台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2009年1月25日日曜日

    「台湾の声」【台湾正名】1・18集会の決議文

    以下は1月18日に靖国会館で開催した「台湾人の外登証国籍を「台湾」に!台湾正名決起集会」で採択した決議文である。これを後日法務大臣に届ける予定である。引き続き運動へのご協力を。
    ———————————————————————————————————

    決 議 文

    法務省入国管理局は外国人登録において、在日台湾人の国籍を在日中国人と同様、「中国」としている。そしてそのため、在日台湾人は外国人登録証、運転免許証などにおいても「中国」との国籍と記載されるなど、法的に中華人民共和国国民として扱われ、祖国を否定され、尊厳を傷つけられる屈辱を味わい、あるいはさまざまな誤解を受けて日常生活に支障を来たしている。

    だが言うまでもなく、台湾はあくまでも台湾なのであって、断じて中国の領土などではない。よってこれは明らかに、外国人登録法が定める「外国人の身分関係を明確ならしめ、もって在留外国人の公正な管理に資する」との外国人登録の趣旨に反する措置と言わざるを得ない。

    「台湾は中国の一部」とするのは、台湾併呑の野心を抱く中国の政治宣伝に過ぎず、日本政府もそのようなものは認めていない。従って入国管理局は日本政府の見解ではなく、中国政府の宣伝に従っていると断じる他にない。同局には日本国の行政機関であるとの自覚はないのか。日本人としての良識、勇気は持ち合わせないのか。

    本日、ここに参集する日本人ならびに在日台湾人は、長年にわたる入国管理局の不条理な措置を強く非難するとともに、外国人登録における在日台湾人の国籍を「中国」から「台湾」へと一刻も早く改めるよう、法務大臣に対して要求する。

    以上、決議する。

    平成二十一年一月十八日

    台湾人の外登証国籍を「台湾」に! 「台湾正名」決起集会 参加者一同

    --------------------------------------------------------------------------------

    ■署名用紙のダウンロード
    http://www.ritouki.jp/pdf/2008syomei.pdf

    解除するには下記URLにアクセスして下さい。
    http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=koe3407.emaga@blogger.com&e=1

    0 件のコメント: