台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月16日金曜日

    「台湾の声」【台湾有情】日本語世代の憂い

    【台湾有情】日本語世代の憂い

    [産経新聞台北支局長 長谷川 周人]
    1月12日 産経新聞・外信コラム

     台湾には日本の短歌や川柳に思いを託す、いわゆる日本語世代の人々がいる。
    日本統治時代に日本教育を受け、敗戦から半世紀あまりを経た今もなお、日本との結びつ
    きを大切に暖め、自らを「元日本人」と呼ぶ人たちだ。

     「若い日本人が尋ねてくると、私は決まってこう話す。あなたたちは『日本精
    神』をもっていない日本人。私は『日本精神』をもっている台湾人だ、と」。

     昨年12月、短歌を愛する日本語世代が集う「台湾歌壇」の創立40周年を祝う
    式典でこう話し、拍手喝采(かっさい)を浴びたのは、台湾紙・自由時報の呉阿明董事長
    。奇美電子創設者の許文龍氏も「日本文化が台湾に根付いていることを若い世代に知って
    ほしい」とやった。

     許氏は名器のコレクションで知られるが、ストラディバリウスで「赤とんぼ」
    や「ふるさと」を弾く実業家は他に類を見ないだろう。この日は日本人がつくったビオラ
    を持ち出し、「浜辺の歌」から「蛍の光」まで懐かしの童謡など約20曲を披露。100人近い出席者の大合唱とともに、心にしみいるハーモニーを奏でた。

     会の代表で「老台北」として知られる蔡焜燦氏は「これが台湾なんだよ」。

     「しみじみと今でも浮かぶ終戦日」
     「独立をしたい台湾白昼夢」

     年明けの「台湾川柳会」で詠まれたこの句にも、日本語世代が抱く憂いがにじ
    む。

                               (長谷川周人)


    『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

    『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe (Big5漢文)

    <投稿はこちら> taiwannokoe@googlegroups.com

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: