台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年3月27日金曜日

    「台湾の声」【座席数拡大】29日の台湾映画「海角七号」試写会にご参加ください

    【座席数拡大】29日の台湾映画「海角七号」試写会にご参加ください。

    29日の台湾映画「海角七号」試写会+懇親会は申し込み数が多く、急遽座席数
    を拡大することとなりましたので、ご案内します。ふるってご参加ください。

    ●試写会は申し込み不用となりました(ただし座席は後方になる)。
    ●懇親会への出席はできるだけ事前申し込みをお願いします。
    ●映画の「あらすじ」や予告編動画は下の方をご覧ください。

    ————————————————————————————————————
    ———

    来る3月29日、昨年、台湾で記録的な大ヒットとなった映画「海角七号」(魏徳聖
    監督)の試写会を下記のような要綱で開催いたします。
    この映画は60数年前の日本人引き揚げという史実を踏まえ、日台をまたぐ新旧ふ
    たつのラブストーリーを核とする映画で、「何回観た?」というのが挨拶になる
    ほどの現象を台湾で引き起こしました。「悲情城市」などでおなじみの侯孝賢監
    督に「僕にとって10数年来で最高の台湾映画。見に行かなければ、絶対後悔しま
    す」と言わしめたほどの魅力的な作品です。
    そこで、李登輝元総統も推薦するこの映画の日本語字幕の翻訳などを本会がお手
    伝いした関係もあり、試写会を催すこととなった次第です。
    つきましては、日本語字幕版としては日本で初上映となりますので、皆様方には
    ご多忙のことと存じますが、ご出席賜りますよう謹んでご案内申し上げます。
    なお、参加者にはこの映画のPR版DVDをもれなくプレゼントし、また、懇親
    会参加者には、映画「海角七号」関連の素敵なグッズをプレゼントの予定です。

    ■日 時 平成21年3月29日(日) 受付開始:午後4時

    映画「海角七号」試写会 午後4時20分〜6時40分

    懇親会 午後7時〜8時30分

    ■会 場 アルカディア市ヶ谷 3階 富士の間
    東京都千代田区九段北4-2-25 電話:03−3261−9921 JR・地下鉄「市ヶ谷」駅 3

    ■参加費 試写会:1,000円 懇親会:10,000円

    ■主催・問い合せ 日本李登輝友の会 TEL:03-5211-8838 FAX:03-5211-8810
    --------------------------------------------------------------------------------
    あらすじー鮮やかな南国風景に彩られる二つの恋

    日本統治下にあった1940年代の台湾。一人の日本人教師が台湾の少女と恋に
    陥る。少女の日本名は小島友子。しかし第二次大戦での敗戦で帰国を余儀なくさ
    れた教師は、台湾を離れる船の上で、駆け落ちの約束もしながら置き去りにした
    友子に、惜別、後悔の思いを七通の手紙に書き綴った。
    それから60年後の現代、台湾最南端の田舎町、恒春では、ミュージシャンの夢
    に破れて台北から戻った青年アガが、嫌々郵便配達をしている。
    そこへ海辺のホテルで日本の人気歌手、中孝介のビーチコンサートが開かれるこ
    とに。前座バンドとして寄せ集められたアガら住民たち。しかしメンバーは年齢
    も実力もバラバラだ。そして監督役は日本人の友子。こちらもモデルの夢がかな
    わず苛立ちの日々。やる気のないアガと衝突を繰り返す。
    そうしたところにアガと友子は、日本からの郵便の中に小包を見つけた。宛名は
    日本時代の住所「海角七号」。中には一枚の少女の写真と七通の手紙が入ってい
    て・・・。

    劇場用予告編(台湾版だが一部日本語)
    http://www.youtube.com/watch?v=XGrzY_AVfpo

    ・・・・・・・・・・・・・

    技巧に頼らない細かな感情描写が感動を与える。魏徳聖監督は詩人のように、台
    湾の美しさを全世界に伝えたーーージョン・ウー(「レッドクリフ」監督)

    私がこの十数年間で見た中で最高の台湾映画だ。このような作品を待っていたー
    ーー侯 孝賢(「悲情城市」「珈琲時光」監督)


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html


    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com


    空白の記事が配信されるという異常が多発しています。その場合、お手数ですがこちらをご覧いただけると幸いです:

    http://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga228@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: