台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より2015.3.21までの、『台湾の声』のバックナンバー等を掲載しています。バックナンバー一覧(発刊から2009/05/19まで分)は: http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 「台湾の声」は2017年10月よりリニューアルしました。リニューアル後のバックナンバーは: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=TrlFhDwwumiKWlHAS2yhQRrq7yOcIJChunR1b71wquMICI9PZP/pPrAFxTfD3BT7

  • 2017年10月のリニューアル後の登録/解除はこちらのリンクから: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=QZfFYkaqP/+i82p5y2M6KRrq7yOcIPChunR1b71wquMICI9PZP95PrAFxTfD3BT7

  • 2017年10月のリニューアルにあわせ、Facebookページを取得しました: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=wI9//qmdrkOIIFQ2b6bEEhrq7yOcICChunR1b71wquMICI9PZP+JPrAFxTfD3BT7
  • 2017年10月のリニューアルにあわせ、Twitterアカウントを取得しました: http://taiwannokoe.com/ml/lists/lt.php?tid=pYeGDPO05UWPiscVReTyaxrq7yOcIBChunR1b71wquMICI9PZP+ZPrAFxTfD3BT7
  • 2014年3月29日土曜日

    「台湾の声」【告発】行政院の強制排除は計画性リンチ【動画】

    【告発】行政院の強制排除は計画性リンチ【動画】

    台湾の声 2014.3.27 18:00

    管碧玲立法委員は、行政院内を占拠した学生の記録したビデオを示し、行政院の学生に対する強制排除の際に、警察側が、まずメディアに現場を離れるように指示し、学生を孤立させ、そして、霹靂小組と呼ばれる特殊部隊に学生たちを襲わせたことを明らかにした。

    また、質疑の中で、これまで政権側が「ソフトな強制排除であり、肩を敲いて退去を促した」と説明していたことについて、具体的にどのような指示を出したのか質問し、「全力で排除するように」という指示だったことがあきらかになった。

    また、今回のケースは、「ソフトな強制排除」も可能であったこと、「部分的に問題があった」と認めさせた。

    また、答弁に立つ警政署長らの発音から、彼らが、外省人であることもわかる。もちろん血統がすべてを決めるわけではないが、伝統的な台湾人からしてみたら、中国人が中国と手を結んで台湾人をいじめているように映るであろう。

    [影片]管碧玲質詢掲露警方有計画先駆離媒体 再包囲静坐学生施私刑
    https://www.youtube.com/watch?v=b5uXmAByc9g (言語は中国語)

    20140326立委管碧玲質詢警政署,製作3分鐘影片掲露3月23晩間至24日凌晨,学生於行政院要求行政院退回服貿協議時,警方乃有計画地先区隔学生与媒体,強勢駆離清除媒体後,以優勢特勤鎮暴警察包囲威嚇和平静坐学生,随後施以暴力私刑,造成流血衝突。影片也顕示警方搬動行政院卓椅堆置門口,並非学生破壊公物。管碧玲痛批警方明顕違反《特殊任務警力編装訓用規定》所載特殊任務警力乃為「打撃有組織、有武器之暴力犯罪」,行政院長江宜樺必須道歉下台。

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


     

    0 件のコメント: