台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年3月13日金曜日

    「台湾の声」【レポート】台湾正名街頭署名活動(愛知/千葉)

    台湾正名街頭署名活動レポート(愛知/千葉)

    台湾のために立ち上がってくれる日本人の感動的な活動記録です。
    台湾人の友人にもぜひ転送してください。−−−台湾の声編集部

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    【愛知】第4回外登証正名街頭署名 平成21年3月7日、金山総合駅南口

    日本李登輝友の会愛知県支部HPより HPでは関連写真あり  
    http://www.ritouki-aichi.com/katsudo_090307seimeisyomei.html

    愛知李登輝第4回目となる「外登証」正名街頭署名が、3月7日に行なわれました。 

    前回が2月1日でしたので、少し間が空いた感もありますが、その間は、個別で署名集めをするなど、活動は継続的に行なわれました。 3回まで名古屋市の繁華街・栄にて、行なってきましたが必ずしも人の流れが多い方が良い、というわけでないことが分ってきたことから、今回は、場所を変えJR・名鉄・地下鉄線が集中する名古屋の副都心、金山総合駅南口を選びました。 

    地形的には、歩道のような線状ではなく広場のような面状で、ノボリを立てられる場所が少なかったものの、簡易テーブルの周辺は、人が立ち止まりやすく、横断幕も目立ったことから、署名をしていただける確立は、栄三越前より、高かった印象を受けました。 

    ちなみにこの日は、お隣の岐阜支部も岐阜市内で街頭署名が行なわれました。 

    人の流れは、副都心といえども、金山の方が多いものの、やはり、署名確立は、岐阜の方が、かなり高いという印象でした。 この日、いつもの街宣メンバーが別件で参加できなかった分、若い人が頑張ってマイクを持ち、街宣デビューを果たし、ノボリを見て「中国?台湾?何のことだろう?」と近付いてくる人、「えー、台湾になっていないんですか?」と驚く人等、このことが如何に知られていないかを改めて認識しました。 南米外国人の方も興味を示したのが印象的でした。 

    この日は、9名の参加。 2時間で頂いた署名は、160筆。風の強い中、足を止めて署名を頂いた方々には、心より感謝を申し上げます。

    さて、ここで個別署名の時に感じたことに触れてみたいと思います。 

    街頭署名と違い、対話が多くなる個別署名は、相手の認識がよく分かります。 

    勿論、私の関係するところでお願いするわけですから、比較的、理解される方が多いのですが、さらに範囲を広げていきますと、この問題が日本の問題であることを説明することに苦労する場面が多くなりました。 

    また、台湾が中国の一部であると思っている日本人が多くいることも、改めて認識せざるを得なかったことも事実です。 近年、麻生総理が、「日中国交正常化の際、中国が台湾を領有することは認めていない」という発言がありましたが、このことを知る日本人が意外に少なく、日頃の報道が中国寄りであることから正名運動にあるように「中国の宣伝」に乗せられている現実を目の当りにした気分になりました。 

    しかし、半面、話す事で勘違いを確実に正せたことも確かです。 

    都心での街頭署名は、世に訴える効果がありますが、個別署名もまた、分らない人に分かっていただく地道ながらも大切な活動です。次回は、3月28日。 締切日が3月31日ですので、これが最終の街頭署名になります。 

    東京には及びませんが、愛知として5回目となる次回は、台湾研究フォーラム会長でブログ「台湾は日本の生命線!」でお馴染みの永山英樹氏をお招きして、フィナーレを飾りたいと思っていますので奮ってご参加ください。                                                        報告者 渡辺裕一

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    【千葉】3・8柏駅「外国人登録・台湾正名・街頭署名」活動報告

    ブログ「千葉発日台共栄」より ブログでは関連写真あり
    http://blogs.yahoo.co.jp/chibanittai/MYBLOG/yblog.html

    昨日3/8には日本李登輝友の会千葉県支部主催で3・8柏駅東口−外国人登録・台湾正名・街頭署名活動を行い、わずか2時間の街頭署名だけで100人の署名を集めて大成功に終わりました。

    これにスタッフが各々で集めた署名は少なく見積もっても30以上にはなりそうで、130-140台ぐらいの署名を集める事が出来たと見ている。

    在日台湾人の運転免許証や外国人登録証は「中国様」に気兼ねする日本政府の馬鹿な気配りのせいで国籍が「中国」となっている。

    とにかくこれはデタラメでインチキな嘘っぱちであり、その嘘っぱちを行っているのが法務省であるので官製捏造に対して正名の声を上げた。

    日本李登輝友の会千葉県支部では署名活動は支部員各自の都合が合わずにこれまで一度も行わなかった。本部は「決して署名活動をやった回数などで支部に対して踏み絵にしたり支部の評価をする訳ではない」との事だったが、同時に「千葉県支部は日台共栄の活動が精力的でありモチベーションが高い。千葉県支部が動いたとなると台湾に対してのアピールが更に強くなる」と言う事もあり、私もかなり迷ったが、2/14に事務局会議を招集して3/8に柏駅前で実行する事と決定した。

    当ブログでも発表しました
    ↓↓↓↓
    http://blogs.yahoo.co.jp/chibanittai/50560072.html

    日本李登輝友の会千葉県支部は会員数80人弱で、一般組織で役員となる「幹事」は13人+本部所属の支部担当一人の14人です。

    今回は病欠者3名と出張者1名を除いた10人に「教育を正す東葛市民の会」から2人、そして台湾研究フォーラムの永山会長、そして千葉建国塾から2人が参加して総勢15人で署名活動を行った。違う団体の方のご協力と言うのはかなり大きく心から感謝したい。

    昨日は千葉県地方は雨の予想が出ており、千葉市や船橋市は雨が昼前から降って来た中でどういう訳か柏市だけが底冷えはするものの雨は全く降らなかった。

    「よしっ、天も千葉県支部に味方したぞ」と言う事で支部員の士気も上がった。最も雨が降っても「雨なんぞに負けないぞ」となったのであろうが。

    チラシ配布班は、警察白書による中国人犯罪の多さやアメリカやイギリスなどの先進国の外国人登録証の台湾人表記が台湾になっている事を取り上げ、「日本だけが外れた事をしていて恥ずかしいと思いませんか」とビジュアルで訴えた。とは言え、最初はナカナカチラシを受け取る人も少なく、「中国シンパ」というよりも「関心すらない」という態度の人が多くて苦戦していた。

    一方演説班は筋論と叙情面で日本の法務省の不当ぶりを訴えた。

    特に永山氏の演説はかなり説得力があり多くの人が足を止めてパンフを取っていた。

    「台湾人の国籍は中国となっています。台湾人の身になって考えてください」
    「法務省の国籍表記は間違っています。正すには皆様、日本人のご理解とご協力が必要です」
    「台湾は台湾であり、中華人民共和国の領土になった事もなく、中国ではありません」
    「台湾を中国にしているのは世界中で日本だけ。ウソを書くのは恥ずかしい事です」

    そんな中、若い女性グループが「ええっ、台湾人と中国人が一緒ってひどいじゃん、あたし我慢できない」といい、署名用紙を何枚か持って帰ったケースもあった。
    また、やや年配の方も「日本はこんな事をやっているのですか、おかしいですよね」と聞いて驚き署名してくれたケースもあった。

    台湾人の留学生カップルは「日本人が台湾の為にこういう事を行ってくれるとは感激します」と言いながら署名してくれた。

    更にはサッカー少年も「僕も台湾は中国ではないという事はしっています」と言って署名してくれた。

    やがてチラシ配りで巻き込むと「台湾は中国ではない」と言うパネルを貼った署名ボードがすぐに近寄るという連携プレーの巧さも発揮できるようになった。

    14:00から16:00の間2時間で、途中、パントマイムの大道芸公演の誤算がありながら掛け値なしの街頭署名だけで100人の署名を集めた。私も署名をして頂く際には帽子を取って頭を下げ、署名が終わったらティッシュを渡して再度頭を下げた。

    人通りの割には打率が悪いのに忸怩たる思いを感じつつも若い人たちが意外に感心をもってくれたことには驚くと共に嬉しく思った。

    私は他支部との署名数の競争自体が全く興味がないので実態はわかりませんが、本部の方によれば100名と言うのは実働2時間で県庁所在地ではない場所(柏市は人口は39万人)での署名活動とすれば記録的と言ってもいいぐらい優秀との事でした。そのためか16:00になり、私が集計報告で「本日はスタッフ2名を含めて102人(実質100人)の署名が集まりました」と宣言すると一同から大きな拍手が起こりお互いをねぎらいあいました。

    私は今回の件は事務局会議を招集したぐらいで余り何もやっていませんが、千葉県支部員のフットワークのよさ、細かい事は別として仕事の時の連携のよさを改めて感じた。
    集合時間も13:30としたが、その時間にはほぼ全員が集合していた。そして臨機応変に横断幕の場所を変えたり署名活動で巻き込みをしたりとフットワークのよさを発揮していた。

    また、諸外国の台湾人の表記から来日外国人の犯罪発生資料の配布にはパンチ力もあった。これは千葉県支部が初めての試みです。(上記URLブログ記事参照)

    今回の署名はあくまでも「台湾人の外国人登録証の国籍欄正名」だけに狙いを絞り、筋道論から行けば左翼や共産党支持者からの署名も期待していた(結果は不明ですが)
    そこでチベット問題や核疑惑問題については勿論、支那脅威論や尖閣問題から国民党批判についても一切話を出させないようにした。

    その上、おなじみの「馬頭人」や「モンゴル衣装」だけでなく、「ヘルメット」「サングラス」「鉢巻」なども禁じた。

    「制限が厳しすぎる」と言う意見もあっただろうが、千葉県支部はあくまでも「普通の市民」が「普通に訴える」事に徹すると決めたのを貫き通した。
    勿論、これも本部の理解や支部長や支部員の後押しがあっての事だと思っています。

    署名活動を本当に2時間で終えて意気軒昂に懇親会を柏市内の台湾料理屋で開いた。
    支部長からのねぎらいの発言もあり、私も一役終えてホッとした。

    日本李登輝友の会の事務局スタッフをやってい私はつくづくメンバーに恵まれたと思うことが多々あります。昨年は講演会一回と研修旅行一回を実施しましたが概して成功裏に終わっています。

    多くの方に助けて頂きながらイベントを実行できた事は本当に感謝と言う言葉以外では表せません。

    懇親会では、李登輝友の会千葉県支部設立委員の一人で昨年南京に転勤した方の現況報告を聞く機会を設けるという意味もあった。千葉県支部は転勤者が時々戻ってきて顔を出した時はこうして温かく迎える体制もあるのですね。

    支那はかなり日本人から見ても特殊で理解をしがたい場所であるが、それで思考停止をするのではなく、「支那のしたたかさを逆に身につけて対処すべき」と言う事で敢え南京の実情の話を聞く事にした。

    また、台湾との関係についても「南京は台湾人(本省系)在住者も多く、彼らは基本的には中共支配を忌み嫌っているものの、アンチ支那だけで貫き通せない現実的、妥協的な部分もある」という報告も受けた。そういう事から「決して教条的に台湾正名運動をやってはいけない」と言う結論となり有意義な懇親会となった。

    日本は世界一親日国家である台湾を尊重し、台湾との国交樹立を目標とし、日台共栄を親密強固なものにする・・・そういう理念の下で日本李登輝友の会千葉県支部(千葉李登輝友の会)は今年も頑張ります。

    次なるイベントも既に私の頭の中には構想としてあります。

    皆様のご支援ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。


    --------------------------------------------------------------------------------

    媚中・売台の法務省は日本の恥!
    外国人登録における台湾人の国籍を「中国」から「台湾」へ改めろ!
    台湾正名署名にご協力を!
    ■署名用紙のダウンロード http://www.ritouki.jp/pdf/2008syomei.pdf
    ■オンライン署名もあり http://www.shomei.tv/project-670.html
    [署名取りまとめ] 日本李登輝友の会・台湾正名推進本部 

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga228@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: