台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月23日金曜日

    「台湾の声」【新刊紹介】内海彰『台北美味しい物語』—小さな食堂で食べる気取らない品々

    【新刊紹介】内海彰『台北美味しい物語』—小さな食堂で食べる気取らない品々

    (駐日経済文化交流処ウェブサイトより)


    新刊紹介:『台北美味しい物語』

    『台北美味しい物語』—小さな食堂で食べる気取らない品々
    著者:内海 彰
    出版社:まどか出版 
    定価:1,500円+税
    2009年1月30日 初版発行
    http://www.madokabooks.com

     台湾はグルメ天国と言われるが、それは高級レストランだけに限
    らず、台湾の人々の生活に根ざした街角の食堂や屋台料理も台湾を
    代表するグルメと言える。

     同書は台湾在住10年以上になる著者が、自らの足で食べ歩き、
    台湾生活のなかで経験した台湾の食について、幅広く紹介している。
    その内容は従来の観光ガイドブックではなかなか紹介されることが
    なかった街角で見かける食堂の料理を中心に、台湾人が日常生活の
    なかで食べているもので特に台湾独特の食文化が感じられる料理を
    取り上げている。

     麺、スープ、餃子、饅頭、自助餐(セルフサービス食堂)、内臓
    などの食堂・屋台グルメの定番料理に加え、夜市(ナイトマーケッ
    ト)の名物屋台料理、香港式喫茶レストランの茶餐庁、タイ・ミャ
    ンマー・ベトナム・インドネシアから伝わった東南アジア料理、台
    湾の朝ごはんの定番である台湾風サンドイッチ、豆乳屋台、台湾人
    の家庭料理など、台湾のバラエティー豊かな食生活がこの一冊に凝
    縮されている。ただ単に味の説明だけでなく、その料理が持つ歴史
    的・文化的背景も丁寧に解説されている。

     また、料理名については、台湾の多言語事情を反映して、公用語
    の華語(中国語)だけでなく、台湾の伝統的料理については台湾語
    の呼び名が記されている。巻末には台北市の地図や、料理名の索引
    があり、食べ歩きに便利な本となっている。


    《2009年1月15日》


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: