台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年3月30日月曜日

    「台湾の声」【新年度】台湾語・客家語教室へのお誘い

    【新年度】台湾語・客家語教室へのお誘い

    台湾語教室・客家語教室案内

            (台湾資料中心2008年8月作成 多田恵改訂)

    東京地区

    ● 林道先生の台湾語教室 
    講師:林道玉栄先生
    場所:池袋台湾教会内
    東京都豊島区池袋3−62−9 (池袋駅西口 東武百貨店側から徒歩約10分)
    時間:毎週土曜 入門・初級クラス午後3時から5時 中級クラス午後5時から7時 
    http://www.geocities.jp/tai_oan_oe/spring.html

    ● 目白大学エクステンションセンター (新宿区。最寄は中井駅)
    講師:多田恵
    台湾語会話入門 月曜日 (19:00-20:30)13回(4/13-)
    http://www.mejiro.ac.jp/ext/l/914_a.html
    台湾語会話中級 水曜日 (19:00-20:30)15回 (4/8-)
    http://www.mejiro.ac.jp/ext/l/914_b.html

    ●東京台湾教会(東京都杉並区) 台語白話字教室
    講師:蘇[くさかんむりに恵]卿先生ほか
    時間:日曜日午後二時半から。台湾人向け。
    http://www.tokyotaiwanchurch.org/new_page_100.htm

    ● 陳先生の台湾語教室 
    講師:陳麗恵先生(台湾出身・語学教師)
    場所:台湾資料センター3F(東京都港区三田5−18−12)
    時間:毎月第2・第4水曜 午後7時−8時30分 無料
    参加条件:北京語の基本学習経験の多少ある方
    月2回行われる授業にすべて参加できる人
    連絡先:03−3444−8724

    ● 客家語教室  (ハッカ語教室)
    講師:梁薀[女閑]先生
    場所:東京都目黒区駒場
    時間:毎週土曜10時から12時 詳細については下記までお問合せください。 
    電話:080−5489−9828 secretary_hakfa@yahoogroups.jp 多田
    http://isweb20.infoseek.co.jp/area/taigu/hakfa
    (更新は遅れていますが、概要が分かります)


    関西地区

    ● アジア図書館 語学教室 台湾語

    講師:李玉華 先生
    入門・・・ 北京語の基本学習経験の多少ある方。
      発音と基礎会話を学びます。調整可(お問い合せ下さい)  
    中級・・・ 学習歴2年以上。会話重視。
      小学校のテキスト他使用。
    土曜 11:00〜12:30 開講中(編入可)
    http://www.asian-library-osaka.org/sub1.html

    大阪市東淀川区東中島5−18−20  
    電話:06−6321−1839 FAX:06−6323−1126
    http://www.asian-library-osaka.org/

    ● 京都台湾語学習会  
    場所:京都市内伏見稲荷 コトーハイツ [A棟 1階集会室]
    毎月第2・第4土曜 午後2時−4時
    教材:すぐ使える!トラベル台湾語超入門!  (近藤綾/温浩邦 日中出版)
    講師:在日台湾人
    [ ※参加希望の方は、あらかじめ「バナナ@父さん」あてに、mixiメールを送っ
    てください。折り返し、必要な情報をお送りします。]


    九州地区

    ● 留学生から学ぶ外国語教室 − アジア太平洋こども会議・イン福岡
    びん南語(台湾語)教室 講師 / カク イリン先生 〔男〕
    http://www.asia-kotoba.net/class.html


    ーーーご参考ーーー2008年秋掲載記事よりーー

    留学生外国語教室実行委員会 御中

    台湾語教室を「びん南語」教室として表示していることに疑問を持って
    います。

    私の台湾に関する経験から、台湾人自身が自分たちの言葉を「びん南語」
    と言う事はありません。

    確かに、びん南語と台湾語は通じますが、アクセントや慣用表現を含め
    た語句に大きな違いが見られます。

    また台湾にはびん南人が存在しますが、彼らは自ら同郷会を作り、自ら
    を台湾人と区別しています。

    これらの事から、台湾語とびん南語を区別すべきと考えます。

    前述の台湾語教室は「台湾語」か「びん南語」、どちらを教えているの
    でしょうか?

                青森県  M.H

    註:アジア太平洋こども会議・イン福岡の外国語教室では、

    広東語や中国語については一般的な名称が用いられているにもかかわらず、

    台湾語については「びん南語」という、中国の意向に沿った、分かりにく

    い名称を用いている。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    空白の記事が配信されるという異常が多発しています。
    その場合、お手数ですがこちらをご覧いただけると幸いです:
    http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407

     


    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga228@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: