台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月11日日曜日

    「台湾の声」【恥知らず】米国人の李慶安が立法委員を辞職

    【恥知らず】米国人の李慶安が立法委員を辞職
    2009.01.11

          台湾の声

     台湾の立法委員(国会議員)の二重国籍調査で、米国国務省から李慶安(ダイ
    アン・リー)・立法委員が米国籍を持っていると確認され、野党から李慶安の議
    員解職を求める声が高まり、李慶安氏は法律に違反して米国籍を隠したまま台湾
    の市議会議員、国会議員を務めいたとして1月5日に台北地検から出国禁止処分
    が下され、1月8日、李慶安被告は立法委員の議員辞職を表明した。

     中央選挙委員会は、李慶安氏を選出した選挙区(台北市大安区)で3月28日に
    補欠選挙を行うとしている。

     李慶安氏は李煥・元行政院長の娘で、1980年代の米国グリーンカード(永住権
    )を取得、その後1991年頃に米国国籍を取得していた。李氏は1994年〜98年に台
    北市議を務め、1999年から立法委員を続けていた。中国国民党籍だったが、2000
    年〜06年は親民党に在籍していた。二重国籍が発覚して以降、昨年12月30日に国
    民党を離党し、無所属となっていた。李氏は台北市議当選以降、14年間にわたっ
    てずっと国籍法に違反して外国籍を持ちながら台湾の地方議員、国会議員を務め
    ていた。

     野党の民主進歩党(民進党)は、李氏の議員辞職後も「辞職と解職は違う」と
    してあくまで立法院(国会)に対して法律に基づいた李慶安氏の議員解職と、李
    氏がこれまで不当に取得した議員報酬の返還を求め、1月9日には李氏の議員解
    職を求める民衆が立法院を囲んだが、立法院では与党国民党の反対で否決された

     また、民進党の立法委員は、台湾外交部が米国国務省からの国籍調査結果を隠
    蔽してわざと公表を渋ったとして、欧鴻錬・外交部長(外相)を告発した。


    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: