台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年3月18日火曜日

    「台湾の声」【クリミヤと台湾、北方領土】台湾にとって他人事でないクリミア紛争

    【クリミヤと台湾、北方領土】台湾にとって他人事でないクリミア紛争

                   海原 創 (「連帯する日本」札幌幹事)

      クリミヤ紛争と聞いても大多数の日本人はその場所すら知らないであろう。

    きっと地球上の遠い地方の出来事で、この紛争が自分たちのごく身近な問題で

    あると捉える人などごく少数であると思う。

      ロシア政府(プーチン)は定石どうりクリミヤ自治区に居住するロシア系住

    民の保護を口実に軍を派遣しクリミヤをウクライナから切離し独立させる作戦

    に出た。そして世論の地固めを計るため先ずは友好国の習近平に電話して理解

    と支持を求める。しかし習氏の態度は予想外に冷ややかであった。プーチンの

    要請を額面どうりに解釈し、れっきとしたウクライナの一部であるクリミヤの

    独立を支持したりすれば、中国の一部と考える台湾や他の少数民族自治区の独

    立をも認めることに繋がりかねない。

      三月六日、この問題が国連に持ち込まれ米国をはじめとする世界の主要国が

    一斉にロシア批判と経済制裁を叫びだすと、プーチンは国連でVETO(註)を有す

    る中国だけはなんとか味方にしておかねばと新たな方策を試みる。その手とは、

    クリミヤの独立ではなく半島の全住民にロシアへの帰属を問う選挙を挙行する

    というものであった。今後国連での審議やウクライナ現地での状況がどこまで

    悪化するかは未知数であっても、もしこの選挙結果クリミヤがロシアに併合さ

    れることとなれば、たとえ台湾住民の八割が独立支持であるにせよ、将来中国

    が台湾住民に中国への帰属を選挙で問う論理的な根拠が与えられる可能性が生

    まれる。これを巡って国連でもし論戦となれば、ロシアを支持することは中国

    にとっては決して不都合ではないであろう。このように、台湾住民にとってク

    リミヤ問題は他人事ではなく明日のわが身となりかねないのである。

      いま「台湾住民にとっては〜」と述べたが、正確には「日本人にとっても

    〜」と付言しなければならない。それはクリミヤを北方領土に置き換えれば鮮

    明である。北方四島には現在1万8千人のロシア人が不法に居住しておりわが

    国の返還運動に不安を抱きこれに反対しているが、もし彼らが安定した生活権

    や将来の保証をモスクワに要請すれば、プーチンは心にもなく人道的処置と称

    して四島のより確固たる支配を島民に約束するであろう。

      ロシアはこれまでも住民保護の名目で数えきれないほど各地の紛争に介入

    し、軍を進め、領土を切り取りながら新たな帝国主義へと逆走してきた。この

    勢いは今後衰えることはないであろう。北方領土交渉とは背後に強大な武力と

    理不尽な領土的野心を抱く相手との戦いで、決して安倍・プーチンの個人的友

    好関係で平和的に進むようなお目出度い事柄ではないのである。

      中国は台湾住民の現状意識からして即座に行動を起こすことはないであろ

    うが、わが国の政治姿勢や日米同盟の緊密度など、時を睨んで台湾への軍事

    介入も辞さない決断を下すであろう。それは一日も早くユーラシア大陸に歴

    史的な大中華帝国を実現するという習近平の野望の中で、台湾統一が習氏の

    力量を問う大きな課題であるからだ。

      クリミヤ問題はまさに台湾の問題であり北方領土の問題である。われわれ

    はこの問題を台湾の人々としっかり共有し注視してゆかねばならない。



    註:VETOとは拒否権のこと


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2014.3.15 8:00




    0 件のコメント: