台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年5月21日水曜日

    「台湾の声」【 5 月 24 日・第 18 回台湾セミナー】『近くて近い台湾と日本—日台交流川柳句集』の編纂を通じて学んだこと

    【5月24日・第18回台湾セミナー】『近くて近い台湾と日本—日台交流川柳句集』の編纂を通じて学んだこと


    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄より転載


    5月24日、江畑哲男氏(東葛川柳会代表)を講師に第18回台湾セミナー
       参加者全員に『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』を贈呈!

     日本と台湾の川柳会が一緒に合同句集を出版したのは、恐らく「世界初の快挙」と言っていいだ
    ろう。台湾で短歌や俳句が詠まれていることは、『台湾万葉集』の呉建堂氏が菊池寛賞を受賞し
    『台湾俳句歳時記』の黄霊芝氏が正岡子規賞を受賞したことで、日本でも知られるようになってい
    たが、阿川弘之氏でさえ「川柳を作る人たちがゐようとは、およそ想像すらしてゐなかつた」(2006
    年「台湾の川柳」)と述べていたほどだ。

     本書『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』の企画者で編者の東葛川柳会代表の江畑哲男
    氏はつい最近まで高校の先生だった。教え子たちに本書のことを話すと「台湾の人たちは日本語で
    川柳作ってるの? 今でもォ?」と信じてもらえなかったそうだ。

     李登輝総統時代の1994年7月、台湾に台湾川柳会が発足。それから20年。日台の川柳会は密度の
    濃い交流を続けてきた。川柳界の第一線で活躍する江畑氏に、日台の川柳交流や本書を出版するま
    でのエピソードなどをお話しいただきます。参加者にはもれなく本書をプレゼント!

     ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。

                        記

    ◆日 時:平成26(2014)年5月24日(土) 午後6時45分〜8時45分(6時15分開場)

    ◆会 場:文京シビックセンター 3階 会議室A+B

          東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100
         *低層階用のエレベーターをご利用下さい。
          【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分
              都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
              JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
          http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

    ◆講 師:江畑哲男氏(東葛川柳会代表、全日本川柳会常任幹事)

    ◆演 題:『近くて近い台湾と日本—日台交流川柳句集』の編纂を通じて学んだこと

          江畑哲男[えばた・てつお]昭和27(1952)年生まれ。早稲田大学教育学部卒。東葛
          川柳会代表。全日本川柳協会常任幹事。早稲田大学国語教育学会会員。日本李登輝友
          の会会員。主な著書に『ぐりんてぃー—川柳句文集』『アイらぶ日本語—日本語で遊
          ぼう 川柳で遊ぼう』『ユニークとうかつ類題別秀句集』『ユーモア党宣言!』『我思
          う故に言あり—江畑哲男の川柳美学』など。編著に『近くて近い台湾と日本─日台交
          流川柳句集』。

    ◆参加費:1,500円(会員) 2,000円(一般) 1,000円(学生)
          *当日ご入会の方は会員扱い

    ◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *5月23日(金) 締切 当日受付も可

          申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
          E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

    ◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて
         [参加費=男性:3,000円 女性:2,500円 学生:1,500円]

    ◆主 催:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101
     E-mail:info@ritouki.jp
     HP:http://www.ritouki.jp/
     Facebook:http://goo.gl/qQUX1

    --------------------------------------------------------------------------------------

    5月24日「第18回台湾セミナー」申込書

    ご氏名:

    会 籍:  会員 ・ 一般 ・ 入会希望

    お電話:

    メール:

    懇親会:  参加 ・ 不参加

    ————————————————————————————————————————
    2>> 江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本─日台交流川柳句集』のご案内

     本書は、台湾川柳会の創立20周年を記念して編まれた初の日本と台湾の川柳交流句集。全4章に
    日台が川柳を通して交流を積み重ねてきた歩みが躍動する労作。

     巻頭にカラー写真で交流の歴史を再現し、20年の軌跡は歴代会長の横顔を中心に歴史的証言や
    エッセイで描く。日台川柳家122名の力作を収め、台湾川柳の嚆矢ともいうべき戦前の川柳誌『國
    姓爺』も採録。台湾の用語解説も川柳でつづり、巻末には台湾川柳会の歴史年表も収める。阿川弘
    之・本会名誉会長のエッセイ「台湾の川柳」も収録。


    【本会ホームページ参照:http://www.ritouki.jp/

    ・江畑哲男[えばた・てつお]昭和27(1952)年生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒。東
     葛川柳会代表、全日本川柳協会常任幹事、早稲田大学国語教育学会会員。日本李登輝友の会会
     員。主な著書に『ぐりんてぃー—川柳句文集』『アイらぶ日本語—日本語で遊ぼう 川柳で遊ぼ
     う』『ユニークとうかつ類題別秀句集』『ユーモア党宣言!』『我思う故に言あり—江畑哲男の
     川柳美学』など。

     東葛川柳会 http://members3.jcom.home.ne.jp/tousenkai/

    ・台湾川柳会[たいわんせんりゅうかい]1994(平成6)年発足。現代表・杜青春。台北市内で毎
     月例会開催。〒10699 台湾・台北郵局53-384信箱

     http://ftp.scu.edu.tw/scu/japanese/taiwansenryu/

    ◆新葉館出版 定価:1,944円(税込) 四六判・並製・270頁

                      ◇  ◇  ◇

    ◆頒 価:会員:1,700円  一般:1,850円

         *送料:2冊まで =164円  3冊以上=実費(日本国内のみ)
         *入会ご希望の方も会員価格です。

    ◆お申込:申し込みフォーム、またはメール・FAXにて

          https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px 【PC用】
          https://mailform.mface.jp/m/frms/ritoukijapan/uzypfmwvv2px【携帯用】

    ◆申込先:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

    ◆支払い:代金後払い  *本と一緒に請求書を送付します。

    -----------------------------------------------------------------------------------------

    江畑哲男・台湾川柳会編『近くて近い台湾と日本』お申し込み書

    ・注文数:   冊

    ・振込先:郵便振替・ゆうちょ銀行・銀行(○で囲んで下さい)

    ・ご氏名:

    ・ご住所: 〒

    ・電 話:

    ・E-mail:

    ・会 籍:会員・一般・入会希望(〇で囲んで下さい)

    —————————————————————




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    0 件のコメント: