台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年4月8日水曜日

    「台湾の声」:読者のNHKへの怒りのメッセージ(1)

    4月5日放映の「NHKスペシャル シリーズ・JAPANデビュー」の第一回「アジアの"一等国"」は日本の台湾統治時代を批判するため、台湾人の証言を都合よく操作し、「反日台湾」を印象付けました。目的は台湾と日本の分断か。台湾人はNHKのように中国の反日陰謀に歩調を合わせるような真似をしません!

    抗議先 NHK視聴者コールセンター  0570-066066
    NHKスペシャル「感想・問い合わせ」 http://www.nhk.or.jp/special/

    放送倫理・番組向上機構(通称BPO)ご意見送信フォーム
    https://www.bpo.gr.jp/audience/send/form.html
    総務省・ご意見ご提案の受付
    https://www.soumu.go.jp/common/opinions.html

    以下は読者の怒りのメッセージです。
    *********************************************

    読者のNHKへの怒りのメッセージ(1)

    林建良様

    久しぶりにメールいたします。滋賀の沢田です。
    先ほどNHKに抗議のメールを送りました。
    私は5日のあの「アジアの一等国」を見て、本当にみじめな
    気持ちになりました。
    やっぱり日本は台湾で本当に酷い仕打ちをしてきたんだ、と
    情けない想いでした。
    台湾の高齢の方が、流暢な日本語で、日本に対する恨み言を
    口にする映像はとても辛かったです。
    ですから、きのうの朝「台湾の声」を見て、心底ほっとしたしだい
    です。
    あれは、まさに視聴者を私が感じたような気持ちにさせるのが
    ねらいだったんだとわかって。それをすぐに見抜けない私は
    まだまだ何もわかっていないなと恥ずかしくもありました。
    さらにもう一晩考えてから、と思い、きのうは抗議メールを
    しませんでしたが、今日の「台湾の声」を読ませていただいて
    その後すぐにNHKに抗議メールを送りました。ご報告まで。

    *********************************************
    NHKの番組見ました。
    酷い偏向番組だと思いました。たしかに50年統治したわけだから光と陰の部分があるのは当然だがこの番組は否定的な部分のみを集め過大に報道している。
    後藤新平を否定する内容が有ったが、なら台北市内新公園の博物館に台湾開発の貢献者として李登輝政権成立後、後藤新平の像が展示してあるのはどう解するのか。
    義美プラスチック公司の老板で大陸進出企業の経営に関し大陸の圧力で引退させられた許氏は後藤新平を顕彰する言辞をされている。
    NHKは北京の軍事博物館の近くに十数年前から日中放送センターとする施設を作り多額の資金と職員を出している。
    しかし現地では日本の支援は一切隠され名前もメディアセンター「梅智亜中心」の看板が有るのみである。現地職員の話では土地の提供以外は全てNHkの負担だと。
    この費用も受信料からだ。
    ことほど左様にNHkは北京寄りである。
    これが公共放送の実体で有り偏向そのもので北京寄りの番組でした。
    日本国民と台湾国民の分断は図った偏向番組の放送との指摘は正しいと思います。
    華西街の台湾人老元日本兵と思われる言葉を切り取った日本批判の内容も全体を正確に報道すれば異なる内容なると思う。中国による台湾併呑促進に貢献する番組と言える。

    一親台湾読者より
    *********************************************

    お世話になります。

    同じ番組を観てました。
    途中で気分が悪いので消しました。

    脳梗塞で喋れませんが(物忘れも、語句、文章、慣用句、を忘れるんで
    す)
    私も同じ気持ちです。

    願わくば、テンプレートで「放送倫理・番組向上機構(通称
    BPO)ご意見送信」、
    「総務省・ご意見ご提案の受付」のメールでの送り方をサジェスチョン
    頂けないでしょうか?

    同じメルマガの読者も「テンプレート」が、あると送りやすいのではと。

    御一考下さい。m(__)m


    益々のご活躍をお祈り申し上げます。

    *********************************************

    【参考】「反日台湾」を強調したNHKスペシャルー「シリーズJAPANデビュー」


    ブログ「台湾は日本の生命線!」より
    ブログでは関連写真もあり。
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-714.html


    1、漢民族弾圧を強調—日本の台湾統治史で反日宣伝 

    ■保守派も太刀打ちできないNHKの反日番組 

    今年は横浜開港から百五十年に当たることから、NHKは「これからの日本を探る」として関連番組を放送する「プロジェクトJAPAN」なる三年シリーズを開始。四月四日には「プロローグ」として「戦争と平和の150年」と題した番組を放送したが、これを見て「憲法九条の宣伝に過ぎない」と酷評したのは在日台湾人でメールマガジン「台湾の声」編集長の林建良氏。

    医師でもある同氏は「かつての日本の防衛戦争を否定する内容。血液に白血球はいらないと言っているようなもの」と笑った。そして「国民の受信料で反日宣伝を行うのだから、左翼より悪質。これでは保守派も太刀打ちできない」とも。

    そして翌五日、「NHKスペシャル」の「シリーズ・JAPANデビュー」の第一回を放映。百五十年前に世界にデビューした日本が第一次大戦の戦勝国となって一等国入りしながら、なぜ敗戦への坂を転げ落ちて言ったかを探るのがこのシリーズなのだそうだが、それがとんでもない反日内容となることを十分なまでに予感させるものだった。

    ■台湾を「アジア支配の原点」と強調する意図

    第一回の「アジアの"一等国"」は、一八八五年から一九四五年に及んだ日本の台湾統治の歴史についてだった。

    番組のアナウンスによると、日本の「アジア支配の原点」を台湾と位置付け、「近代日本とアジアとの関係」を示し、そしてその上で「私たちはどう生きた。どう生きる」を考えさせようとの内容らしい。

    「台湾」を語るに当たり、番組は冒頭で、「台湾人のほとんどは中国大陸から移り住んだ漢民族」と強調する。最近の台湾の古文書などの検証で、台湾人は漢民族に同化された原住民の子孫であることが判明しているが、番組はあくまで「漢民族の移民の子孫」との従来の「通説」を踏襲する。

    それはともかく、「漢民族」との強調により、その時点で早くも、日本の「アジアの異民族への支配」の不当性を糾弾しようとの意図が読み取れた。

    ■「漢民族弾圧」で語る台湾統治史

    日本は初めての殖民地である台湾の統治成果を世界に示そうと力を注ぎ、「漢民族の伝統と誇り」を持つ台湾人の武力抵抗を弾圧し、第一次大戦後は同化政策を進めて民族自決主義の影響による台湾人の自治要求運動を弾圧し、支那事変以降は漢民族である台湾人の日本人化を強行するため皇民化運動を行い、台湾の南進基地化の下で約二十一万人もの台湾人を軍に入隊させ、中国、南方戦線へ送ったが、敗戦を迎えたと言うのが番組のあらすじだ。

    この「あらすじ」自体には歴史歪曲があるとは言えない。「漢民族弾圧」と言う一つの歴史の側面を語る上で、このようなものを組み立てるのも可能ではあるが、その組み立ての動機については、番組の最後のくだりに登場するフランスの歴史学者、パスカル・ブランシャール氏の次の言葉でおおよそを知ることができる。

    ———私たちは他社との歴史共有の道を探し当てなくてはならない。

    ———私たちはもはや、正しく優れているのは自分で、間違い、劣っているのは相手と考えることはできない。

    ———世界に目を向け、なぜ世界の人々は日本をこう見るのかを理解しなければならない。

    台湾統治当時の日本人にすら想像も及ばないフランスの殖民地における人種差別政策の苛烈さはともかく、NHKはこれらのセリフに正当性を与えるため、当時を知る台湾の老世代に、次から次へと日本統治への恨みを、日本語で語らせて行くのだ。


    2、台湾人の証言を操作し反日宣伝—ご都合主義の番組制作

    ■当時の不満を吐き出させて歴史の傍証に

    例えば、

    ———学校、職場で偏見、差別に苦しめられた。

    ———(日本時代は)嫌だな!馬鹿にしよって。

    ———役所では昇進の条件となるから、仕方なしに改姓名(日本名への改称)した。昔の姓を残したかった。

    ———酒を飲むのも日本酒。喋るのも日本語。こういう人間に誰が育てた。日本だ。二十年間の教育は恐ろしい。

    日本時代を懐かしがっているとされるあの世代の台湾人のこれらの言葉に、耳を疑う日本人は多かったかもしれないが、実際にあの世代には、相手を不愉快にさせまいと、日本人の前ではあまり語らない感情があるのだ。

    それは当時台湾にいた日本人から受けた差別への恨みだ。同じ日本国民でありながら、感情面でも制度面でも加えられた差別への悔しさである。NHKはカメラの前で、彼らにそれを思う存分話させた、あるいは吐き出させた。そしてそれを日本の「漢民族弾圧史」の揺るぎなき傍証に仕立て上げた。

    それを一つの歴史検証の方法だとしても、公正さが求められる番組の手法としてはどうだろうか。

    上の掲げた発言は、日本統治時代の台北一中の卒業生たちのものだが、彼らをよく知るある日本人が「おかしい」と直感した。たとえ知り合いではなくても、台湾のあの世代と交流があれば、「何かがおかしい」と感じるのが自然だろう。

    そこでその人が電話で本人たちに確認したところ、「日本統治より国民党統治の方がひどかったと話したが、その部分は番組で削除された」ことなどがわかって来た。

    ■反日番組の障害だった「親日」クリアに成功

    番組は最後に「親日的とも言われる台湾で、今も残る日本統治の深い傷。それは今後アジアの中で生きて行く日本が分かち合わなければならない現実。過去と向き合う中から見えて来る未来。百五十年前に世界にデビューしたジャパンの歴史が、私たち一人ひとりの明日を問いかけている」とのアナウンスで終わる。

    私の長年の観察から言えば、これまで日本の反日歴史ドキュメント番組にとって「親日的とも言われる台湾」の人々の歴史証言は明らかに厄介な存在だったが、NHKはシリーズ第一回でこの点をうまくクリアし、「幸先より」と喜んではいないだろうか。

    もしすべての台湾人が日本の統治に感謝、感激し、「日本の完全無欠の偉大な歴史」を宣伝する政治的番組を制作するとしたら、自ずとNHKと同様の手口を採用することになるだろう。「あのころはよかった」との証言をいくつも引き出し、それを集成して「日本統治の栄光」とアナウンスすれば一丁上がりである。

    ■日本は台湾原住民を「動物」扱いしたか

    番組では「五十年の統治を象徴する」として取り上げられるのが、一枚の台湾原住民、パイワン族の集合写真だ。アナウンスはこれを「人間動物園」の写真だと断定する。

    約百年前にロンドンで日本の産業や文化を紹介する日英博覧会が開催され、約八百万人が訪れたが、そこで特に人気を集めたのが、パイワン族の家作りや暮らしぶりを見せるコーナーだった。そこではパイワン族の人々が客の前で「戦いの踊り」「戦闘の真似事」などを披露した。そしてその写真は、そのように「見世物」になった人々の写真なのだと言う。

    英国では当時、インドなど殖民地の原住民の「見世物」を「人間動物園」と呼んだそうだ(その言葉が見られる英国の昔の文書が映し出される)。それは原住民を文明化するのを使命とされていた時代のもので、当時は「いいこと」。だから日本もそれを真似、パイワン族の「人間動物園」を展示したと断じるのである。

    そしてこの写真は殖民地政策の政策を示して一等国と認められようとした日本にとっては「統治の象徴」と言う論法だが、それではあたかも日本人もまた、原住民を「動物」扱いしたと受け取られかねない。

    ■「日本統治の深い傷」を拵えるNHK

    英国が殖民地の原住民をどれほど「動物」扱いにしたかは知らないが、少なくとも日本人は台湾で原住民を帰順させた後、近代文明を知らない原住民一人ひとりを「天皇の赤子」と位置付け、人種差別意識から来る「蕃人」との蔑称を改めて「高砂族」と呼び、警察官(教師、産業指導を兼務)が並々ならない使命感を抱き、命がけで山岳などの部落に赴き、根気よく手取り合いとり教育を施し、国民意識、産業、衛生など近代観念を教え、その結果、原住民の出生率は上がり、劣悪な生活環境のなかで人口の増加を見ると言う成果を挙げたのだ。

    もちろんその成果の根底には日本人警察官と原住民たちとの間の「人と人の心の交流」があった。そしてそのためにこそ原住民は、日本人への強い信頼感、親近感を戦後に至るまで抱いて来たのである。

    ところが番組は渡英したパイワン族の遺族たちに写真を見せ、沈痛な面持ちで「悲しい」と言わせる。遺族たちはその渡英の話を聞かされていないとのことだから、たぶんNHKが「動物として扱われた」と聞かされ、「悲しい」と答えたのだろう。

    このように遺族を悲しませることで、NHKは「日本統治の深い傷」をもう一つ追加した。


    3、台湾の元日本軍人が恨んでいるのは戦後日本—なぜ正確に扱わない

    ■笑顔の教育勅語の暗誦も「深い傷」

    番組は皇民化政策の「行き着いた先」として「台湾人が日本軍の兵士として国のために命を捧げた」ことを挙げる。

    支那事変、大東亜戦争時代の皇民化運動とは、近代国家ではよく見られた近代国民化運動の台湾版。それまでの同化政策を戦時の需要から急進的に展開したものだが、その結果、台湾人が国民の資質ありと認められるに至り、国民として従軍が認められたのだから、「行き着く先」と評するのは間違いではない。

    もっとも番組はそれを「日本統治の深い傷」とする見地である。ここでも「傷」を負った元日本軍人の台湾人たちを訪ねて日本への不満、恨みを語らようと試みる。

    場所はどこかの公園らしい。元軍人を含むおじいさん、おばあさんたちがカラオケで日本の軍歌を楽しそうに歌っているから公園に違いない。台湾の公園ではこうした光景はよく見られるのだ。

    そこでは一人の元軍人が日本語で昔の話を滔々と話す中、我々は教育勅語がわかる(暗誦できる)と言った。すると取材しているスタッフの「エー!」と言う驚きの声が入る。「とんでもないことだ」との怒りの声にも聞こえたし、「それは格好の反日題材だ」との喜びの声にも聞こえた。

    暗誦を始めたのは元軍人の横にいるおじさんだった。とても嬉しそうな笑顔である。

    もちろん、だからと言って、この人が日本を恨んでいない証拠だとは言えない。ただ台湾へよく出かける人ならわかるはずだ。日本人を前に教育勅語を暗誦し、日本との心の近さ、親しみを示す光景は、台湾ではよく見られることである。「何だ、お前は勅語を知らないのか。それでも日本人かい」と言ってからかわれ、萎縮したことのある若者も少なくないはずだ。

    だが番組ではこの暗誦も、悪意の響きを持つ「エー!」の対象となるのである。

    ちなみに台湾人は戦後、東京裁判史観にも唯物史観にも染まらなかったから、その多くは教育勅語を軍国主義に結びつけ、批判することはない。だから笑顔で日本人に誇らしげに、そして懐かしげに読んで聞かすのだろうと、私はいつも思っている。だから「エー!」は馬鹿さ加減をさらけ出すだけでなく、台湾人には無神経で失礼である。

    ■国民党の二・二八虐殺も日本の責任か

    そして番組はこうアナウンスする。

    「戦後台湾を統治したのは、蒋介石率いる中国国民党。日本兵として中国と戦った台湾人は、かつての敵の下で暮らすことになった。台湾人は日本人の奴隷となったと非難され、国民党と衝突。多くの人々が処刑されて行く」。

    「国民党と衝突」と言うのだから四七年の二・二八事件のことだろう。この国民党による台湾人虐殺事件の発端は、苛酷、不条理な殖民地支配への台湾人の不満だが、その不満の根底に、前近代的な政治思想を持つ国民党によって、台湾人の近代的思想が「日本の奴隷化教育が齎した毒」と批判され、蔑まれ、差別されるとの状況があったのは確かである。

    しかしこのアナウンスをよく聞けば、「日本軍が台湾人を戦争に駆り出したため、同じ漢民族であるはずの国民党に理解されず、そのため衝突が起こり、処刑された」との日本批判に思えないか。

    もしそうだとすれば、国民党の中国人たちの反日歴史観に、番組は限りなく近づくことになる。

    ■恨みは台湾人を「みなしご」にした戦後日本

    このようなアナウンスがなされた後、再び元軍人が日本への恨みを語りだす。しかしそれは果たして台湾統治を行った日本人に対するものだろうか。

    ———(台湾人は)みなしごになって捨てられた見たいだ。人をバカにしているんだ、日本は。(周りの人々を見ながら)間違っているか?本当のことだろう?(周りは台湾語で「そうだ」と頷く)

    ———(あなたたちが日本へ)帰ったら、若い連中にはわからないことだが、八十歳以上の人に宣伝してください。台湾の当時の若い青年がいかに日本の民と協力して尽くしたかを。

    これらは「日本統治」にと言うより、明らかに戦後の日本に向けた言葉である。台湾人を勝手に国民党に渡した戦後日本人に対してか、戦後補償もろくにしないで来た戦後日本人に対してか・・・。いずれにせよ、日本国民として戦った自分たちを他所に放り投げて「みなしご」にし、その存在に見向きもしないで来た戦後日本への恨みである。


    4、親中・反日—NHKは台湾人の思いに興味はない

    ■NHKは台湾に対して何をしてきた

    NHKもまた、その悪しき戦後日本人の最たるものではないのか。これまで台湾に脅威を与える中国の軍事政策に一度でも反対する番組を、国民に対して放映したことがあるだろうか。

    数年前、NHKのニュース番組は、台湾をも含む中国地図を画面に映し出した。在日台湾人が抗議しても聞き入れられず、そのため台湾の最大手紙である自由時報はテレビ番組欄にあるNHKアジア向け放送の部分を長期間にわたって空欄にし、抗議の意を示したが、台湾には傲慢なNHKには、痛くも痒くもなかったことだろう。

    あの元軍人は何を日本に訴えようとしたのか。

    ———心を察してもらいたい。そうでしょう?命をかけて国に尽くしたんだよ。それなのに・・・

    何かを言おうとしたようにも見えたが、残念ながら「それなのに」で話は切られてしまった。

    ■NHKにとって重要なのは反日宣伝のみ

    番組は、もっとこの元軍人に日本への積年の思いを話させ、それを正確に伝えるべきだったが、台湾人の思いなどより、重要なのは反日宣伝なのだろう。

    NHKは「過去と向き合う中から見えて来る未来」と強調する以上、まずは自身が「台湾に目を向け、なぜ台湾の人々は日本をこう見るのかを理解」しなければならない。

    台湾人が日本国民にさせられた歴史を批判するだけでなく、日本国民にさせられた人々にしっかりと目を向け、その人々とその子孫の国である台湾の行く末を、我がことのように憂い、さらにはその人々への恩返しとして、中国の脅威に晒されるその国の存立を応援するのが「今後アジアの中で生きて行く日本」の使命であると国民に訴えなければならないはずだが、NHKは明らかに、その中国の日本弱体化を目的とした反日歴史宣伝と歩調を合わせ、それとの「歴史共有の道を探し当てよう」としているのである。

    シリーズが進むごとに明らかになるであろうNHKの中国優先の姿勢。これが夢見る「今後のアジア」には、もしや「漢民族」同士の「中国統一」も含まれているだろうか。今回の番組が、中国が恐れるところの日台の良好な関係を支える台湾の親日感情、親日イメージを否定して見せたことも気に掛かる。


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html
    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga228@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: