台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年3月19日木曜日

    「台湾の声」【21日街頭署名】戦いはこれから!中国の反発許すな

    中国の反発で後退するな!
    在日台湾人の国籍は断固「台湾」に!
    21日の新宿での署名活動に協力を!

    本19日の産経新聞によると外国人登録を廃止し在留カードへの移行を定める出入国管理法改正案が今国会で提出されているが、これによって在日台湾人の国籍が従来の「中国」から「台湾」に改められる見通しになっているが、その一方で中国政府の反発が予想され、「与野党の対応」が問われそうだという。また「台湾」との記載は出入国管理法によって定められるのか、法務省令、総務省令によって定められるのかは決まっておらず、中国の干渉も考えられる。

    戦いはこれからだ! これまでの努力を水泡に帰させてはならない!
    私たちはこれからも「台湾」に改めることを求める署名活動を引き続き展開し、「中国の反発で後退するな!国民の声を届けよう」と訴える。

    台湾の声編集部

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    21日、台湾正名街頭署名活動 (参加者を募っています!) 

    日時 3月21日(土)午後1時半〜3時半 
    場所 JR新宿駅西口
    主催 台湾の声編集部、日本李登輝友の会、台湾研究フォーラム
    問い合わせ 090−4138−6397永山

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    以下は産経新聞(2009.3.19 01:25)より転載。

    在留カード「台湾」表記 入管法改正案 中国政府の反発予想

    政府が今国会に提出した在留外国人行政を一元化する出入国管理法改正案が、在留台湾人から熱い視線をあびている。台湾人に国籍欄に「中国」との表記を強いてきた現行の外国人登録証に代わり、平成24年に導入される「在留カード」では「台湾」表記が認められるためだ。ただ、中国政府の反発も予想され、与野党の対応が問われそうだ。
     現行入管法は、外国人登録を市町村に委託してきたが、改正案では法務省入国管理局に一元化する。外国人登録証は廃止され、代わりに入国管理局が在留3カ月を超える外国人に対し、氏名、生年月日、性別、国籍、住所、在留資格、在留期限を記載した「在留カード」を発行する。
     政府は住民基本台帳法改正案も国会に提出しており、在留外国人が市町村で住民登録ができ、在留カードと連携させることで、外国人の子弟の就学や健康保険加入など行政サービスの充実につなげたい考えだ。
     在留カードは国籍欄を改め、「国籍または日本政府が認める旅券を発行している地域」を記載する欄に変え、台湾人は「台湾」と表記できるようになる。
     日本政府は昭和47年の日中国交正常化以後、台湾を国として承認せず、「政令で定める地域の権限のある機関の発行した文書」として、台湾政府とパレスチナ自治区発行の旅券を認めてきた。パレスチナは平成19年に外国人登録証の「パレスチナ」表記を認めたが、台湾だけは「中国」表記のままだった。
     法務省や台北駐日経済文化代表処などによると、「中国」籍で外国人登録をしている人は19年末で約60万人だが、うち約4万2000人は台湾人だといわれる。在留台湾人の団体はかねて「台湾」籍表記を要望。台湾政府も陳水扁政権下の13年7月、日本側に改善を要望したとされる。李登輝元総統も15年の訪日時に、改正を求めるコメントを発表している。

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga228@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: