台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年3月29日土曜日

    「台湾の声」【 330 】【日漢併記】「台湾の民主主義を守ろう!三月三十日海外の台湾人立ち上がろう」世界一斉活動日本地区活動

    【330】【日漢併記】「台湾の民主主義を守ろう!三月三十日海外の台湾人立ち上がろう」世界一斉活動 日本地区活動

    【コンセプト】
    世界中で行われる「台湾の民主を守れ!3月30日海外台湾人よ立ち上がれ!」海外台湾人によるブラックボックスのサービス貿易協定反対運動に呼応して、日本は世界時差リレーの第二区として、日本時間の3月30日(日曜日)の午後2時、東京・京都・福岡の3か所で声援活動を行います。
    本活動の目的は、集会という方式を通じて、在日台湾人の力を結集し、台湾の現在も立法院(国会)で戦っている友に強い声援を送ろうというものです。また対話を通じて多元的な声を理解し、日本の声援組織がどのようにして台湾の長期抗戦に寄り添い、運動の成功のその日を迎えることが出来るか考える貴重な機会としたいと思います。

    【アピール】
    1. 「協定撤回、交渉やり直し」
    現行の「条文ごとの審査」に関する法令は形式的であり、協定の内容について実質的な修正を行うことが出来ません。わたしたちは 「協定撤回、交渉やり直し」を我々のアピールの中核とします。

    2.「まず立法してそれから審査」
    わたしたちは台湾の与野党に対し、ECFA以来、台湾と中国の経済協力協定の締結、発効の過程における「手続き上の不正義」の問題を正視し、いかなる貿易協定を結ぶ際においても密室作業の疑惑を排除するするよう求めます。したがってわたしたちは立法院に対し「台湾と中国の協定作業監視の法制化」を行ってから公開で透明な土台の上でサービス貿易協定を審査するよう求めます。

    3.「憲法の基本人権を保障し、政府による暴力的鎮圧に反対する平和集会」
    わたしたちは政府が3月23日深夜に行った暴力的鎮圧行動について厳しく糾弾します。政府は憲法が保障する基本的人権を守り、非暴力の抗議者に対する「比例原則に違反した鎮圧行為」を二度と起こさないと保障すべきです。

    4.「民間のアピールを正視し、誠意を持って対話をすること」
    政府は最大の誠意をもって、国会を占拠した学生団体の訴えに耳を傾け、理解すべきで、特定の立場を持たずに有効な対話を進めることで、今回の事件を平和的に解決すべきです。

    【活動情報】
    [時間]3月30日日曜日午後14時
    [場所]
    東京−代々木公園 中央広場時計塔前(http://ppt.cc/G82y
    京都−京都大学文学部新館第三講義室(http://ppt.cc/IpcX
    福岡−大濠公園->赤坂ビジネスプラス(http://ppt.cc/UDoL

    [オーガナイザー/スポークスパーソン]
    東京−何時宜 orangetokitw@gmail.com/陳[日/立]儒 william30483@hotmail.com
    京都−魏培軒 qboy0729@gmail.com/廖珮吟 amandapei06@gmail.com(日本メディアへのスポークスパーソン)
    福岡−林紀全 lin.chi.chuan@gmail.com (兼スポークスパーソン)

    [活動詳細]
    ==東京==
    関東地方では、課外学内ゼミ「青空教室」の形式で執り行うこととしました。そこで東京青空教室では、「ソーシャルネットワークと学生運動の参加」、「民主主義と手続き正義」と「台湾の貿易と長期の展望」、三つのテーマを扱い、台湾留学生、日本学生と対話形式によって進め、討論を行います。全てのプログラムに日中通訳が入ります。当日日本各地会場・台湾現地の生中継、生中継もUSTREAM配信が行われます。最後で参集頂いた方々との記念写真を撮影し、東京の皆さんの台湾の学生運動への熱烈な支持の表明のきっかけにできればと思います。台湾の民主と未来に関心のある方、留学生と共に、建設的に考えましょう。

    ==京都==
    関西地方集会活動には、学者と立法院占拠行動に参加した留学生が今回の学生運動についての評論を発表する予定である。そして、日本各地会場・台湾現地の活動を生中継し、応援歌を斉唱する。関西地方各学校の代表者と当日参加者も自身の意見を発表し、持参する標語を掲げてショートビデオを作ることにより、今回台湾学生運動を応援する。

    ==福岡==
    九州地方では、福岡市内の会議室を借り、鹿児島から北九州までの台湾留学生及び在日台湾人が集まるセミナーを開催する。内容としては、台湾民主・経済セミナー及び日本各地会場・台湾現地の生中継。在九州台湾人は台湾学生運動に支持の声を挙げよう!


    台湾の声付記:
    京都の活動では、「民衆の歌が聞こえるか」を台湾語と日本語で歌う予定です。参加希望者は、各自、練習してきてください。

    台湾語版歌詞
    http://4.bp.blogspot.com/-_ovwisfnTeE/UzUifkReogI/AAAAAAAABB0/noYXziUR6l8/s320/Do%2Byou%2Bhear%2Bin%2BTaiwanese%2Bwith%2Bkana%2B0328-765525.gif

    日本語版歌詞
    http://4.bp.blogspot.com/-JvCZa3u9N9M/UzWlcwrlh-I/AAAAAAAAAWM/s86OUvuUX60/s1600/Do+you+hear+0328+in+Japanese.gif

    台湾語版動画
    https://www.youtube.com/watch?v=EmmXB4RLc-M

    日本語版動画
    https://www.youtube.com/watch?v=iC1NHL01eFM

    ---
    《響応全球330「捍衛台湾民主!三月三十海外台人站出来!」日本区活動》

    【活動理念】
    響応全球「捍衛台湾民主!三月三十海外台人站出来!」海外台湾人声援反対黒箱服貿運動,日本作為全球時差接力的第二站,将在日本時間三月三十日星期天下午両点,於東京、京都、福岡三地舉行声援活動。
    本活動的目的是,希望透過集会的方式,凝聚在日台湾人的力量,対台湾現在還在立法院抗争的朋友表示強力声援。此外,也希望在這個難得的機会,透過対話、了解多元的声音,並進而思考在日本的声援組織,可以怎様陪著台湾長期抗戦直到運動成功的那一天。

    【活動訴求】
    1.「退回服貿,重啓談判」
    鑑於現行「逐条審査」的相関法律徒有形式,無法針対協定内容做出実質修正,我們以「退回服貿、重啓談判」作為我們的核心訴求。

    2.「先立法,再審服貿」
    我們要求台湾朝野各党正視自ECFA以来,台湾与中国経済合作協議簽訂、生効過程中「程序不正義」的問題,並在簽訂任何貿易協定時排除黒箱作業的疑慮,因此我們要求立法院須在「両岸協議監督法制化」後,在公開透明的基礎上審理服貿協定。

    3.「保障憲法基本人権,反対政府暴力鎮圧和平集会」
    我們強烈譴責政府於3月23日深夜的暴力鎮圧行動。政府応維護憲法所保障之基本人権,保証対於非暴力抗議民衆之"不合比例原則的鎮圧行為"従此不再発生。

    4. 「正視民間訴求,展現誠意溝通」
    政府応展現最大誠意傾聴、理解占領国会学生団体的訴求,並不設立場的進行有効的溝通協調,譲這次事件和平落幕。

    【活動資訊】
    [時間]三月三十日星期日下午両点鐘
    [地点]
    東京−代々木公園 中央広場時計塔前(http://ppt.cc/G82y
    京都−京都大学文学部新館第三講義室(http://ppt.cc/IpcX
    福岡−大濠公園->赤坂ビジネスプラス(http://ppt.cc/UDoL

    [総召/媒体聯絡人]
    東京−何時宜 orangetokitw@gmail.com/陳[日/立]儒 william30483@hotmail.com
    京都−魏培軒 qboy0729@gmail.com/林彦瑜 yenyulin911@gmail.com(台媒聯絡人)
    福岡−林紀全 lin.chi.chuan@gmail.com (兼媒体聯絡人)

    [詳細内容]
    ==東京==
    関東地区行動将以戸外課堂【東京青空教室】為主要形式,並討論三個議程:分別為「網路力量与学生運動参与」、「民主与程序正義」以及「台湾的貿易与長期展望」,由在日留学生,日本学生以及大学教授一同展開対談。全程将有中日翻訳,並実況転播台湾消息,以及和日本三地連線,我們的活動会在Ustream進行実況転播,結束後将進行団結合照,表達留日同学対於台湾学運的熱烈支持。因此,我們也広[之激]関心民主,関心台湾,以及経貿関係的朋友們一起加入我們,為台湾的未来提供建設性的思考。

    ==京都==
    関西地区声援活動将[之激]請学者以及実際参与行動者分享対於本次学生運動的評論分析,与日本各地連線時進行活動合唱,並安排関西各学校代表及現場与会者発表意見心得,会後将進行団結合照,表達関西地区同学対於台湾学運的熱烈支持。

    ==福岡==
    九州地区声援活動在赤坂的会議場舉行,将南北九州的台湾留学生及各界華僑斉聚一堂,以研討会的形式広納多方意見,並和日本各地及台湾同歩連線,伝達在九洲地区台湾人対於此台湾学運的声援以及支持。


    台湾之声附註:
    京都活動将以台日語斉唱「汝敢聴著[口自]唱歌」。請事先自己練習。

    台語版歌詞
    http://4.bp.blogspot.com/-_ovwisfnTeE/UzUifkReogI/AAAAAAAABB0/noYXziUR6l8/s320/Do%2Byou%2Bhear%2Bin%2BTaiwanese%2Bwith%2Bkana%2B0328-765525.gif

    日語版歌詞
    http://4.bp.blogspot.com/-JvCZa3u9N9M/UzWlcwrlh-I/AAAAAAAAAWM/s86OUvuUX60/s1600/Do+you+hear+0328+in+Japanese.gif

    台語版影片
    https://www.youtube.com/watch?v=EmmXB4RLc-M

    日語版影片
    https://www.youtube.com/watch?v=iC1NHL01eFM


    ---
    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
    2014.3.29 02:00


      

    0 件のコメント: