香港、ワシントンの特派員、国際報道部次長、論説委員などを務め、昨年4月から現職。44歳。



    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: